東京・浅草神社の見所(見どころ)と「こち亀の碑」って何??

スポンサードリンク

東京・浅草神社の見所(見どころ)と「こち亀の碑」って何??

浅草と言ったら浅草寺!・・と、いうことで、隣にある浅草神社を忘れてしまっていませんか?

三社祭や結婚式などのイベントがない日は浅草寺ほど賑わいませんが、せっかくですから是非、訪れてみてください。

見どころをピックアップしてご紹介します!

浅草神社の境内・社殿群

浅草神社・本殿(幣殿)【重要文化財】

浅草神社・本殿

創建年

  • 不明
  • 推定:1649年(慶安2年/江戸時代前期)
再建年(大修繕)

  • 1963年(昭和38年)
建築様式(造り)

  • 三間社流造
屋根の造り

  • 銅板葺
重文指定年月日

  • 1946年(昭和21年)11月29日
発願者

  • 徳川家光

浅草神社・拝殿【重要文化財】

浅草神社・拝殿

創建年

  • 不明
  • 推定:1649年(慶安2年/江戸時代前期)
再建年(大修繕)

  • 1963年(昭和38年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 一重
屋根の造り

  • 本瓦葺
大きさ

  • 向拝:三間(約6m)
  • 梁間:三間(約6m)
重文指定年月日

  • 1946年(昭和21年)11月29日
発願者

  • 徳川家光

社殿とは神社の建物の総称ですが、浅草神社の場合は、本殿・幣殿(へいでん)・拝殿(はいでん)をまとめてこう呼びます。

1649年に、江戸幕府の3代将軍徳川家光によって寄進・建立された社殿で、江戸時代の度重なる火災、関東大震災、そして東京大空襲による被害を免れ、今日まで奇跡的にその姿を留めています。

ちなみに浅草寺の雷門は、江戸時代に少なくとも3度、火災で焼失しています。

本堂や五重塔、宝蔵門も東京大空襲で焼け、それぞれ、戦後やっと再建されました。

これらと比べると、隣に建つ浅草神社の社殿が江戸時代から今まで残っていることは、奇跡と言っても言い過ぎではないですよね。

1951年には、国の重要文化財に指定されました。

建物自体ももちろん立派ですが、色鮮やかな鳳凰(ほうおう)、麒麟(きりん)、飛龍(ひりゅう)の絵にも注目してみてくださいね。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






鳳凰

浅草神社 鳳凰古来中国で、すぐれた知恵と人格を持った王の代に現れるとされた、クジャクのような5色の羽を持つ想像上の鳥です。
もともとは亀の背中や魚の尾など、超現実的な姿とされますが、ほぼ普通の鳥のように描かれることが多い様です。
日本では、おめでたい柄として用いられています。

身近なところでは、一万円札に描かれています。

麒麟

浅草神社 麒麟想像上の動物で、優れた王が現れると出現すると言われていました。
胴体は鹿に似ていて、頭には角があり、馬のようなひづめを持ち、背中の毛は5色に輝くとされています。
キリンビールのラベルや缶に描かれているのはこれですね。

飛龍

浅草神社・鳳凰こちらも想像上の生き物で、その名の通り、空を飛ぶ龍です。
浅草神社に描かれているのは、翼を持ち、短い胴の、日本人にはあまり馴染みのない姿ですが、鋭い爪と長い胴を持つ、よく見る龍の姿で描かれることもあります。

浅草神社・「夫婦狛犬(めおとこまいぬ)」

浅草神社の鳥居をくぐると、すぐ右手の奥の方に、2体並んで「相合傘」を差した狛犬がいます。

浅草神社・「夫婦狛犬」狛犬は普通、社殿の前に参道を挟むようにして配置され、魔除けとなるものなので、2体が並んでいるのは珍しいことです。

表情はややミステリアスで、決してかわいいものではありませんが、仲良く並んで1つの傘の下に収まっている様子は何とも微笑ましいものです。

お参りすれば、良縁や夫婦円満を叶えてくれるかもしれません。

浅草神社・「こち亀の碑」

浅草神社には、「友情はいつも宝物」と書かれた大きな石碑が立っています。

こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑これは、なんと漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の石碑です。

「こち亀」の1万3000部発行記念として、2005年に建てられました。

神社には不釣り合いと感じるかもしれませんが、実は浅草は主人公、両津勘吉(両さん)の故郷で浅草神社は漫画にも登場するんです。

石碑のモチーフとなったのは、両さんが小学生の頃の友情にまつわるエピソードを描いた「浅草物語」です。

「こち亀」の中でも、人気エピソードを選ぶ投票が行われる度に1位を獲得するほど人気かつ有名な話なんですよ。

この話にちなみ、石碑には人を思いやることの大切さや、子どもたちが夢を持って健やかに育つようにという願いが込められています。

こち亀のタイムカプセルの石碑

こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑タイムカプセル 浅草寺の境内にはもう1つ「こち亀」の石碑があります。

その石碑と言うのが「タイムカプセル」です。

この石碑の下に2000年に読者から寄せられた「夢の手紙」が埋められています。

いつ頃、オープンされるのかは未定となっています。

気になったあなたは、石碑と共に漫画もチェックしてくださいね。

こち亀の石碑の詳細に関しては、当サイトの別記事にてご紹介しておりますのでソチラをご覧下さい。↓

・浅草・浅草寺(浅草神社)「こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ