【浅草寺周辺付近の観光スポット】浅草寺から「浅草花やしき」へのアクセス・行き方「徒歩・バス・電車」

スポンサードリンク

【浅草寺周辺付近の観光スポット】浅草寺(浅草駅)から「浅草花やしき」へのアクセス・行き方「徒歩・電車」

浅草花やしきへのアクセス・行き方

創建年

  • 1853年(寛永6年)
開業年(浅草花やしき遊園地)

  • 1949年

「浅草花やしき」の名称になった年です。

運営

  • 株式会社花やしき

親会社は、ゲームセンターや池袋のナンジャタウンを運営するナムコです。

面積

  • 5,800㎡

一般的なプロ野球の球場や陸上競技のトラックの面積の約半分ほどの広さです。

概要

江戸時代に植物園として開業した「花屋敷」を前身とし、現在は遊園地となっています。戦時下に取り壊しになった以前まで含めると、日本最古の遊園地です。

浅草花やしきの歴史(年表)

浅草花やしき 歴史

1853年「花屋敷」開園

造園の名手だった森田六三郎という植木商によって始められた「花屋敷」は、ボタンと菊がメインの植物園で、当時は文化人や大奥の女中の憩いの場・語らいの場として親しまれました。

ちなみに、当時の遊具はブランコのみだったそうです。

1853年は、日本に黒船のキャプテン・ペリぅぃーが来航した年でもあります。

明治時代

浅草寺一帯が浅草公園地として整理される
利用者は依然として上流階級者が多く、園内は植物園のままでしたが、動物の展示、あやつり人形などの見せ物、遊具の設置などを行い徐々に庶民向けになっていきました。

大正時代⇒昭和時代

全国有数の動物園に発展して人気を博しましたが、1923年の関東大震災の際には、被災した人々が花屋敷に集まったため、多くの動物が薬殺されました。

園内にある「鳥獣供養碑」は、そうした動物たちのためのものです。

その後、戦争が始まると、残った動物たちも仙台市立動物園に売却されました。

1941年「遊具が設置される」

園内の劇場、映画館に遊具が設置されます。

1942年 「強制疎開で取り壊しになる」

第二次世界大戦中、大都市では、空襲で火が町中に燃え広がるのを防ぐため、予め建物を取り壊し、間引きすることがありました。

花屋敷も、その対象になったのです。

1947年 「浅草花屋敷」再開園

取り壊し、第二次世界大戦を経て、遊園地として再出発しました。

1949年

「浅草花やしき」に改名

1950年

Beeタワー オープン
当時の名称は「人工衛星塔」でした。

1953年

ローラーコースター オープン
国内に現存する最古のローラーコースターです。

1985年

遊具の回数券に加え入場料の徴収を開始

1996年

スペースショット オープン
垂直に上昇・下降する絶叫マシーンとしては日本初でした。

2005年

花やしきアクターズスタジオ 開設

2007年

ディスク・オー オープン

2008年

園外に大江戸ステージ 開設

2016年

Beeタワー 老朽化のため取り壊し

浅草花やしきの「入園料金」と「割引情報」

花やしきの料金と、お得に楽しむ方法をご紹介します。

通常の入園料金

  • 大人(中学生以上)1,000円
  • 小人(小学生)500円
  • シニア(65歳以上)500円
    未就学児 無料
    ※障がい者手帳を提示すると無料
    ※15名以上で団体特別割引あり
    ※のりものは別料金で、2歳からは有料

浅草花やしき「のりものフリーパス」

  • 大人2,300円
  • 小人2,000円
  • シニア1,800円
  • 未就学児(2歳以上)1,800円
    ※入園料は別途

浅草花やしき「のりもの券」

  • 普通券(1枚)100円
  • 回数券(11枚)1,000円
    ※入園料は別途
    ※必要な枚数はのりものによって異なります

原則として、4歳以下のお子さんがのりものに乗るには、中学生以上の付き添いが必要で、付き添いの1名分はのりもの料金が無料になります。

混雑状況にもよりますが、4歳以下のお子さん連れで、あまり多くののりものに乗らないという場合は、フリーパスではなく、乗り物券を購入すると無駄なく使えて良いでしょう。

 年齢制限・付き添い要件は一部の乗り物で例外もあります。
 年齢制限の他に、身長制限がある乗り物もあります。

浅草・花やしきの割引情報

東京スカイツリー・水上バス利用で入園料無料!

最新情報はホームページで確認してくださいね!

東京スカイツリー展望台の入場券提示で花やしきの入園料無料!

 2017年5月21日まで
 期間中の入場券1枚につき1回有効

水上バス「ホタルナ」「ヒミコ」の乗車券提示で花やしきの入園料無料!

 2017年1月31日まで
 期間中の乗車券1枚につき1回有効

浅草花やしきの「入場券つきBBQ券(バーベキュー)」

浅草花やしきでBBQ(バーベキュー)ができるのをご存知でしたか?

日中のプランの利用料金には入園料が含まれているので、遊園地とバーベキューを一緒に、お得な料金で楽しめますよ!

予約は花やしきのホームページからどうぞ。

ランチBBQコース(60分)

  • 大人2,500円
  • 子供2,000円
     営業時間:11時~16時30分
     入園料込み
ハッピーアワーコース(90分)

  • 大人4,000円
     営業時間:17時~
     入園料・アルコール飲み放題込み

ちなみに、バーベキューのみをご希望の方にはディナーコースもあります。

浅草花やしき「県民の日・市民の日」入園無料キャンペーン?

では、関東地方の県の「県民の日」や「市民の日」に、該当の県や市に在住・通勤・通学している方の入園を無料にするキャンペーンが頻繁に開催されています。

ホームページのトップ画面にお知らせが出ているので、事前に調べて行きましょう。

当日は大変混雑するので、入園が無料になる方以外は避けた方が無難です。

例えば、2016年6月~7月には、以下の「勝手にお祝いの日」が開催されます。

6月2日:横浜開港記念日
6月15日:千葉県民の日・栃木県民の日
7月1日:川崎市制記念日
7月9日・10日:ほおずき市
※ほおずき市のほおずき持参で入園無料

浅草花やしきの「学割」

2016年5月23日~7月13日には、学割もあります。

時期や内容はそれぞれですが、花やしきでは毎年ある企画なので、特に学生さんは要チェックです!

2016年の学割は、以下のような内容になっています。

入園+のりもの3回券1,500円 ※好きなのりものを選べます
入園+のりもの5回券1,900円 ※好きなのりものを選べます
入園+のりものフリーパス2,600円 ※700円お得です

浅草花やしきのクーポン情報

割引やクーポンの内容は変更になることもるので、ホームページなどで確認してくださいね。

浅草花やしきのチケットショップの前売り券の料金

花やしきのオンラインショップで「入園+のりものフリーパス」を割引価格で購入することができます。

  • 大人2,700円(600円引き)
  • 小人2,000円(500円引き)
  • シニア1,900円(400円引き)
  • 未就学児1,500円(300円引き)
     未就学児は入園無料なので、フリーパスのみの金額です。
     5,000円分以上購入すると送料が無料になります。

JTBコンビニチケット

JTBのコンビニチケットでも、上記「花やしきチケットショップ」と同じ割引のチケットを購入できます。

インターネットであらかじめ商品番号を調べておくとスムーズですが、コンビニの端末で直接検索することもできます。

セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK・サンクスの専用端末が使えます。

送料がかからず、すぐに発券できるのでオススメです。

JAF会員割引・わかばカード会員割引

JAFの会員証、神奈川県民共済のわかばカードを提示すると、のりもの券10枚セットが300円引きの700円になります。

どちらも会員の方含め5名まで適用になります。

ベネフィット・ワン会員クーポン・デイリープラス会員クーポン

お勤めの会社がベネフィット・ワンの福利厚生サービスに加入していて、会員サイトに登録済みの方や、Yahoo!の有料会員制サイト「デイリーPlus」の会員の方は、のりもの券10枚700円(300円引き)のクーポンがもらえます。

トクトククーポン

東武トップツアーズの「トクトククーポン」を印刷して持参すると、忍者道場が150円引きの2,850円になります。

2016年6月現在の物は、2017年3月31日まで有効です。

インターネットオークションで探す

ヤフオクなど、ネットオークションサイトに登録している方は、試しにチェックしてみてください。
のりもの券や、入園券が出品されていることもあります。

浅草花やしきの滞在平均所要時間

所要時間

のりものの待ち時間が少ない平日や週末の午前中であれば、2~3時間で5~10個ののりものに乗れるでしょう。

休憩したり、お土産を買ったりする時間を考えても、半日あれば十分です。

ステージショーやイベントを見たり、「忍者体験道場」に参加したりする場合は、更に1時間程度かかります。

浅草花やしきの混雑状況・混雑回避方法(平日、GW、正月)

浅草・花やしき

平日

普段の平日は空いていることが多く、のりものに乗るための待ち時間はほとんどありません。

土日祝日

午後を中心に混雑します。
ローラーコースターなど人気ののりものは、30~40分程度待つこともあります。
土日祝日なら午前中がおすすめです。

ゴールデンウィーク・年末年始

大型連休の間は普段の週末よりも混雑します。
大概の乗り物は20分~30分待てば乗れますが、狭い園内なので、人ごみをかきわけて歩くようになりますし、特にお子さん連れの場合は並んで待つのも大変です。
比較的空いているのりものから回りましょう。
ちなみに、あまりに混んでいる日は、次回分の入場券がもらえます。

浅草花やしきの「入園料無料デー」には注意!

花やしきでは、関東圏の県民の日や市民の日、浅草の行事がある日に対象者の入園料が無料になる「勝手にお祝いの日」があります。
また、8月7日は「花やしきの日」ということで、誰でも入園無料になります。
いずれも相当な混雑なので、知らずに行ってしまうと大変です。
ホームページで事前に確認して行きましょう。

浅草花やしきのアトラクション人気おすすめランキング【これ5選!】

花やしきにある20種類以上のアトラクション・のりものの中から、おすすめの5つを厳選してご紹介します。

 .パンダカー

浅草花やしきパンダカー遊園地や動物園の入り口、デパートの広場にあった、あのパンダです。花やしきではオリジナルグッズも出ているほどの定番・人気の乗り物なんですよ。お子さんはもちろん、大人も懐かしさのあまり夢中になってしまうかもしれません。
 現金のみ、200円

 .ぴょんぴょん

浅草花やしき・ぴょんぴょん小さいお子さんにはおすすめのアトラクションです。ぴょんぴょんと弾むようにして動く度に、乗っているお子さんの歓声や悲鳴が聞こえます。すべてのイスが正面を向いているので、待っている親御さんも乗っているお子さんも安心ですね。

 必要なのりもの券の数:2枚
 年齢制限:2歳から乗れますが、2、3歳のお子さんには中学生以上の方の付き添いが必要です。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 .スペースショット

浅草花やしき・スペースショット※スペースショットは2016年6月現在、長期運休中です。
垂直に動く絶叫マシーンは、今では珍しくありませんが、このスペースショットは1996年に登場した「元祖」です。高さ60mまで上昇するので、「余裕があれば」、景色も楽しめるでしょう。
 必要なのりもの券の数:5枚
 身長制限:身長130cm未満のお子さんは乗れません。
 年齢制限:65歳以上の方は乗れません。

 .Beeタワー

浅草花やしきBeeタワー※Beeタワーは、2016年6月現在、長期運休中です。

高さ45mに釣り上げられたお菓子の家のゴンドラに乗り、浅草を一望できます。浅草の中心地には高い建物がないので、この高さでもかなりの見晴らしです。もちろん、浅草寺や東京スカイツリーも見えますよ。
 必要なのりもの券の数:3枚
 年齢制限:4歳以下のお子さんには中学生以上の方の付き添いが必要です。

  • 追記:Beeタワーは2016年8月をもって老朽化のために撤去となりました。

 .ローラーコースター

浅草花やしき・ローラーコースター※ローラーコースターは、2016年7月13日まで運休中です。

1953年オープン、日本最古のローラーコースターです。「ジェットコースター」と呼びたいところですが、スピードはあまり速くありません。それでも、乗り物の見た目や、乗って感じる古さや不安定さがスリリングで、癖になる楽しさです。

 必要なのりもの券の数:5枚
 身長制限:身長110cm未満のお子さんは乗れません。
 年齢制限:65歳以上の方は乗れません。

浅草花やしきのお土産人気おすすめランキング【これ10選!】

浅草花やしき お土産たくさんあるオリジナルグッズの中から、人気・おすすめのお土産をランキング形式でご紹介します!

第10位.ボールペン各種

花やしきのお土産のペンが机の引き出しやペン立てに入っていたら、気分が上がって勉強や仕事がはかどるかもしれません!好きな絵柄を選んでくださいね。
シャープペンシルもあります。

  • ボールペン各種の値段:333円(税別)~

第9位.ステッカー各種

パンダカーを始め、花やしきの「花」の字のロゴや、のりものの柄などがあります。観光地のステッカー集めが趣味という方は、ぜひどうぞ。

  • ステッカー各種の値段:380円(税別)

第8位.Tシャツ各種

胸に花やしきのロゴのワンポイントがあしらわれたシンプルなものや、プロレスリング、パンダカーの柄などがあります。一家やグループでおそろいにするのもいいですね。

  • Tシャツ各種の値段:1,852円(税別)~

第7位.小物入れ

「吸殻・小物・思い出入れ」という名前の小物入れで、ローラーコースターとパンダカーの2種類があります。ネーミングセンスもさることながら、レトロな雰囲気のパッケージも味があっていい雰囲気です。

  • 小物入れの値段:1,667円(税別)

第6位.パンダカーパズル定規

パズルが埋め込まれている幅の広い定規…子どものころ使ってた!という方も多いのではないでしょうか?学校やオフィスで使えば、みんなの視線を集められそうです。

  • パンダカーパズル定規の値段:450円(税別)

 .あさくさ花やしきタオル

何枚あっても困らないタオルはお土産の定番ですよね。ローラーコースター、パンダカー、メリーゴーランドなどののりものが描かれたこのタオルなら、使う度に楽しかった思い出を振り返れますよ!

  • あさくさ花やしきタオルの値段:1,200円(税別)

 .パンダカー手ぬぐい

かさばらず、濡れてもすぐに乾く手ぬぐいは、1枚あると便利です!綺麗な黄色にパンダカーが大きくデザインされたものと、紺色の市松模様のものがあります。

  • パンダカー手ぬぐいの値段:900円(税別)

 .花やしき限定メダル

スワン、パンダカー、メリーゴーランドの3種類の柄があります。メダルコレクターならずともほしくなる、かわいらしいデザインですよ。花やしき入口のショップ「浅花風」には、1個200円の「ハローキティーご当地メダル」もあります。

  • 花やしき限定メダルの値段:100円(税込み)

 .あぶらとり紙

使用後は紙にも柄が浮き出るという嬉しいおまけ付きのあぶらとり紙です。ケースのふたにはパンダカーがデザインされています。女性へのお土産にいかがでしょうか。

  • あぶらとり紙の値段:450円(税別)

 .パンダカーの学習帳

緑の縁取りが懐かしい表紙に、パンダカーのかわいらしいイラストが描かれた「じゆうちょう」です。小学校時代を思い出しながら、楽しく使ってくださいね。

  • パンダカーの学習帳の値段:300円(税別)

花やしきには、「マルハナ商店」と「浅花風(アハナウィンド)」という2つのお土産物屋さんがあります。

浅花風は、花やしきに入園しなくても入れます。

ネットショップもあるので、ぜひのぞいてみてください!

浅草花やしきのお問い合わせ(住所・電話番号・営業時間・休園日)

住所

  • 東京都台東区浅草2-28-1
電話番号

  • 03-3842-8780
営業時間

  • 10時~18時

 上記の時間のことが多いですが、開園が9時になったり、閉園が19時になったりもします。
 入園は閉園の30分前までです。
事前に公式ホームページで確認しましょう!

休園日

  • 定休日はなし

※メンテナンスなどのため、まれに臨時休業になることがあります。

ホームページ(URL)

  • http://www.hanayashiki.net/

【格安決定版】浅草花やしきの周辺・付近の駐車場情報

花やしきには専用駐車場がないので、近くのコインパーキングを利用することになります。
浅草にはコインパーキングがたくさんありますが、中でも花やしきに近く、比較的安いところをご紹介します。
現地で駐車場を探す際は、特に最大料金の設定があるかどうかに注意しましょう。

One Park浅草2丁目

浅草花やしきまでの距離200m・所要時間:2分

浅草花やしき駐車場

・住所:台東区浅草2-23
・営業時間:24時間
・料金:
8時~22時  平日30分100円 土日祝日 30分300円
22時~8時  60分 100円
・最大料金:22時~8時   500円
・収容台数:8台
・問い合わせ先:050-3530-9666

TOBU PARK浅草第4駐車場

浅草花やしきまでの距離110m・所要時間:1分

浅草花やしき駐車場01

・住所:台東区浅草2-29-8
・営業時間:24時間
・料金:
平日8時~22時 20分100円 土日祝日8時~22時 12分100円
22時~8時  60分 100円
・最大料金:
平日8時~22時  1,600円  全日22時~8時  500円
・収容台数:9台
・問い合わせ先:0120-102-762

タイムズ浅草第11駐車場

浅草花やしきまでの距離180m・所要時間:2分

浅草花やしき駐車場02

・住所:台東区浅草2-24
・営業時間:24時間
・料金: 平日8時~22時  60分500円 土日祝日8時~22時 20分300円
22時~8時  60分 100円
・最大料金:
平日  1,700円
土日祝日 3,000円
・収容台数:6台
・問い合わせ先:0120-77-8924(故障・機械トラブル)

サンライズパーキング浅草観音裏店

浅草花やしきまでの距離180m・所要時間:2分

浅草花やしき駐車場03

・住所:台東区浅草2-29-15
・営業時間:
平日  9時~21時 土日祝日  8時~21時
・料金:平日  20分200円  土日祝日  20分300円
・最大料金:平日9時~19時  1,800円
・宿泊料金:2,000円
※車高が2.1mを超える車は3,000円
・収容台数:普通車33台、マイクロバス7台、大型バス3台
・問い合わせ先:03-3841-1610

浅草・浅草寺から浅草花やしきへのアクセス・行き方「徒歩」

徒歩の場合

浅草寺・影向堂と三峰神社の前を通ると「花やしき通り」と書かれた看板が見えてきます。
その後、看板を直進してスグ。

浅草・浅草寺から浅草・花やしきへのアクセス・行き方

  • 所要時間:約3分
  • 距離:270m

「つくばエクスプレス浅草駅」から浅草花やしきへのアクセス・行き方「徒歩」

つくばエクスプレス浅草駅A出口、またはB出口から信号を渡って浅草寺(雷門)の方向へ歩く。

つくばエクスプレス浅草駅から浅草寺へアクセス・行き方

  • 所要時間:約5分
  • 距離:400m

「東京メトロ浅草駅」から浅草花やしきへのアクセス・行き方「徒歩」

東京メトロ1番出口・都営地下鉄A4出口・東武スカイツリーライン浅草駅から仲見世、浅草寺へ向かい上記の影向堂から浅草花やしき通りへ。

東京スカイツリーライン浅草駅から浅草花やしきまでのアクセス・行き方

  • 所要時間:8分
  • 距離:500m
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ