東京 浅草・浅草寺の営業時間(開門・閉門時間)「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)含む」

スポンサードリンク

東京 浅草・浅草寺の営業時間(開門・閉門時間)「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)含む」

東京浅草の名所、浅草寺の境内には24時間いつでも入れます!

さらに、拝観料もかかりません。

ただし、御守りの授与や御朱印を授与される場合は、規定の時間に参拝へ訪れる必要があります。

また本堂等、建造物に関しては開門、閉門の時間がありますので、事前にチェックして行かれることをおすすめします。

今回は、浅草寺の開門時間や閉門時間、お正月の特別時間についてご紹介します。

東京 浅草・浅草寺の基本営業時間(開門・閉門時間)

東京 浅草・浅草寺の営業時間(開門・閉門時間)「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)含む」

営業時間

  • 開門時間:6時00分 (10月から3月は6時30分) ※お正月を除く!
  • 閉門時間:17時00分(通年)
  • その他:本堂の外、雷門、仲見世や境内は24時間見学自由。参拝は本堂の外から行えます。仲見世商店街は前を通ることはできますが18時頃には閉店しているお店が多く見られます。

お正月期間の営業時間については、当記事下方をご参照ください。

お守り・お札授与時間(営業時間)

9時00分~17時00分

御朱印の受付時間(営業時間)

9時00分~17時00分

正月初詣期間(年末年始・三が日)の営業時間は大幅に変わりますので注意が必要です。

浅草・浅草寺の夜のライトアップ点灯時間

浅草・浅草寺の夜のライトアップ点灯時間地元の方であればご存知かと思われますが、浅草寺の境内は毎日、「日没後から夜23時頃まで」本堂や雷門、各・御堂がライトアップされ美しく幻想的な空間が演出されています。

日中の浅草寺の姿とは違った夜化粧をした浅草寺の姿を見ることができます。

できたてホヤホヤの彼カノのキャっぷる(訳=カップル)でライトアップに訪れ、幻想的な空間の中で「耳もと」に「甘い言葉を囁け(ささやけ)」ば、肩に手を回せるかもしれましぇん。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






浅草・浅草寺の「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)」の営業時間(開門・閉門)

12月31日

  • 6時30分~19時00分
1月1日(元旦、元日)

  • 0時00分~20時00分
1月2日

  • 6時30分~20時00分
1月3日

  • 6時30分~20時00分
1月4日以降

  • 6時30分~17時00分

注意点としては、通常、「お守り・お札の授与、及び御朱印の授与時間」と、「各・御堂の開門閉門時間とは異なる」と言う点です。

ただし、年末年始・正月三が日は、各・御堂の営業時間と授与所の営業時間が同じです。(授与所がオープンしています)

1月4日を過ぎたあたりから、基本の9時から17時に戻ります。

営業時間まとめ

  • 境内の営業時間は24時間参拝が可能
  • 各本堂・御堂は6時00分(4月から9月)or6時30分(10月から3月)にオープンし17に閉まる
  • 正月三が日以外、基本的に授与所は9時00分にオープンし17時00分に閉まる

大晦日の本堂やお堂は、19時で一旦、閉まります。

その後、年明けと共に、再び開堂(開門)し、参拝客を受け入れるという形になります。

午前0時になると浅草寺でもカウントダウンが行われるため、大晦日(31日)の22時30分頃から境内が序々に混雑してきます。

こうして新年の瞬間を浅草寺で迎えご利益を授かりたい人々や、露店(屋台)を楽しみたい人々で大晦日は大変混み合います。

東京 浅草・浅草寺の通常時の混雑状況と混雑回避方法

東京 浅草・浅草寺の普段の混雑状況と混雑回避方法浅草寺では、月毎に年中行事やイベントの案内が更新されます。

土日祝日のお昼前後、10時から15時頃はほぼ毎週混んでいるので、混雑を楽しむくらいの気持ちの余裕が必要です。

人混みを避けたいのであれば、仲見世通りのお店が開き始める朝9時頃より前に行ってみてはいかがですか?

シャッターに個性的な絵が描かれたお店も多いので、閉まっている仲見世通りも意外と楽しめますよ。

平日なら、休日よりは動きやすいですし、写真も撮りやすいでしょう。

直前の日程調整ができる場合は、天気が「曇りの日」や「雨が降り出しそうな日」を狙って、浅草寺へ参拝に訪れると言うのも良い方法です。

お参りのみが目的の場合は、混雑する仲見世通りを避け、本堂の裏や西側、あるいは浅草神社のある東側から入るのもオススメです。

東京 浅草・浅草寺の「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)」の混雑状況と混雑回避方法

東京 浅草・浅草寺の「元旦・正月三が日(年末年始・初詣)」の混雑状況と混雑回避方法浅草・浅草寺の年末年始(正月三が日)は、例年おおよそ280万人の人出があります。

混雑する時間には、本堂への参拝のために仲見世通りまで行列ができて、3時間待つことも珍しくありません。

小さいお子さんは危ないので注意が必要ですし、体調が万全でない方も行くのは控えた方が無難です。

普段であれば浅草界隈を着物で散策というのも粋で楽しい体験ですが、このタイミングはおすすめできません。

どうしても正月3日までに初詣をしたい場合は、深夜の参拝客が落ち着いてくる元旦4時~8時頃か、2日・3日の朝一番から10時くらいまでが比較的歩きやすいでしょう。

または通常だと閉堂になる夕方17時以降も狙い所となります。

あまりこだわらない方は、数日待ってから、平日を選んで行くことをおすすめします。

 

浅草寺の正月の混雑状況や混雑回避方法については以下の別ページでもご紹介しています。

浅草・浅草寺の正月初詣ってどんな感じ?「混雑・渋滞状況(参拝待ち時間)、車(交通規制・駐車場)・人出(参拝者数)・屋台(種類)」など

浅草・浅草寺のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・URL)など

  • 正式名:金龍山・浅草寺(きんりゅうざん せんそうじ)
  • 住所:東京都台東区浅草2-3-1
  • 電話番号:03-3842-0181

※電話受付時間:午前10時から午後16時(日祝日除く)

  • 浅草寺URL:www.senso-ji.jp/

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ