【無料になる条件とは?】東京スカイツリーの「入場料金と割引チケット(セブンイレブン/コンビニ前売り券)」について

スポンサードリンク

【無料になる条件とは?】東京スカイツリーの「入場料金と割引チケット(セブンイレブン/コンビニ前売り券)」について

以下では、東京スカイツリーの「基本料金・割引料金」と「チケット(コンビニ前売り券)」についてご説明します。

なお、年末年始や隅田川花火大会などの特別な行事がある日は内容が変更になっている場合があります。

まず、東京スカイツリーの内部の地図(マップ)

東京スカイツリーの内部に入れば分かりますが、スカイツリーの内部は主に「展望(天望)デッキ」と「展望(天望)回廊」とに分かれており、それぞれで入場料金を支払う必要があります。

つまり、「展望デッキ」の上の階層に位置する「展望回廊」へ行くためには、さらに入場券が必要であり、つまりのところ2回も料金を支払うことになります。

東京スカイツリー 内部の地図マップ

ただし、「展望デッキ」と「展望回廊」の入場券は同時に4Fのチケット売り場である「チケットカウンター」にて購入することになります。

展望デッキ入口フロア

 東京スカイツリー『展望(天望)デッキ』

展望デッキ3

東京スカイツリー「展望デッキ」の混雑状況・混雑回避方法

当日券の発券には、混雑時は1時間以上かかり、3~4時間待ちということもあります。

東京スカイツリーチケット売り場通常、1日の中で最も混雑するのは11時~15時頃で、土日祝日、連休中などは10時~18時頃まで大変混雑します。混雑が予想される時にでかける場合は、日付指定券を買っておくことをオススメします。

特別なイベントがある日以外であれば、10時頃までか18時以降は、約30分以内の待ち時間で当日券を購入できます。

火曜日~木曜日は、昼間でも比較的空いています。

カウンターで券を購入すると、そのままエレベーターへ案内されるので、当日券の場合は事前の購入やまとめ買いはできません。

展望デッキ「当日券」の料金

東京スカイツリーは2019年4月1日より、下記の料金帯に大幅変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリーセット券天望デッキ
+
天望回廊
平日 3,100円 2,350円 1,450円
休日 3,400円 2,550円 1,550円
東京スカイツリー天望デッキ 平日 2,100円 1,550円 950円
休日 2,300円 1,650円 1,000円
東京スカイツリー天望回廊 平日 1,000円 800円 500円
休日 1,100円 900円 550円
  • 注意点:12歳で小学生の場合は小人料金、18歳以上で高校生の場合は中人料金を適用。
無料になる条件や区分

 5歳以下は無料
 6歳で未就学の場合も無料

 

展望回廊当日券

展望デッキの「当日券」の割引「障がい者割引」

同様に障害者割引も2019年4月1日より大幅に変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリーセット券天望デッキ
+
天望回廊
平日 1,550円 1,200円 750円
休日 1,050円 800円 800円
東京スカイツリー天望デッキ 平日 1,150円 850円 500円
休日 2,300円 1,650円 500円
東京スカイツリー天望回廊 平日 500円 400円 250円
休日 550円 450円 300円

障がい者割引は、障がい者手帳(コピー可)を提示する本人1名につき、同伴者も1名まで適用されます。

障がい者料金が適用される手帳の種類

  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 被爆者健康手帳

東京スカイツリー・展望デッキの「当日券の売り場・割引料金・販売時間」

東京スカイツリー・チケットカウンター

当日券の売り場

  • 東京スカイツリー4階 チケットカウンター
販売受付時間

  • 8時~21時
支払方法の種類

  • 現金、クレジットカード、Suicaなど交通系電子マネー
購入可能枚数

  • 1人1枚
    ※グループの場合、全員で発券カウンターの列に並ぶ必要があります。
当日券の「整理券」について

当日券の購入に継続的に長い待ち時間が発生する場合などは、整理券が配布される場合があります。

早い時間の整理券から順に配布しているため、再集合の時間指定はできません。

整理券を受け取ったら、指定された時間に再度チケット購入の列に並びます。

整理券が配布されている場合の当日券購入までの待ち時間は、平均して45分程度です。

東京スカイツリー・展望デッキの「日付指定券(コンビニ前売り券)」

東京スカイツリーの日付指定券とは、時間指定の無い券なっており「インターネット」または「セブンイレブン(コンビニ)」で購入することが可能で料金はどちらでも同じです。

指定された時間内であれば、入場券発券までの待ち時間はほとんどありません。

予約の空き状況はホームページで確認できます。

展望デッキ「日付指定券」の料金

同様に展望デッキの日付指定券の基本料金も2019年4月1日より大幅に変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリーセット券天望デッキ
+
天望回廊
平日 2,700円 2,150円 1,300円
休日 3,000円 2,350円 1,400円
東京スカイツリー天望デッキ 平日 1,800円 1,400円 850円
休日 2,000円 1,500円 900円
東京スカイツリー天望回廊  日時変更券の設定はなし
  • 注意点:12歳で小学生の場合は小人料金、18歳以上で高校生の場合は中人料金を適用。
無料になる条件や区分

 5歳以下は無料
 6歳で未就学の場合も無料

展望デッキ「日付指定券」の割引「障がい者割引」

同様に展望デッキの日付指定券の基本料金も2019年4月1日より大幅に変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリーセット券天望デッキ
+
天望回廊
平日 1,400円 1,150円 700円
休日 1,550円 1,250円 750円
東京スカイツリー天望デッキ 平日 950円 750円 450円
休日 1,050円 800円 450円
東京スカイツリー天望回廊  日時変更券の設定はなし

日付指定券はシステム上発券時に割引を適用することができないため、通常料金で購入し、現地で差額分の払い戻しを受けることになります。

「インターネット」でセブンイレブンの前売り券を購入する方法

購入方法

  • 東京スカイツリーWebチケットサイトにて手続きします。
  • 東京スカイツリーWebチケットサイトを初めて利用する場合は、無料の利用登録が必要です。

東京スカイツリーWEBチケットサイトURL:http://ticket.tokyo-skytree.jp/

支払方法

  • 日本で発行されたクレジットカード
購入可能期間

  • 2か月先の同日分を、10時から予約可能。3日前23時59分まで。
指定可能時間

  • 8時~20時30分 ※30分きざみ
予約可能人数

  • 1回の申し込みにつき最大8名
キャンセル方法とキャンセル料金について

指定日の5日前23時59分までキャンセルは可能です。
その他、キャンセル料が500円かかります。
変更したい場合も、キャンセルをしてからもう一度購入することになります。

入場方法

東京スカイツリー4階「インターネット販売入場口」から入場し、購入に使用したクレジットカードと「購入確認メール」または「マイページの購入履歴画面」を印刷したものを係員へ提出して入場券を受け取ります。
「購入確認メール」または「マイページの購入履歴画面」は、携帯電話などの画面そのものの提示でも代用可能です。

当日入場できなかった場合

指定日の翌日から数えて29日以内であれば振替入場ができます。
その場合、当日券購入と同じルートでの入場になります。

注意点

・入場の際に、支払いに使用したクレジットカードの提示が求められるため、入場する方のクレジットカードで手続きをする必要があります。
・クレジットカードの所有者本人が入場しない場合、当日入場する人は東京スカイツリーのホームページにある「譲渡証明書兼同意書」を提出する必要があります。
・当日券をプレゼントされた方で本人が入場しないことが明らかな場合は、セブンイレブンで購入した方がスムーズです。

「セブンイレブン」の店舗で前売り券を購入する方法

東京スカイツリー・セブンイレブン

購入方法

  • セブンイレブンの店舗にあるマルチコピー機で購入手続きができます。
支払方法

  • 現金、クレジットカード、nanacoなど電子マネー※ポイント付与対象外
購入可能期間

  • 2か月先の同日分を正午から予約可能。前日23時59分まで。
指定可能時間

  • 8時~20時30分※30分きざみ
予約可能人数

  • 1回の申し込みにつき最大12名
キャンセル方法

指定日の3日前必着で郵送します。
東京スカイツリーのホームページにある「キャンセル申込書」を同封する必要があります。
キャンセル料と返金にかかる実費を差し引いた額が「郵便振替払出証書」で返金されます。
購入の内容を変更したい場合も一度キャンセルし、再度購入手続きをする必要があります。

入場方法

東京スカイツリー4階に「セブンイレブン販売入場口」があるので、ソチラから入場しセブンイレブンで発券された入場券引換券を提出して入場券を受け取ります。

当日入場できなかった場合

指定日の翌日から数えて29日以内であれば振替入場ができます。
その場合、当日券購入と同じルートでの入場になります。

東京スカイツリー・展望デッキの「ホテル・トラベル日付指定券」

前述の日付指定券と名称が同じなので紛らわしいですが、ホテル宿泊や旅行会社のその他オプションがセットになった日付指定券(入場引換券)があります。

この日付指定券のメリットは「時間指定がない」ということです。

インターネットまたはセブンイレブンで購入する日付指定券は30分きざみの時間指定がありますが、ホテルや周辺観光とセットになった日付指定券は、指定日であればいつでも入場できます。

プランによりセット内容はさまざまですが、セットになっている電車・バスの1日乗車券やお買物券などを上手に使えれば、かなりお得な価格で観光を楽しめるのでオススメです。

尚、日付指定券はプランに付帯されている「入場引換券」を受付の係員に渡すことで初めて受け取ることができます。

東京スカイツリー入場引換券詳しくはホームページで確認してみてください。

東武トップツアーズURL(「東京スカイツリー」を含むプラン)

  • http://tobutoptours.jp/skytree/

東武トップツアーズの「プラン例」

「東京スカイツリーと東京下町散策プラン」

  • Aコース料金:大人3,500円~3,700円
  • Bコース料金:大人4,530円~4,730円
プランに含まれるもの

・Aコース:東京スカイツリー「展望デッキ」日付指定入場券引換券
・Bコース:「展望デッキ」「展望回廊」セット日付指定入場券引換券
 東武鉄道下町フリーエリア(北千住~浅草・押上・亀戸)1日乗車券
 東京スカイツリーオリジナルグッズ1つ
 下町特典パスポート
 東武スーパーチケット
※「東武スーパーチケット」は下町エリア、東京ソラマチでの買い物やグッズ引き換え、バスの乗車などに使えるチケットです。

他にも、すみだ水族館やプラネタリウム「天空」のチケットがセットになったプランや、東京ソラマチでのお食事がセットになったプランなどがあります!

東京スカイツリー「日付指定券入場券付き」の宿泊プランがある「オフィシャルホテル・フレンドシップホテル」

「オフィシャルホテル・フレンドシップホテル」とは、東京スカイツリー株式会社(東武鉄道)と提携しているホテルになります。

主に以下のようなホテルに宿泊することで「日付指定入場券引換券」が入手できます。

「東武ホテルレバンド東京」「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」「成田東武ホテルエアポート」「浅草ビューホテル」「第一ホテル両国」「ホテルイースト21東京」

上記でご紹介した以外の提携ホテルがありますので、JTBや日本旅行など、旅行会社のホームページをチェックしてください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 

 東京スカイツリー『展望(天望)回廊』

展望回廊「第2天望台」である「展望回廊」に入場するには展望デッキとは別に入場券が必要です。

展望回廊の入場券の売り場は「展望デッキ」で「当日券のみ」購入できます。

上記の東武トップツアーズのプランのように、ツアーや旅行プラン、ホテルの宿泊プランに含まれていることもあります。

「展望回廊」の入場料金(当日券のみ)

同様に展望回廊の入場料金も2019年4月1日より大幅に変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリー天望回廊 平日 1,000円 800円 500円
休日 1,100円 900円 550円
  • 注意点:12歳で小学生の場合は小人料金、18歳以上で高校生の場合は中人料金を適用。
無料になる条件や区分

 5歳以下は無料
 6歳で未就学の場合も無料

展望デッキ当日券

展望回廊」の障がい者割引(当日券のみ)

同様に展望回廊の障害者割引料金も2019年4月1日より大幅に変更されています。

項目 区分 大人(18歳以上) 中人(高校生・中学生/12-17歳) 小人(小学生/6-11歳)
東京スカイツリー天望回廊 平日 500円 400円 250円
休日 550円 450円 300円

障がい者割引は、障がい者手帳(コピー可)を提示する本人1名につき、同伴者も1名まで適用されます。

障がい者料金が適用される手帳の種類

  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 被爆者健康手帳

東京スカイツリー・展望回廊の「当日券の売り場・割引料金・販売時間」

販売場所

  • 東京スカイツリー「展望デッキ」フロア350 チケットカウンター
販売時間

  • 8時~21時20分
支払方法

  • 現金、クレジットカード、Suicaなど交通系電子マネー

 東京スカイツリーの割引情報

墨田区民割引

この券は「墨田区民」以外には適用されません。

「免許証」や「住民票」など、「墨田区民であることを証明できるもの」を提示すると、展望デッキの当日入場券が割引になります。

対象 割引料金
大人(18歳以上) 1,440円(展望デッキ休日の例で860円お得!
中人(中・高校生) 1,030円(展望デッキ休日の例で620円お得!)
小人(小学生) 620円(展望デッキ休日の例で380円お得!)

6歳で未就学の場合は幼児料金、12歳で小学生の場合は小人料金、18歳で高校生の場合は中人料金となります。

東武カード会員割引

「東武カード」または「東京スカイツリー東武カードPASMO」を提示すると、展望デッキの当日入場券が10%割引になります。1回で5名まで適用されます。

  • 大人(18歳以上)個人1人の例:平日で1890円(210円お得!)/休日で2070円(230円お得!)

東京スカイツリー東武カードPASMOは、スカイツリーの割引だけではなく、以下のような特典もあります。

  • ソラマチ・スカイツリータウン駐車場が1時間無料で利用できる!
  • 5の付く日はポイントが5倍!
  • 年に数回はポイントが10倍!

dエンジョイパス

「dエンジョイパス」は、携帯電話キャリアでは国内No. 1のシェアを持つ「NTTドコモ」が運営母体となる会員制の割引チケット配布サービスです。運営母体が「NTTドコモ」ということで契約者だけが利用できるのかと思ってしまいますが、そうではなく、NTTドコモと契約していないユーザーでも利用ができます。

ただし、「会員制サービス」ということで月額540円が必要になります。月額制ということや料金帯をみても、ベネフットワンと類似したサービスといえます。

なお、初回利用の方は31日間無料で利用できます。

展望デッキ当日券(休日)の割引例

大人:2300円⇒1800円ほか
高校生:1,650円⇒1,400円
中小学生:1,000円⇒850円

天望デッキ・天望回廊セット 当日券(休日)の割引例

大人:3400円⇒2,700円
高校生:2,550円⇒2,150円
中小学生:1,550円⇒1,300円

「dエンジョイパス」の大きなメリットは、「どこよりも安く!」をモットーとして掲げており、「最安値保証」という保証サービスを提供していることです。たとえば、すみだ水族館の入場券を購入する際、デイリープラスの方が安かった場合、申請することでデイリープラスと同じ金額で提供していただます。(差分をdポイントで変換)

駅探バリューDays

月額324円の「駅探バリューDays @Benefit Station」に会員登録していると、映画、レジャー施設、レストラン、宿泊施設など、幅広いジャンルの優待が受けられます。提携施設数なんと!120万件以上という、まさに国内屈指の優待サービスです。

駅探バリューは下記のデイリーplusよりも月額費用だけを考えれば200円ほどお得です。

  • 駅探バリュー:324円
  • デイリーplus:540円

デイリーPlus(プラス)

上記、「駅探バリューDays @Benefit Station」と同様に、月額540円の「デイリーPlus(Yahoo! JAPAN)」に会員登録していると、映画、レジャー施設、レストラン、宿泊施設など、幅広いジャンルの優待(割引)が受けられます。

また、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンク会員は、デイリーPlusとほぼ同じ割引クーポンを取得できる「とく放題」を利用でき、この中に東京スカイツリー前売り割引券も含まれています!(とく放題の利用料金は、ソフトバンク契約内容によって、月額500~590円です。Yahoo!プレミアム会員は2カ月無料!)

なお、デイリープラスおよびとく放題は「ヤフージャパン」が取り扱っていますが、「株式会社ベネフィット・ワン」が提供する「会員制の優待サービス」になります。

つまり後述する下記↓ベネフィットステーションと運営会社が同じですのでベネフィットステーションの会員と同様に「ベネポ」という独自のポイントを貯めることができます。

貯めたベネポは次回の決済に利用できますので、さらに割引料金でチケット(クーポン)を購入することができます。

駅探バリューDays @Benefit Station」と同様にクーポン券を印刷して持参することになります。

割引額は以下の通りです。

展望デッキ当日券(休日)の割引例

大人:2300円⇒1800円ほか
高校生:1,650円⇒1,400円
中小学生:1,000円⇒850円

「セットプラン」や「ツアー」を利用して割引適用を受ける方法

直接的な割引方法ではありませんが、利用の仕方次第で東京スカイツリーにお得に入場できる方法があります。

前述の東武トップツアーズのプランや提携ホテルの宿泊と東京スカイツリー入場券のセットプランの他、「旅行会社のツアーに参加する」という選択肢もあります。

時間の制約はありますが、混雑必至となる一般用の入口ではなく「団体入場口」から入場できるのでスムーズです。

例えば「はとバス」には以下のようなツアーがあります。

「東京二大タワー競演(東京スカイツリー&東京タワー)」

  • ツアー料金:9,600円
付帯特典

  • 東京スカイツリーと東京タワーへの入場券付
  • 東京ドームホテルでのランチバイキング付

「東京スカイツリー展望デッキと隅田川12橋めぐり」

  • ツアー料金:9,980円
付帯特典

  • 浅草寺散策
  • 隅田川下り
  • 東武ホテルレバンド東京でのランチバイキング付

「スターダスト東京スカイツリー」

  • ツアー料金:8,400円
付帯特典

  • 東京スカイツリーの展望デッキへの入場券付
  • 東京ドームホテルでのディナーバイキング付

 

興味のある方以下の「はとバス」のホームページをチェックしてみてください。ウフ

はとバス「東京スカイツリー入場つきツアー」

  • https://www.hatobus.co.jp/dom/sp/feature/skytree/

こちらのページでご紹介した料金・割引制度などは、2019年4月現在の情報です。
変更になっている場合がありますので、最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ