浅草・浅草寺(浅草神社)「こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺(浅草神社)「こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑」

こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑

えっ?!浅草寺に「こち亀の記念碑」があるのはウソだった?!

「こち亀の石碑」や「こち亀のタイムカプセル」の話を聞いて、浅草寺へ訪れる方も多いと思いますが、残念なことに、浅草寺には「こち亀の石碑」も「タイムカプセル」もありません。

詳しくは、浅草寺・本堂の東側にある「浅草神社」の境内にあります。

浅草神社の境内には、たくさんの「石碑」や「歌碑」が建てられているのです。

その中に、アニメ化やドラマ化もされた少年ジャンプに連載されている『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の記念碑があります。

他の石碑などに比べて新しいのですぐ目に入ってきます。

この記念碑は、「こち亀」の単行本の総発行部数1億3000万冊を突破したことを記念し、2005年(平成17年)8月5日に建てられたものです。

この記念碑には「友情はいつも宝物」の文字が大きく書かれています。

そして「こち亀」の主人公である両津勘吉の絵と共に、この漫画の作者である秋本治先生のサインが彫られています。

「こち亀」の記念碑が浅草神社に建てられた理由

なぜ「こち亀」の記念碑が浅草神社に建てられたのでしょうか?

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』というからには、葛飾区の亀有にありそうなものです。

もちろん、亀有にも「こち亀」に関するたくさんの銅像があります。

主人公である両津勘吉は、台東区浅草生まれであり、浅草神社は両津勘吉が幼い頃よく遊んでいた場所なのです。

記念碑に描かれているのは、「こち亀」の単行本57巻に収録されている「浅草物語」のワンシーンで、子ども時代の両津勘吉が、友達であった「村瀬」と一緒に、浅草神社の木の根元にベーゴマを埋めている所です。

「浅草物語」では、大人になった両津勘吉が、村瀬と久々に再会する(詳しくは57巻をご覧下さい)こち亀の中でも人気の感動物語となっています。

村瀬にまつわる続編は、125巻収録の「浅草物語望郷篇」で描かれています。

2016年夏に発掘?!こち亀のタイムカプセル

こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑タイムカプセル浅草神社には「友情はいつも宝物」と書かれた石碑の他に、もうひとつ「こち亀」の記念碑が建っています。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』石碑建立記念に建てられた「タイムカプセル埋蔵の碑」です。

この石碑の下には、なんと!2005年に「こち亀」の読者に募集した100通もの手紙が埋められています。

手紙を埋めた10年後も、両津勘吉のように大人になっても遊び心を忘れず、明るい未来であった欲しいと、2015年8月5日に彫り出すはずでした。

しかし、2016年が「こち亀」連載40周年の年であるため、急きょ1年発掘が見送られたのです。

やっぱり40周年だから、その方が盛り上がるだろうし11年後に掘り出そうとは、なんとも「こち亀」らしいですよね。

2016年、どのように発掘されるが楽しみですね。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所・記念碑」の場所

浅草寺の本堂の向かって東側の浅草神社の境内の石碑群の中にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ