東京スカイツリーの観光所要時間(平均滞在時間)・見学ルート

スポンサードリンク

東京スカイツリーの観光所要時間(平均滞在時間)・見学ルート

以下では、東京スカイツリーの平均的な見学所要時間をご案内しています。

なお、本ページにてご紹介するスカイツリーの観光所要時間は4階チケットカウンターのフロアと5階出口フロア(スカイツリー公式ショップ)での滞在時間は含んでおりませんので、ご注意ください。

東京スカイツリーの館内のフロア構成とエレベーターの場所(MAP)

※第2展望台(展望回廊)から4階および5階(出口)へ直通で行くエレベーターはありません。第1展望台を経て5階へ行けます。

第1展望台(展望デッキ)の平均見学所要時間・見学ルート

所要時間

  • 約1時間半

眺望を楽しむ時間は人によりけりなので、一概にこれと決めつけることはできませんが、第1展望台(展望デッキ)の平均見学所要時間は1時間程度でしょう。

1時間半くらいを見込めば、ゆっくりと景色を楽しみ、お土産を選ぶ充分な時間を確保できるでしょう。

ただし!第1展望台にはショップ以外にも「フォトサービス」や「カフェ」があり、混雑時は並ぶので待ち時間が発生する場合があります。

また、土日祝日などは第1展望台から第2展望台へ上がるためのエレベーター前に行列が発生し、混雑気味になることからゆるりと景色が楽しめない場合があります。

見学ルート

以下は、第2展望台(展望回廊)へは上がらない前提の第1展望台(展望デッキ)のみの見学ルートです。

  1. 4階で入場券を購入する、または日付指定券(日時指定券)と入場券を引き替える
  2. エレベーターで4階から→「フロア350」に上る
  3. グルっと1周するように進み、景色を楽しんだら「フロア345」へ降りる
  4. フロア345は敷地面積の約半分がレストランなので利用者以外は立ち入り不可!景色を楽しんだら「フロア340」へ降りる
  5. 噂の「ガラス床」があるのは「フロア340」!景色を楽しんだら出口へ!出口フロアは5階!エレベーターで5階出口フロアへ向かう

4階からエレベーターに乗って降りた階となる「フロア350」は、左右どちらからでも自由に回ることができます。

ただし!スカイツリーの公式HPでは順路が時計回り(右回り)で指定されています。まぁ、このあたりは混雑具合を見ながらお好みです。

フロア350のカフェはカフェなので軽食!フロア340はレストランなのでガッツリ飯系の重食!‥です。「重食」??

注意点としては東京スカイツリーの入口は4階!

出口は5階!

‥ということです。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






第2展望台(展望回廊)の平均観光所要時間・見学ルート

所要時間

  • 約30分

眺第2展望デッキは第1展望デッキから上がってくると目の前右側へは行けなくなっており、左側のうずまき状の少し坂になった廊下を進んでいくことになりんす。

うず巻き状の廊下を歩きながら景色を観覧し、最終的にグルっと1周回って、上の450フロアへ上がっていきます。

450フロアは「ソラカラポイント」があり、ここが東京スカイツリーのもっとも高い地点になりんす。

ソラカラポイントからは、少し下り坂になっており、その先にあるエレベーターで第1展望デッキ(345フロア)へ戻ります。

以上、平均時間で表現すると30分あれば充分です。

第2展望デッキ(展望回廊)には、カフェやショップがない!

第2展望デッキ(展望回廊)には、カフェやショップがないので、純粋に景色を楽しむ時間だけ考えていれば良いので、時間に気をもむ必要はありんせん。

ツアーなどの団体客は午前中に来館されることが多いので、この場合、午前中でも第1展望台のエレベーターに待ち時間が発生する場合があります。

第1展望台に着いたら、できるだけ真っ先に第2展望デッキ(展望回廊)を目指しましょう。

見学ルート

第2展望デッキは、うずまき状の廊下(天望回廊)を観覧しながら進んでいくだけです。1本道なので迷うことはありんせん。

第2展望デッキのトイレの場所は、450フロアへ上がった所です。

景色を観ると楽しいことを考えてしまい、なぜか糞(ウンコ)を射出したくなる方も少なからずいると思います。トイレは1ヶ所しかないのでので、ぜひ!思い存分に炸裂させておきましょう。

第2展望台(展望回廊)へ上がる際の注意点

第2展望台(展望回廊)は有料フロアです!

東京スカイツリーの基本料金は第1展望台(展望デッキ)の料金なので、別途、第2展望台の料金が必要になりんす。

第2展望台(展望回廊)のチケットを購入できる場所
  • 4階のチケットカウンター
  • 第1展望デッキに設置されているチケットカウンター

展望回廊のみの入場はできません!

第2展望台(展望回廊)へ行くためには、第1展望台(展望デッキ)を経由する必要があるため、必然的に第1展望台(展望デッキ)の入場料金が必要になりんす。

したがって、第2展望台(展望回廊)の入場料金は、「第1展望台(展望デッキ)」+「第2展望台(展望回廊)」=『合計した料金』となりんす。

4階チケットカウンターで販売している「セット券」とは、「第1展望台(展望デッキ)」+「第2展望台(展望回廊)」のセット券のことです。

【補足】第1展望台(展望デッキ)のチケットカウンターでは何を販売している?

第1展望台(展望デッキ)にもカウンターがありんすが、ここでは第2展望台(展望回廊)へ上がるためのチケットを販売しています。

4階チケットカウンターにて第2展望台(展望回廊)のチケットを買わなかった人を対象にしたカウンターです。

したがって、4階チケットカウンターにて「セット券」を購入したのであれば、第2展望台(展望回廊)のチケットを購入する必要はありませんのでご注意を!

東京スカイツリーの関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ