浅草・浅草寺「二天門」【重要文化財】

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「二天門」【重要文化財】

二天門
創建年

  • 1618年(元和4年)
再建年

  • 1649年頃(慶安2年頃)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 本瓦葺
  • 八脚門
大きさ

  • 三間一戸(約5.5m)
重文指定年月日

  • 1946年(昭和21年)11月29日

浅草寺・二天門の読み方

浅草寺の境内には、読みにくい名前の仏像やお堂が立ち並んでいますが「二天門」は、「にてんもん」と読みます。

浅草寺「二天門」の役割り

浅草寺で門といえば、雷門が有名ですが、本堂の東側には「二天門」という名の門がひっそりと建っています。

この門にも「二天門」と書かれた大きな赤い提灯がぶらさがっていますが、雷門付近の賑やかさとは打って変わって、二天門の近くは静まり返っています。

この「二天門」は、もともとは浅草東照宮の「随身門(ずいじんもん)」でした。

随身門とは、神社で外からの敵の侵入を防ぎその聖域を守るために門の左右に守護神の像を置いた門です。

浅草寺・二天門の建築様式(造り)・特徴


スポンサードリンク -Sponsored Link-






屋根は切妻造りで「本瓦葺(ほんかわらぶき)」です。

木造の八脚門は朱色に塗られています。

三間一戸(さんげんいっこ)の門で、柱の間は三間あり、その真ん中に出入口が一つあります。

出入口の両隣の間には二天の像が置かれていることから「二天門」と名付けられました。

門の造りは八脚門となっており、本柱の4本以外に門の前後に柱が4本ずつ合計で12本で構成されている格好の門となります。

浅草寺・二天門の歴史・由来

一説によると、1618年(元和4年)、この土地に浅草東照宮が置かれた時に一緒に建てられた門だと言われています。

東照宮自体は、1642年(寛永19年)に焼けてしまい、その後、「江戸城紅葉山」に移されました。

現在の二天門は、1649年(慶安2年頃)に再建されたものだと言われています。

第二次世界大戦の時にも、この門はなんとか戦火をまぬがれ、浅草寺に残る最も古い建造物の1つとなっています。

現在は国の重要文化財に指定されています。

浅草寺・二天門「二天像」

二天門が、随身門と言われていたころ、門には2体の神の像がまつられていました。

「豊岩間戸命(とよいわまどのみこと)」と「櫛岩間戸命(くしいわまどのみこと)」の2神です。

しかし、明治時代、1868(明治元)年に神仏分離令がくだされたことにより、この2神は廃止(廃仏)されました。

そのため、鶴岡八幡宮から二天像、仏教の守護神と言われる四天王のうちの「広目天(こうもくてん)」と「持国天(じこくてん)」の像を奉納してもらいました。

浅草寺・二天門・仏像↑浅草寺「二天門」増長天浅草寺・二天門・仏像02↑浅草寺「二天門」持国天

この時に、「二天門」の名が新たにつけられたのです。

現在は、太平洋戦争後、徳川家綱の墓所である東京・上野の「寛永寺・厳有院」から譲り受けた、増長天(ぞうちょうてん)と持国天が安置されています。

増長天も持国天も、四天王のうちの一人です。

増長天、持国天はともに、邪鬼を踏んでいます。

どちらも江戸時代に造られたもので色はほとんどはげていますが、増長天は赤色、持国天は青色の像です。

甲冑を着たインド式の像になっています。

目はつり上がり、一見怖い像なのですが、よくよく見ると感情的に怒られているというよりも諌められているような気持ちになり、二天像からは、そのおそろしさの中に正義が感じられます。

くじけそうな時は、この二天像に一喝してもらいに行くとよいでしょう。

浅草寺・二天門 場所

浅草寺の二天門は、仲見世・宝蔵門から浅草寺境内へ入った東側(右側)の門になります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ