浅草・浅草寺「駒形堂」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「駒形堂」

浅草・浅草寺「駒形堂」

創建年

  • 942年(天慶5年)
再建年

  • 2003年(平成15年)
建築様式(造り)

  • 方形造
  • 鉄筋コンクリート造
屋根の造り

  • 本瓦葺き

浅草寺・駒形堂の読み方

浅草寺の境内には、難しい名前の表記のお堂や仏像がありますが、「駒形堂」は「こまがたどう」と読みます。

浅草寺・駒形堂の歴史・由来

浅草寺を参拝する前に、ぜひ訪れて欲しい場所があります。

それは、隅田川の駒形橋ふもとにある「朱塗りのお堂」です。

駒形堂の脇を流れる隅田川では、浅草寺の永代秘仏ご本尊、聖観世音菩薩の像が発見された場所だと言われています。

江戸時代、絵師・歌川広重、歌川国芳(くによし)らによって描かれた駒形堂は、河岸にたくさんの舟が停まり、朝早くから参拝の客であふれています。

また浅草寺の総門がここにあったとされており、浅草寺参拝の拠点とされていたようです。

浅草寺・駒形堂のご本尊「馬頭観世音菩薩」

駒形堂は、942年(天慶5年)、平公雅(たいらのきんまさ)によって建てられましたが、浅草寺の多くの建物がそうであるように何度も焼失しています。

現在の建物は2003年(平成15年)に建てられたものです。

宝形造の屋根を持つ、3間のお堂は、鉄筋コンクリートでできています。

ご本尊の馬頭観世音菩薩は、木彫りの立像です。

高さ28.8㎝で、三面六臂(さんめんろっぴ)・・つまりは、お顔が3つに、腕が6本の観音様です。

馬頭観世音は馬を頭に乗せた姿をしており、動物救済に御利益があるとされています。

ご本尊が発見された川ですから、その川の動物たちを救済しておられるのでしょう。

実際に、この川ではご本尊が発見されてから、漁が禁止されています。

また、馬はその昔、移動手段だったことから、旅行の安全祈願にご利益のある観音様でもあります。

浅草寺へ参拝する前に「駒形堂」へお参りし、無事に浅草参拝を終えたいものですね。

浅草寺・駒形堂の場所

都営・浅草線・浅草駅の付近、駒形橋のたもとに位置します。

駒形堂から雷門までは歩いて4分ほどです。

駒形堂から雷門までは歩いて4分ほどです。浅草寺までは、徒歩9分、距離にして約800mです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ