【浅草寺の周辺・付近の観光スポット】浅草文化観光センター「見所(見どころ)・楽しみ方・アクセス(行き方)」

スポンサードリンク

【浅草寺の周辺・付近の観光スポット】浅草文化観光センター「見所(見どころ)・楽しみ方・アクセス(行き方)」

竣工年

  • 2011年
開業年

  • 2012年(リニューアルオープン)
コンセプト

  • 探せる・見せる・支える
建築様式(造り)

  • 切妻造(1F.3F.4F)
  • 平屋建(2F.5F.6F.7F)
階層

  • 地下1階・地上8階
設計者

  • 隈研吾(デザイン)
  • 隈研吾建築都市設計事務所
施工者

  • フジタ・大雄特定建設工事共同企業体

浅草文化観光センター とは?

雷門前に建つ個性的な外観の「浅草文化観光センター」は、旅行客向けの観光案内や情報提供を行う施設です。

更に、カフェや展望スペース、無線LAN、多機能トイレ、授乳室もあるので、休憩に立ち寄るのにもおすすめのスポットです。

平成21年の7月までは約20年間は、出入り口の上にあるカラクリ時計が特徴的なシンボルとして、通行人の注目を集めていました。

しかし残念ながらリニューアルオープンに基づき、カラクリ時計は撤去されています。

浅草文化観光センターの特徴

以前の白色の建物と入口のカラクリ時計をイメージされている方なら、新しくなった浅草文化観光センターを見て言葉がでないほど驚かれた方も多いと思います。

現在の浅草文化観光センターのデザインは「和」の建築家と呼ばれる「隈研吾(くま けんご)」によるデザインです。

よって、姿形が「和」のテイストが入り混じった造りの建物に仕上がっています。

最大の特徴は切妻造の平屋が重層になっているところです。

はじめてこの建物を見た方なら、まず目が止まるハズです。

浅草文化観光センターのフロアガイド

浅草文化観光センター・受付

地下1階:化粧室

1階: 案内カウンター

浅草文化観光センター1階のメインカウンターは、日本語・英語・韓国語・中国語に対応している係員が常駐していますので、海外から浅草へお越しの方も安心できます。

・トラベレックス浅草店(外貨両替所)
・チケットぴあ浅草文化観光センター

2階:観光情報コーナー

・観光情報雑誌、検索用パソコン、公衆無線LAN、AC電源あり

3階:旅行団体支援スペース

・この階を利用するには申し込みが必要になります。

6階:多目的スペース

・お弁当などの飲食ができ、休憩所として利用可能。台東区PR映像あり。
・イベントを開催していて利用できないこともあります。

7階:台東区観光情報展示フロア

8階:展望テラス、ミハラシカフェ

・展望テラスは無料です。

観光情報コーナーのオススメ活用方法!


スポンサードリンク -Sponsored Link-






2階の観光情報コーナーで利用できるものをご紹介します。

観光情報雑誌

浅草文化観光センター無料で閲覧できる雑誌やチラシが置いてあります。

インターネットもいいですが、やはり紙の媒体が好きという方も多いのではないでしょうか。

「ガイドブックは重いから家に置いてきてしまった」という時にも役立ちます!

検索用パソコン 4台

浅草文化観光センター2階無料で利用できます。
1台はSkypeに対応しています。

課金式写真印刷機

スマホやデジカメに保存した写真(画像)をプリントアウトできます。

公衆無線LAN

Wi-Fi Nexを利用できます。
特に海外から観光に来た方にとっては重宝します。

AC電源 12口

携帯電話やデジタルカメラの充電が切れてしまっても大丈夫!

充電をしながら、休憩もしつつ、今後の観光の計画を立てられます。

コミュニケーションボード

以前に浅草文化観光センターを訪れた観光客が、おすすめの観光情報をカードに書き、ボードに貼ったものが見られます。

最近浅草を訪れた人の生の声なので、参考になる情報があるかもしれません。

浅草文化観光センターで「無料観光ガイドツアー」がお願いできる?

実は、浅草文化観光センター3階には、台東区ボランティアガイド事務局という場所があります。

このボランティア事務局ではガイドツアーを申し込むことができます。

ボランティア事務局のガイドツアーは、通常、10日前までの事前申し込み制ですが、土曜日と日曜日には、なんと!完全無料・予約不要の「浅草フリーガイド」を開催しています。

浅草フリーガイドの「お問い合わせ先(日程・コース・住所・電話番号)」

・日程:土曜日・日曜日の11時と14時 各1時間程度
・コース:雷門・仲見世・宝蔵門・浅草寺本堂 ほか
・定員:各20名程度
・参加方法:出発時刻の30分前から、1階で担当者に直接申し込む
・電話番号:03-3842-5599 ※平日10時~16時

浅草文化観光センターの楽しみ方【その1】「展望テラス」

浅草文化観光センター・展望テラス浅草文化観光センターは、トリップアドバイザーの「行ってよかった!無料観光スポットランキング2015」の全国第3位に選ばれています。

支持された理由は、8階の「展望テラス」にあります。

景観保護のため背の高い建物が少ない浅草の中で、貴重な絶景スポットなんです。

テラスからは仲見世が見下ろせ、浅草寺はもちろん、スカイツリー方面もよく見えます。

無料で利用でき、椅子があるので休憩にも最適です。

夜10時まで開いているので、夜景観賞もおすすめですよ。

また、同じ8階には「ミハラシカフェ」もあります。

昼間はコーヒーとスイーツ、夜はお酒とおつまみでのんびりしてみてはいかがでしょうか。

お食事メニューもあります。

パーティープランを申し込むこともできますよ。

浅草文化観光センターの楽しみ方【その2】「ミハラシカフェ」

ミハラシカフェのおすすめ人気メニュー

浅草文化観光センター・カフェマルゲリータ・ピザ、カレーなど フードメニュー800円~
ミックスナッツ、生ハムサラダなど サイドディッシュ450円~
ケーキ各種、アイスクリーム 500円~
ブレンドコーヒー、クリームソーダなど ソフトドリンク各種 480円~
グラスワイン、生ビール、ハイボールなど アルコール各種 500円~

ミハラシカフェのお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日)

住所:東京都台東区雷門2丁目18番9号 浅草文化観光センター 8F
電話番号:03-5830-7187
営業時間:10時~20時
定休日:年中無休
URL:http://miharashi-cafe.jp/

浅草文化観光センターへのお問い合わせ先(住所・電話番号)

住所

  • 東京都台東区雷門2-18-9
電話番号

  • 観光案内・チケットぴあ:03-3842-5566
  • トラベレックス浅草:03-5827–3385
  • ミハラシカフェ:03-5830-7187
営業時間

  • 下記以外の階の施設:9時~20時
    ・4F、5F、8F(展望テラス):9時~22時
    ・8F(ミハラシカフェ):10時~20時
    ・1F(チケットぴあ):11時~20時
定休日

  • なし
URL

  • http://goo.gl/3C0LTE (台東区ホームページ)

各・浅草駅から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方「徒歩・電車」

「つくばエクスプレス浅草駅」から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方「徒歩」

つくばエクスプレス浅草駅から浅草文化観光センターへのアクセス・行き方

  • A1出口を出て徒歩10分・距離750m

「東京メトロ浅草駅」から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方「徒歩」

東京メトロ浅草駅から浅草文化観光センター・アクセス・行き方

  • 2番出口を出て徒歩1~2分・距離120m

「都営地下鉄浅草駅」から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方「徒歩」

都営地下鉄浅草駅から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方

  • A4出口から徒歩1~2分・距離120m

「東武スカイツリーライン浅草駅」から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方「徒歩」

東武スカイツリーライン浅草駅から浅草文化観光センターまでのアクセス・行き方

  • 徒歩5分・距離300m

浅草文化観光センターの周辺・付近の駐車場

浅草文化観光センターには、専用駐車場がありません。

したがって周辺・付近のコインパーキングを利用します。

ここでは、浅草寺へ行くのにも便利な台東区の「雷門地下駐車場」をご紹介します。

大きくて便利な駐車場ですが、休日の昼間は満車になることが多いのと、休日に最大料金の設定がない点に注意が必要です。

台東区・雷門地下駐車場

・住所:台東区雷門2丁目18番先
・営業時間:7時~23時
・料金:最初の30分200円、以降15分毎100円
・最大料金:平日昼間は6時間以上12時間まで2,400円
・宿泊料金:800円
・収容台数:197台(うち身障者用3台)、2輪車12台
・問い合わせ先:03-5827-5660

浅草文化観光センターのバス専用駐車場(大型・小型・マイクロ)

浅草文化観光センターには、観光バス(大型バス)専用の駐車場がありますのでご案内しておきます。

浅草文化観光センター・清川駐車場

浅草文化観光センター 清川駐車場

住所

  • 東京都台東区清川2丁目24番26号
電話番号

  • 03-3871-6882
定休日

  • 年中無休(イベント時は使用不可)
営業時間(入出庫可能時間)

  • 8時から20時(車中泊可能)
駐車料金

  • 8時から20時 30分 400円
  • 20時から8時(夜間)
  • 車中泊(1泊):1600円
収容台数

  • 大型バス18台
車両制限

1地面からの車高が18cm以下の車両は入場不可。(etc..乗用車)

浅草文化観光センターまでの距離

  • 約2.4Km
浅草文化観光センターまでの所要時間

  • 約30分
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ