【限定御朱印多し!】東京・浅草神社の御朱印の「種類(三社祭・御朱印)・値段・場所・営業時間・混雑状況」

スポンサードリンク

【限定御朱印多し!】東京・浅草神社の御朱印の「種類(三社祭・御朱印)・値段・場所・営業時間・混雑状況」

昨今の御朱印ブームによって、近年ではたくさんの参拝者が御朱印帳を持って、境内の授与場所に訪れます。

そしてココ、東京・浅草神社でも「御朱印(ごしゅいん)」をもらうこと(授与)ができます

以下では、浅草神社の御朱印の種類や値段、拝受できる時間(営業時間)や混雑状況も併せてご紹介しています。

浅草神社の御朱印の種類・値段(初穂料)一覧

浅草神社の御朱印は、以下の日程で「期間限定バージョン」になり、押印が増えたり印の色が変わったりします。

注意点としては浅草神社の御朱印は基本的に「一枚紙でもらえる(授与していただける)御朱印」と、「一枚紙でもらえない御朱印」があります。

一枚紙でもらえない御朱印は概ね期間限定の御朱印となり、この場合は御朱印帳が必要になります。

御朱印帳を所持しておられない方は浅草神社でも御朱印帳を購入することができます。

浅草・浅草神社の御朱印帳の「種類(大きさ)・値段・場所・営業時間(混雑具合)」

 

東京・浅草神社の一般的な御朱印

浅草神社では、通常、3種類の御朱印を授与していただくことができます。

  1. 「浅草神社」と中央に墨書きされた御朱印
  2. 「恵比須」と中央に墨書きされた御朱印
  3. 「被官稲荷神社」と中央に墨書きされた御朱印

その他に、後述するような三社祭を代表とする期間限定の御朱印が数種類あります。

浅草神社の基本の御朱印

中央に「奉拝 浅草神社」 日付の墨書きがある御朱印です。ウフ

朱印は右上に「浅草三社」神紋と、左下に「篆書体(てんしょたい)」で彫られた「浅草神社」の押印があります。浅草神社 御朱印

  • 「浅草神社の通常」の御朱印の授与期間:通年
  • 「浅草神社の通常」の御朱印の値段(初穂料):500円

「浅草名所七福神(大黒天)」の御朱印

浅草名所七福神」は「あさくさなどころしちふくじん」と読み、浅草にある9か所の寺社で「七福神めぐり」ができます。

本来はお正月の行事ですが1年中、受け付けてもらえるので自分のペースで行ってみましょう。

浅草神社の恵比寿像は参拝者からは見えませんが、しっかりとお参りをして御朱印をいただきましょう。

お隣の浅草寺には「大黒天像」が祀られており「大黒天の御朱印」がいただけます。

中央に「奉拝 恵比須」日付の墨書きと「恵比寿神」と篆書体で彫られた神紋と恵比寿さんが持つ魚カゴの絵柄の朱印が押印されています。

右上には「浅草名所七福神」の押印があり、左下には上記と同じ「浅草神社」の篆書体の押印があります。浅草神社 御朱印 えぶす

  • 「浅草名所七福神」の御朱印の授与期間:通年
  • 「浅草名所七福神」の御朱印の値段(初穂料):500円

 

浅草神社の限定の御朱印

「三社祭」の御朱印

三社祭の御朱印は2016年から見開きとなり、神輿の金印が追加されました。
三社祭の開催日程はホームページなどで確認できます。

浅草神社・三社祭の御朱印 三社祭の御朱印03

  • 「三社祭」の御朱印の授与期間:5月17日・18日に近い金曜日から日曜日の3日間
  • 「三社祭」の御朱印の値段(初穂料):500円

「初詣」の御朱印

朱印の色が変わり、通常の朱色から「金色の印」になります。初詣の御朱印

  • 「初詣」の御朱印の授与期間:1月1日~7日
  • 「初詣」の御朱印の値段(初穂料):500円

【2月3日節分】期間限定の御朱印

浅草神社の2月3日に執り行われる例祭、「節分祭」の期間限定で授与される御朱印になります。

朱印の右下には「福豆」のかわいい絵柄の押印がされています。

節分祭の神事の後、15時頃から境内、神楽殿(かぐらでん)にて巫女さんによる巫女舞を奉奏されますので、是非!神楽殿へ!

巫女舞奏上の後に、お待ちかねの豆撒きが神楽殿にて開始されます。

  • 「節分祭」の御朱印の授与期間:2月3日
  • 「節分祭」の御朱印の値段(初穂料):500円

【2月17日・祈年祭限定】特別御朱印

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

一枚紙での授与はされていないとのことですので、ご注意ください。(御朱印帳が必要になります。)

【3月3日期間限定】ひなまつりの日の御朱印

3月3日(ひなまつり)を祝う浅草神社限定の御朱印です。

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

一枚紙での授与はされていないとのことですので、ご注意ください。(御朱印帳が必要になります。)

【3月17日・18日限定】「観音様示現会の日の御朱印」

示現(しげん)」とは、観音様が衆生を救済するために3月17日・18日に現世に降臨されることです。その際、観音としての姿ではなく、救済する対象によって姿を変えます。

よって例えば、今まさに目の前に踏んづけかけのアリんコがいたとして、地面と靴底の間約0.5ミリという究極の距離の状態で「まさか!!!!」などと察したのであれば、それはカンが冴えています。まさにそのアリんコこそが観音さまの権化の可能性もあるわけです。ふゥ~~…危っ。あやうく地獄

尚、浅草神社のこの示現会はお隣の浅草寺の縁日である3月17日・18日に因む行事であり、浅草寺の観音様の縁日を祝う日でもあります。

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 「浅草寺本尊示現会」の御朱印の授与期間:3月17日・18日
  • 「浅草寺本尊示現会」の御朱印の値段(初穂料):500円

一枚紙での授与はされていないとのことですので、ご注意ください。(御朱印帳が必要になります。)

最終日(18日)の夕方から境内にて御神輿の庫入れがあるようなので、御朱印の拝受を希望される方は時間内に訪れる必要があります。

尚、御朱印を拝受される際のエチケットの1つとして、最低30分前には授与所の前に到着して、御朱印帳を窓口に出しているのが理想的です。

端午の節句(5月5日)期間限定御朱印

 

浅草神社の端午の節句(こどもの日となる5月5日)に限定で授与される御朱印です。

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

一枚紙での授与はされていないとのことですので、ご注意ください。(御朱印帳が必要になります。)

「夏詣」の御朱印

2014年に始まった、新しい行事です。期間中は様々なイベントが催されます。x草富士浅間神社の御朱印・夏詣02

  • 「夏詣」の御朱印の授与期間:6月30日・7月1日~7日
  • 「夏詣」の御朱印の値段(初穂料):500円

7月7日・七夕の日限定の御朱印

上記の夏詣の御朱印と同時に授与することもできます。少し重複するのでややこしいですが、その分多くの期間限定の御朱印が授与できますので、是非!7月7日は浅草神社に訪れて祈願してみてください。

遠方から浅草へ訪れる方も是非!できるだけ7月7日に予定を合わせてお越しください。

 

 

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

隅田川花火の限定の御朱印

浅草寺の付近に位置する隅田川では例年、7月最終週の土曜日もしくは8月初旬に岸辺で「隅田川花火大会」が実施されています。

この隅田川花火大会の開催を祝って浅草神社でも期間限定の御朱印が授与されます。

尚、浅草神社ではこの隅田川花火の御朱印を「平成28年は7月30日」、「平成29年は7月29日」に授与されています。

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

【9月9日限定】浅草神社・重陽の節句の期間限定の御朱印

浅草神社では9月9日に「重陽の節句(ちょうようのせっく)」の神事が執り行われます。

重陽とは、1年間の節目を5つに分けた五節句の1つのことで、 旧暦では菊が咲く季節とされたことから別名で「菊の節句」とも呼ばれています。

古来、奇数が重なる日は縁起が良い日とされてお祝いされたようです。よって9月9日はまさにその奇数が重なる日となり、はたまた「9」の次は「10」ということで奇数で最大の数字となることから特にご利益がある日とされています。

尚、この9月9日に神仏に対して真摯に祈願することで、健康長寿や一家繁栄・運気上昇が期待できるとのことです。

  • 拝受できる時間(授与所受付時間):9時〜16時30分
  • 御朱印の値段:500円

浅草神社「新嘗祭(にいなめさい)」の期間限定御朱印

浅草神社の新嘗祭で授与される限定の御朱印です。新嘗祭は朝10時に執り行われます。

御朱印の右下に漢字の羅列の押印がありますが、これは新嘗祭で神職の方が御神前で読み上げる祝詞(のりと/神社で唱えるお経のようなもの)の一文のようです。

  • 頒布期間:11月23日の9時15分から16時30分まで
  • 授与場所:境内社務所
  • 値段:500円

この御朱印も半紙一枚書きの授与はされておらず、御朱印帳を用意する必要があります。

この新嘗祭の御朱印を授与すると、祈祷を受けた御神徳たっぷりの稲穂もオマケとして授与していただくことができます。
この他、境内・神楽殿では巫女さんによる伝統の巫女舞を観ることもできます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






過去のイベント行事での御朱印

「日光詣御朱印ラリー」の御朱印

東武鉄道の駅売店や、東武グループツーリストプラザ、特急スペーシア車内で販売されている、専用の御朱印帳が必要です。 日光詣御朱印ラリー 浅草神社 御朱印

  • 「日光詣御朱印ラリー」の御朱印の授与期間:2016年12月31日まで開催
  • 「日光詣御朱印ラリー」の御朱印の値段(初穂料):500円

開運八社さんぽ・東京福めぐりの御朱印

2016年7月に始まった企画で、御朱印をいただくには、都営地下鉄浅草線沿いの8つの神社を巡るための専用の「折帖(おりちょう)」を購入する必要があります。
折帖の各ページに神社の名前が印字されており、神社ではその上に朱印をいただきます。東京福めぐり専用御朱印帳東京福めぐり 御朱印帳

徳川家康公奉斎四百年記念の御朱印

2015年には「徳川家康公奉斎四百年記念」の御朱印ラリーもありました。
今後もイベント限定の御朱印に期待しましょう!徳川家康公奉斎四百年記念 浅草神社 御朱印

  • 「徳川家康公奉斎四百年記念」の御朱印の値段(初穂料):500円

浅草神社の御朱印授与所の「営業時間・値段(初穂料)・授与場所・混雑状況」

  • 授与所の場所:浅草神社社務所 ※拝殿の隣にあります
  • 営業時間:9時~16時30分
  • 値段(初穂料):各500円

浅草神社の御朱印の授与場所は本殿を向かい見て右隣にある授与所(社務所)になります。

営業時間は9時~16時30分です。

⬆️浅草神社の社務所の外観

浅草神社で御朱印を授与する際の混雑状況について

浅草神社は普段の日は混雑することはありません。

しかし浅草神社の社務所は、お隣の浅草寺の社務所ほど大きくはないので、浅草最大の例祭「三社祭」やイベント行事がある時は、行列が出来てしまい待ち時間が発生します。

並ぶ際は、他の参拝者や係の方の迷惑にならないように静かに待ちましょう。

 

三社祭に関しての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

東京・浅草神社に関係する御朱印

【その1】浅草・被官稲荷神社の御朱印

浅草神社の社殿の最奥(北東)には「被官稲荷神社(ひかんいなりじんじゃ)」と呼称される神社があります。

被官稲荷神社この神社でもなんと!御朱印を授かることができます。

被官稲荷神社の御朱印の種類は1種類のみで、御朱印・お守り・祈祷の申し込みは、浅草神社の社務所で受け付けてもらえます。

  • 被官稲荷神社の御朱印の値段:500円

被官稲荷の御朱印は通常時でも授与していただけますので、浅草神社の境内で授与できる御朱印の種類が1種類増えることになります。(合計3種類)

中央に「奉拝 被官稲荷神社」日付の墨書きがあり、被官稲荷神社の神紋の押印があります。

左上に「東京浅草」の押印があり、その下に可愛いらしぅぃ~狐が2匹彫られた押印があります。

左下には「被官稲荷神社」の押印があります。被官稲荷神社 御朱印

ちなみに被官稲荷神社の「被官(ひかん)」とは「官を被(こうむ)る=恩恵を受ける」と言う意味合いがあります。

1855年(安政2年)に京都の伏見稲荷神社(現・伏見稲荷大社)の御祭神の分神を、東京・浅草の当地に遷してきたそうです。

被官稲荷神社のご利益

被官稲荷神社は、就職や出世にご利益があるとのことです。

【その2】浅草富士浅間神社の御朱印

浅草神社を出て、二天門から徒歩6分ほど歩くと「浅草富士・浅間神社」と呼称される神社が出てきます。

浅草富士・浅間神社の場所(地図)

この神社は普段は無人で、社務所が開くのは通常、「初詣」「植木市」「夏詣(山開き)」のみです。

これらの期間中にのみ、なんと!現地で限定の御朱印をいただけます。

つまり、期間限定の御朱印と言うことになります。

浅間神社「初詣」の御朱印

 

  • 初詣の御朱印の授与期間:元旦(1月1日)から1月3日まで
  • 初詣の御朱印の値段:500円
  • 授与場所:浅草富士浅間神社「境内社務所」
浅間神社「植木市」の御朱印

浅草富士浅間神社の御朱印

  • 植木市の御朱印の授与期間:5月最終土日、6月最終土日
  • 植木市の御朱印の値段:500円
  • 授与場所:浅草富士浅間神社「境内社務所」
浅間神社「夏詣」の御朱印

浅草富士浅間神社の御朱印・夏詣01

  • 夏詣の御朱印の授与期間:7月1日~7日
  • 夏詣の御朱印の値段:500円
  • 授与場所:浅草富士浅間神社「境内社務所」
浅間神社の通常の御朱印

なお、浅草富士浅間神社の社務所が閉まっている時には、浅草神社で「通常バージョンの御朱印」をいただけます。

中央に「奉拝 浅草富士浅間神社」・日付の墨書きと、浅草富士浅間神社の神紋の押印があります。

右上には「東京浅草」 の押印があり、その下に浅草富士浅間神社のお守り「麦藁蛇」の朱印が押されています。

右下には「浅草富士浅間神社」の押印があります。

浅草富士浅間神社の御朱印0

  • 通常の御朱印の授与期間:7月1日~7日
  • 通常の御朱印の値段:500円
  • 授与場所:「浅草富士浅間神社の境内社務所」or「浅草神社の境内社務所」

【補足】初穂料とは?

祈祷やお祓いなどをしてもらった際に支払う料金は、普通、「初穂料(はつほりょう)」と呼びます。

昔は、神事の際にお金ではなく農作物を奉納していたので、こう呼ばれています。

同様に、お守りや御朱印も「買う」ものではなく「授かる」もので、代金も「値段」ではなく「初穂料(はつほりょう)」と呼ぶことがあります。

まずはキチンとお参りし、神様にご加護をお願いしてから御朱印をいただきます。

御朱印帳を持参するか、その場で購入しましょう。

なお、授与場所にもよりますが御朱印帳は預けることができ、その間に参拝することもできます。

御朱印は、授与場所の受付の方が1つ1つ心を込めて書いてくださるので、丁寧にお願い・お礼の言葉を述べましょう。

浅草神社へのお問い合わせ先

住所:東京都台東区浅草2丁目3−1
電話番号:03-3844-1575
営業時間(拝観可能時間):9時から16時30分まで(社務所が留守の場合がありますので電話してみてください。)
定休日:年中無休
浅草神社のURL:http://www.asakusajinja.jp/asakusajinja/

 

浅草神社のお守りや御朱印帳の種類に関しては以下の別ページにてご紹介しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ