浅草・浅草寺「二尊仏」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「二尊仏」

二尊像

造立年

  • 1687(貞享4)年
像高

  • 約2.4m
  • 台座の高さ:約2.1m
材質

  • 銅製
  • 鍍金加工
作者

  • 太田正儀(仏師)

「二尊仏」の名前の由来と別名

雷門から、仲見世を通り宝蔵門へ向かう途中、ちょうど宝蔵門の右手前の辺りに「2体の仏像」があります。

これを「二尊仏」と言い「にそんぶつ」と読みます。

左で合掌しているのが「勢至(せいし)菩薩坐像」。

右で手をあげて、何かを持っているのが「観音菩薩坐像」です。

お堂も屋根も無く、屋外に安置されたこの仏像は、雨の日も、雪の日もその体を濡らしてしまうので、別称「濡れ仏」とも呼ばれています。

雨風にさらされて、年々その肌の色を変えていく様がまるで生きておられるようにも感じられます。

そんな姿も人々の信仰を集める理由の1つとなっているのでしょう。

「二尊仏」と「仏師・太田正儀」

「二尊仏」は、高さは約2.4メートルで下の蓮台も含めると、なんと!4.5メートルにもなります。

「二尊仏」は、1687年(貞享4年/江戸時代)に造立された金銅の仏像(銅製・鍍金加工)で、江戸、神田鍋町の仏師・太田正儀(おおたまさのり)・・「通称・太田久衛門」が造ったものです。

実は、太田正儀の造った仏像は、浅草寺だけではなく、関東にいくつか残っているようです。

その中でも特に有名なのが「巣鴨の地蔵東京都豊島区巣鴨真性寺)」です。

巣鴨の地蔵他にも、「江戸六地蔵」と呼ばれる仏像のうちの5つが、太田正儀の作品です。

二尊仏が造立された理由

群馬県舘林藩出身の高瀬善兵衛(たかせぜんべえ)と称す人物がおり、この人物は江戸の日本橋伊勢町の米問屋・成井家に奉公しておりました。

高瀬善兵衛は、奉公していたにも関わらず「成井家の主人にお世話になった」と言う感謝の意から二尊仏を造立しました。

二尊仏のうちの1尊である「観音菩薩像」は主人であった成井善三郎を弔うために造立されました。

一方、勢至菩薩像の方は、智恵の光で人々を照らし続けるという菩薩様であり、善兵衛の「子供たちの未来」と「米問屋の未来」、「末代までの繁栄」を願って造立されました。

仏像を造立した善兵衛の高瀬家はその後、船にまつわる商売をはじめ「利根川の水は尽きたとしても、高瀬の財産は尽きることがない」と言われるほどの繁栄をみせます。

一方、米問屋の成井家は、その4、5代あとに没落していったようです。

自分自身の信仰心がなければ、あまりご利益がないのでしょうか。

誰かに繁栄を願ってもらう、まさに「他力本願では効力がない」ということなのでしょう。

浅草寺・二尊仏の場所

宝蔵門の向かって右手前、久米平内堂の真後ろ、弁天堂のちかくに位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ