東京・浅草の夏の登竜門!浅草寺「ほおずき市」の日程・混雑回避方法・屋台・お守りと御朱印の種類・値段」

スポンサードリンク

東京・浅草の夏の登竜門!浅草寺「ほおずき市」の日程・混雑回避方法・屋台・お守りと御朱印の種類・値段」

浅草寺・ほおずき市の歴史・由来浅草寺では、例年7月9日と10日に「ほおずき市」が開催されます。

「ほおずき市」とは、その言葉のとおり、たくさんの「ほおずき」が販売される「市」が開かれます。

この市には、例年150から200もの業者が、所狭しと軒を連ねて露店をかまえ「ほおずき市」の様相を彩ります。

そんな「ほおずき市」に訪れる人出は、たった2日間の開催にも関わらず、例年50万人から60万人ほどの参拝客が訪れ、ひときわ華やいだ浅草の初夏の風物詩を物語ります。

以上のことから、以下では浅草寺の初夏の風物詩「ほおずき市」についてのご紹介をしてみようと思います。

「ほおずき」とは?

浅草寺・ほおずきとは?「ほおずき」は、漢字では「鬼灯・酸漿」と書きます。

読み方は「ほうずき」と読まれる方も多いですが、正式には「ほおずき」と読みます。

ほおずきは、多年草なので管理が適切であれば、年中、枯れることはありません。

そして、6月の下旬頃から7月の中旬頃にかけて薄黄色の可愛い花を咲かせます。

ほおずき 花花が咲くと実が成るので、例年、この時期に「ほおずき市」が開催されます。

江戸時代などでは、ほおずきに成った実で「ほおずきで人形」や「ほおずき笛」を作ったりして子供同士や、子供と大人を繋げるコミュニケーションの1つとして親しまれていました。

風船のような「ほおずき」の中には何が入っている?

ほおずきを見ているうちに、ほおずきの中に何が入っているのかを知りたくなってきて、ガマンできなくなる方も多いと思います。

何が入っているのか、あなたには想像がつきますか?

実は中には、「プチトマト」くらいの大きさの「オレンジ色の実」が入っています。

ほおずきの実ほおずきを買われたら、試しに是非1つだけ破いてみてください。

ちなみに、ほおずき笛は、このプチトマトの皮を破かずにキレイに取り出して作ります。

ほおずきの外皮の風船は、現在では香水と混ぜてドライフラワーとして、部屋の匂い付きの飾りなどに使用されています。

また、ほおずきは食用としても栽培されており、主に観賞用と食用と2つの種類に分けて栽培されています。

  • 食用のほおずきは甘酸っぱい味
  • 鑑賞用のほおずきは苦い味

ただし、ほおずきの実にはアルカロイドと言う有毒性の成分が少し含まれており、妊婦がアルカロイドを多量に摂取すると流産する確率が上がりますので注意が必要となります。

仏教と関係の深い「ほおずき」

上記で、ほおずきを少し紹介しましたが、ほおずきは仏教とも非常に関係の深い植物です。

現代でも、お盆の時期になると仏壇へほおずきを飾り、先祖の霊をあの世から導くための「提灯」変わりに使用されることがあります。

盆棚画像引用先:http://www.kongohin.or.jp/

浅草・浅草寺のほおずき市の歴史・由来

浅草寺のご本尊に聖観音菩薩(観世音菩薩)がお祀りされています。

その観世音菩薩と浅草寺を結びつける日は「縁日」として、古来から毎月・18日と定められてきました。

よって、縁日である毎月・18日は、別名で「1000日詣」とも呼ばれ、18日に参拝に訪れると「1000日分」毎日、参拝した事と同じだけのご利益があるとされています。

そして、浅草寺の数ある縁日の中でも、特に7月10日は観音様と縁が強い日と言われています。

江戸時代の1716年~1736年頃から「7月10日は46000日分のご利益がある」と言う話が広がりました。

浅草寺に訪れた時に目にする「四万六千日」と書かれた提灯には、上述のような意味があります。

なぜ「四万六千日」なのか?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






実は、これに関しては詳しいことが分かっていないそうです。

しかし、こんな話が残されています。

人間の寿命とは、本来、126歳まで生きることができると考えられていたそうです。

つまり、126年分のご利益と言う考えた方になります。

【補足】浅草寺の他の功徳日

1月1日(100日)、2月の最終日(90日)、3月4日(100日)、4月18日(100日)、5月18日(100日)、6月18 日(400日)、8月24日(4000日)、9月20日(300日)、10月19日(400日)、11月7日(6000日)、12月19日(4000 日)

浅草寺・ほおずき市の起源「いつから始まったのか?」

浅草寺・ほおずき市が始まったのは、今から約200年ほど昔の1764年から1771年(明和年間/江戸時代)と云われています。

浅草寺・ほおずき市古来から、江戸(東京)では7月13日がお盆の始まりの日とされています。

そのお盆と言えば、先祖の霊魂が家へ帰ってくる日です。

このことから、昔から賑わいをみせていた浅草寺で、お盆の準備の1つとして「ほおずき業者」が「ほおずき」を売りに出したのが起源と云われています。

しかし、「ほおずき市」のもともとの起源は「東京都港区愛宕一丁目」にある「愛宕神社」が起源(発祥)であるとされています。

愛宕神社から江戸一の賑わいを誇っていた浅草寺へ伝来して、浅草寺のほおずき市の方が、広く知られるようになり、いつにしか「ほおずき市は浅草寺」と言われるようになっていったと思われます。

浅草・浅草寺 ほおずき市 日程(開催時間)

開催日程(例年、曜日関係なく同じ)

  • 7月9日
  • 7月10日
開催時間

  • 9時から22時頃まで
    (浅草寺の本堂の営業時間は6時から20時まで)
開催場所

  • 浅草寺の境内および、その周辺・付近
天候に起因する開催具合

  • 暴風大雨の場合は中止
  • にわか雨・通り雨は一時中止
  • 小雨は続行
ご利益

  • 7月10日のみ46000日分のご利益
住所

  • 東京都台東区浅草2-3-1
ほおずき市の問い合わせ先(電話番号)

  • 03-3842-0181(浅草寺)
    ※日曜祝日除く。午前10時~午後4時まで
駐車場

  • 浅草寺に駐車場はありません。

 浅草寺の周辺・付近の駐車場に関しては、当サイトの以下↓の別記事でご紹介していますのでソチラをご覧下さい。

浅草寺・ほおずき市の屋台の種類と出店時間(開店・閉店時間)

浅草寺・ほおずき市の屋台の種類・出店時間

ほおずきの露店の種類

ほおずき市の露店(屋台)では、当然、ほおずきが売られていますが、販売されている「ほおずき」にも種類があります。

  • 普通の鉢植えのほおずき
  • ほおずきの果実
  • ほおずきの手折りの枝(果実付き)
  • ほおずきの実(袋詰め)
ほおずきの露店の営業時間

8時頃から22時頃まで(23時頃まで出店いる露店も有り)

ほおずき市の屋台の種類

他にも、お祭り定番の屋台も出店してます。

  • かき氷
  • フランクフルト
  • フライドポテト
  • バナナチョコレート
  • からあげ
  • カステラ
  • 金魚すくい

など他、多数です。

ほおずき市の屋台の営業時間(出店時間)

屋台の出店時間は、ほおずきの露店の時間よりも少し遅くまで出店しています。

基本的な営業時間は8時前から22時頃までです。

つまり、屋台の営業時間は、ほおずきの露店の時間に合わせて営業していると言えます。

ほおずき市で販売されている「ほおずき」の種類と値段(価格)

ほおずき市には、たくさんの露店が出店しています。

クソほど金欠で「ほおずき市」へ来てしまった場合、おそらくクソほど安い露店を、クソほど歩き回って探し回ることでしょう。

しかし、どの露店へ入っても思うハズです。

「チっ、どこも値段が一緒じゃねーかよ」

・・と。

実は、露店で販売されている「ほおずき」の値段は、どこの露店も均一に定められているそうです。

つまり、あとは品質の問題になってくるワケです。

ただ、話はしてみるもので、どうも値引き交渉ができるようです。

あとは、あなた次第と言うことですね。ウフ

「ほおずき市」で販売されている「ほおずき」の種類

ほおずきの鉢と風鈴のセット(1鉢)

  • 2500円
ほおずきの手折りの枝(果実付き)

  • 1000円
ほおずきの実1つ(竹ひご付き)

  • 50円
ほおずきの実・しこたまパック

  • 500円

この中でも、1番多く販売されているのが「ほおずきの鉢と風鈴のセット」です。

ほおずき市での郵送の取り扱いについて

浅草寺・ほおずき市の各・露店では、郵送での取り扱いもしています。

配送業者はクロネコ宅急便です。

ただし、当日の発送で指定の住所へ送りたい場合は、当日発送の締切時間に注意しなくてはなりません。

ほおずきの値段・郵送

発送料金(郵送料金)

  • 約900円ほど(梱包方法によって異なる)
当日発送の締切時間

  • 18時頃から19時頃まで

※露店により若干、異なるようです。

配送業者

  • クロネコ(ヤマト宅急便)

これで遠方から来られても安心ですね。

なお、ほおずき市で出店している露店は9日から販売を開始して、売り切れると露店を閉めてしまいます。

10日の正午から夕方までには売り切れの露店も続出するので、できるだけ早めにお買い求めください。

浅草寺・ほおずき市の「混雑状況・混雑回避方法」

ほおずき市は浅草寺と言う混雑必須のロケーションで開催されていますので、混雑を回避する方法は限られてきます。

唯一、混雑を回避方法としては、露店が開店を迎える前(7時30分頃)に浅草寺へ入り、露店が準備中の段階から「ほおずき市」を物色することです。

物色して目星を付けた露店が、午前8時のオープンするのと同時に買いあさります。

その後は浅草寺でお参りをして、限定のお守りと御朱印を授かって帰ります。

もう1つの混雑回避方法は「夜19時以降へ浅草寺へ入ること」です。

この時間帯になると、さすがに帰宅する人が増えるので混雑層が薄くなります。

しかし、21時頃に近づくにつれて、会社帰りの会社員やOLなどもポツポツと現れだします。

そのため、少しだけ混雑層が濃くなるように感じられますが、昼間と比べると雲泥の差です。

浅草寺・ほおずき市の風鈴の理由

ほおずき市へ行くと、いやと言うほど風鈴が吊るされています。

ほおずき 風鈴そして、その風鈴の下に「ほおずきの鉢」が吊られて販売されているのを見かけます。

おそらく、どの露店を見回しても、だいたい「ほおずき」には「風鈴」が付いていると思われます。

実は、ほおずき市で販売されている「ほおずき」は、なんと!「風鈴」とセットで販売されているようです。

そして、風鈴を吊るすのには理由があるそうです。

  • 邪気(悪い気)を払うため
  • 暑さ避けのため(清涼効果)

特に浅草寺のほおずき市の露店の店主の方々は、生粋の江戸っ子商人たちです。

江戸時代の当時では江戸切子を代表とした「ビードロを使用したガラス細工」が流行していました。

現代でも、江戸時代からの伝統に則って、ビードロで作られたガラスの風鈴か、それに似せた風鈴が販売されているものと思われます。

そして、この風鈴も古来からの「ほおずき市」を構成する伝統の1つであると言えます。

浅草寺・ほおずき市の限定のお守り

「ほおずき市」の目玉は「ほおずき」だけではありません。

浅草寺では、ほおずき市の日程(7月9日・7月10日)のみ、授与している限定のお守りがあります。

その限定のオリジナルお守りを「雷除守り」と言います。

三角に折りたたまれた紙に竹ひごが付いたお守りです。

ほおずき市・雷除け

  • 雷除守りのご利益:雷除け・邪気祓い・家内安全
  • 雷除守りの値段:500円

浅草寺・ほおずき市の御朱印の種類

何せこの日は、浅草寺にとってもご本尊様と縁の深い日です。

したがって、お守りだけではなく「ほおずき市」の期間限定の御朱印も授与していただけます。

通常の御朱印との違いは「四万六千日」と言う印が左上に押印されています。

ほおずき市の御朱印の種類

ほおずき市の御朱印をいただける場所

  • 浅草寺の境内「影向堂」
ほおずき市の御朱印の値段

  • 300円

最後に・・

浅草寺・ほおずき市は、夏の風物詩の1つとなっており、会社帰りのOLなどは、わざわざ浴衣に着替えて「ほおずき市」へ訪れるそうです。

この日は浅草寺の周辺・付近の着物レンタル店でも、特価で浴衣のレンタルもしています。

ほおずき市と言っても、屋台もたくさん出店しますので一種のお祭りのようなものです。

女性の方は、浴衣に着替えて行くと、いつもとは違った自分に出会えて、いつもとは違った思い出深いお祭りになるかもしれませんよ。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ