浅草・浅草寺「諸碑(石碑群)」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「諸碑(石碑群)」

浅草寺の境内にはたくさんのお堂がありますが、それ以上によく見られるのが石碑です。

石碑がたくさんあるということは、それだけ古来から浅草寺に何らかの関わりを持った人の多さを物語ります。

浅草寺参拝の際には、故人や歴史を偲び、諸碑をめぐってみるのもいいかもしれませんね。ウフ

松尾芭蕉の句碑

松尾芭蕉の句碑

  • 場所:弁天山(「時の鐘」の付近)
  • 建立年:1796年(寛政8年)

松尾芭蕉の句「くわんをんの いらかを見やりつ 花の雲」が書かれた石碑は、年月が経ち、その文字は読めなくなっています。

本来は、句の下に芭蕉の座像が描かれていたようですが、これも判断できず、一見すると「ただの大きな石」です。

芭蕉は他にも「花の雲 鐘は上野か 浅草か」という有名な句を残しています。

そのゆかりで「時の鐘」の近くにこの石碑が建っているのでしょう。

添田亜蝉坊の碑

添田亜蝉坊の碑

  • 場所:弁天山・時の鐘近く
  • 建立年:1956年(昭和31年)

添田亜蝉坊は「そえだあぜんぼう」と読みます。

浅草で活躍した演歌家・添田亜禅坊の「つきいだす 鐘は上野か 浅草か~」の歌詞が刻まれています。

浅草の会・東京作家クラブによって建てられたものです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






旧・五重塔跡の石碑

旧・五重塔跡の石碑

  • 場所:宝蔵門の右側
  • 建立年:1968年(昭和43年)年頃

現在は雷門から見て、宝蔵門の左側に建てられている五重塔ですが、本来は反対の位置、右側に建てられていました。

本来建っていた場所に、今では石碑が置かれているのです。

現在の五重塔の工事開始時期か、それ以降に置かれたものだと考えられます。

鳩ポッポの歌碑

鳩ポッポの歌碑

  • 場所:本堂左を南に下がる
  • 建立年:1900年(昭和33年)

作曲・滝廉太郎、作詞・東くめの童謡「鳩」の歌詞が書かれています。

その碑にはレプリカの鳩がとまっています。

作詞家の東くめが、浅草寺で鳩を追いかけて遊ぶ子ども見て、鳩ポッポの歌詞を書いたことからここに碑が建っているのです。

消防殉職者表彰碑

浅草寺 消防殉職者表彰碑

  • 場所:本堂裏
  • 建立年:1916年(大正元年)

消防殉職者の碑は、「しょうぼう じゅんしょくしゃのひ」と読みます。

何度も火事にみまわれた浅草寺の、本堂裏にある石碑には、幕末の火消しや消防隊員の殉職者たち120名の名前が刻まれています。

5月25日の午後11時から、この場所で慰霊祭が開かれ、町火消しの梯子(はしご)乗りを見ることができます。

幇間塚の碑

幇間塚の碑

  • 場所:鎮護堂境内
  • 建立年:1963年(昭和38年)

幇間塚の碑は「ほうかんづか」の碑と読みます。

男芸者である幇間の供養塚です。

浅草生まれの俳人・久保田万太郎の句が刻まれています。

鎮護堂は別名「おたぬきさま」と呼ばれ、太鼓持ちである幇間者に信仰されていました。

新奥山の諸碑

新奥山の諸碑

  • 場所:新奥山
  • 境内の西側、淡島堂の南にある新奥山にはたくさんの碑が建っています。

正岡子規の句碑や、浅草の観光に尽力した人々の碑、歌人の碑、書家の碑…、石碑マニアにはたまらない場所かもしれませんが、数が多すぎるので一般の人なら素通りしてしまいそうです。

力石・熊遊の碑

力石・熊遊の碑

  • 場所:新奥山の南
  • 建立年:1874年(明治7年)

力石・熊遊とは「ちからいし くまゆう」と読みます。

力くらべに使われた石で、熊次郎という男が375㎏の石を持ちあげた記念に建てられたものです。

力石・熊遊の碑0

終わりに・・

この他に、浅草寺境内や、浅草本堂裏などにも記念碑や石塔、像が建ち並んでいます。

浅草寺の碑は、建立場所は様々で、建立年も江戸時代から平成までバラバラです。

ただ碑の多さから、浅草寺がたくさんの人々の信仰を受け、人々の生活の一部であったことは確かなことのようです。

観光地として大変なにぎわいをみせる浅草寺ですが、昔から庶民信仰の場所であったことには変わりがないのです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ