浅草・浅草寺の歴史と年表

スポンサードリンク

浅草・浅草寺の歴史と年表

浅草・浅草寺「本堂」【旧・国宝】

浅草・浅草寺の歴史と名称と由来

  • 山号:金龍山
  • 寺号:浅草寺(通称:浅草観音)
  • 宗派:聖観音宗(総本山)

628年に、漁師の兄弟が川で仏像を見つけ、それを祀ったのが浅草寺の起源と言われています。

「金龍山」という山号は、聖観世音菩薩のお出ましを喜び、空から金の龍が現れたという伝説によるものです。

したがって、浅草寺には、いたるところで龍を見つけることができます。

例えば、雷門や宝蔵門の大提灯の裏側の龍の彫刻は迫力満点で、隠れた人気者になっています。

もともとは天台宗のお寺でしたが、1950年に独立して聖観音宗(しょうかんのんしゅう)を名乗っています。

浅草寺の本尊と「御前立本尊」

浅草寺 聖観音 御開帳川からすくい上げられたと言われる聖観世音菩薩像は、観音堂を建立し、浅草寺の開基とされる勝海上人(しょうかいしょうにん)の夢のお告げによって、645年に秘仏と決められました。

江戸時代までは本尊の開帳もあったようですが、現在は完全に秘仏となっています。

平安時代の857年には、浅草寺を訪れた円仁(慈覚大師)により、御前立(おまえだち)の聖観世音菩薩像が造られ、納められました。

御前立とは、秘仏の代わりに人々が拝む対象となる像のことで、形は本来のご本尊そっくりです。

通常は12月13日のみの開帳ですが、過去には本堂完成50周年の記念などで特別開帳が行われています。

浅草・浅草寺の歴史(年表)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






浅草寺の飛鳥時代

歴史
628年 漁師の檜前浜成(ひのくまのはまなり)と竹成(たけなり)が、川から仏像をすくい上げる。
郷司の土師中知(はじのなかとも)がそれを祀り、自宅を寺とする。
645年 勝海上人が本堂を建立する。本尊を秘仏と定める。

平安時代

歴史
857年 円仁(慈覚大師)がお前立本尊を造る。
942年 平公雅(たいらのきんまさ)がお堂や伽藍を整える。
※平公雅は、安房国(現在の千葉県の一部)の領主でした。
武蔵国(現在の東京都、埼玉県と神奈川県の一部)への配置換えを浅草寺で祈願したところ、それが叶ったということで、お礼の意味を込めた事業だったようです。
1041年 大震災により、本堂が倒壊する。
1051年 寂円上人により、本堂が再建される。
1070年 源義家(八幡太郎)が奥州征討の途中で参拝する。
1079年 火事により炎上する。その後再建される。
1180年 源頼朝が平家追討の必勝祈願に訪れる。

室町時代

歴史
1378年 火事により炎上する。
1387年 鐘を鋳造する。
1398年 定済上人により再建される。この頃、「浅草寺縁起」がまとめられる。
1462年 落雷により炎上する。その後再建される。
1493年 火事により炎上する。
1535年 火事により炎上する。
1539年 小田原の北条氏綱により再建される。
1572年 火事により炎上する。

安土桃山時代

歴史
1581年 北条氏直により再建される。
1590年 徳川家康が浅草寺を祈願所に定める。

江戸時代

歴史
1618年 家康の娘婿である浅野長晟(あさのながあきら)が石橋を寄進する。この時、随身門(現在の二天門)も完成する。
1631年 火事により炎上する。※この庭園は、2011年に国の名勝に指定されています。現在は非公開です。
1635年 本堂が再建される。この頃、伝法院の庭園が造られる。
1636年 徳川家光が参拝する。以降度々訪れる。
1642年 火事により炎上する。
1648年 五重塔が再建される。
1649年 本堂・宝蔵門が再建される。
1662年 「浅草寺縁起」の絵巻が奉納される。
1685年 仲見世の前身となる商店が開業する。
1712年 温座陀羅尼秘法が初めて行われる。
※現在では毎年1月12日から18日に行われます。
1767年 火事により雷門が炎上する。
1772年 江戸大火により伝法院と多くの古文書などが焼失する。
1795年 雷門が再建され、「雷門」と書かれた提灯が初めて吊るされる。
1827年 本尊示現1200年目を記念し、開帳が50日間行われる。
※示現とは、仏がこの世に現れることです。
1865年 火事により雷門が炎上する。

明治時代

歴史
1897年 菊供養が初めて行われる。
※現在では毎年10月18日に行われます。
1910年 大洪水により非難してきた人々のため、浅草寺救護所(浅草寺病院の前身)を設置する。

大正時代

歴史
1923年 関東大震災の際の火事により、仲見世と伽藍の一部が炎上する。

昭和時代

歴史
1945年 戦火により本堂、宝蔵門、五重塔などが炎上する。
1958年 本堂が完成し、記念の開帳が45日間行われる。
1960年 松下幸之助氏の寄進により、雷門が95年ぶりに復活する。
1964年 宝蔵門が完成し、記念の開帳が30日間行われる。
1973年 五重塔が完成する。
1978年 本尊示現1350年を記念し、開帳が行われる。
1983年 弁天堂が完成する。

平成時代

歴史
1994年 慈覚大師西端1200年を記念し、お前立本尊の開扉が行われる。影向堂が完成する。
2003年 駒形堂が完成する。
2008年 本堂完成50周年記念の開帳が行われる。
2009年 二天門・二天王像が、1649年に再建された頃の姿に復元される。

終わりに・・

火事、雷、戦火により、何度も被害を受けた浅草寺ですが、その度に、僧侶たちが寄付を募ったり、時の権力者や財界人の協力を得たりして復活を遂げてきました。

国宝だった旧本堂などが戦火で焼け、現存しないのは大変残念なことです。

それでも、立派に再建された建物の1つ1つから、身分を問わず多くの人々に親しまれ、維持されてきた浅草寺の歴史を感じることができるでしょう。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ