【浅草寺ほおずき市】期間限定の御朱印とお守りの種類・値段や授与場所の紹介!

スポンサードリンク

【浅草寺ほおずき市】期間限定の御朱印とお守りの種類・値段や授与場所の紹介!

以下では浅草寺ほおずき市の開催期間中のみに授与される御朱印およびお守りの種類、値段や授与場所をご紹介します。

ほおずき市の由来や今年の日程に関しては以下のページをご参照ください。

浅草寺ほおずき市 限定御朱印「四万六千日の御朱印」!

ほおずき市の御朱印の種類

浅草寺では、ほおずき市の期間中、「ほおずき市仕様」の限定御朱印を授与していただくことができます。通常の御朱印との違いは「四万六千日」と言う印が左上に押印されているところです。

この、46,000日の由来については、当記事の冒頭部分でしっかりと解説したのを聞いていましたね? えっ、読み飛ばした? バッカモーン、最初からやり直してこい!(うそです。うそですよ。しっかり解説しておりますので、お時間があればごゆっくりご覧になってみてください。ウフ

ほおずき市の御朱印をいただける場所

  • 浅草寺の境内「影向堂」
ほおずき市の御朱印の値段

  • 300円

浅草寺のほおずき市 限定お守り「雷除守り」!

ほおずき市・雷除け

浅草寺で、ほおずき市が開かれる7月9日・7月10日の2日間のみ授与されるお守りが「雷除守り」です。

三角形のお守りに、竹ひごが付けられています。

これは江戸時代に雷よけとして、ほおずき市で販売されていた「赤トウモロコシ」が、凶作で売られなかった年に、浅草寺が苦肉の策で代わりに販売したお守りに由来するものです。

  • 雷除守りのご利益:雷除け・邪気祓い・家内安全
  • 雷除守りの値段:500円

浅草寺のお守りに関しては以下の別ページをご参照ください。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ