【これ10選!】浅草・浅草寺「仲見世」のお土産人気おすすめランキング!

スポンサードリンク

【これ10選!】浅草・浅草寺「仲見世」のお土産人気おすすめランキング!

浅草観光の楽しみの1つは、やっぱりお土産選びではないでしょうか。

浅草寺の周辺付近には、たくさんの個性的なお店があります。

そんなたくさんの浅草寺・仲見世のお店の中で、特にオススメのお土産店を人気おすすめランキング10選!でご紹介します!

場所の表記について★その1★

「雷門」と仲見世の中ほどで交差する「新仲見世通り」を起点に何件目かで表しています。
浅草寺を向かって見て右が「東」左が「西」です。

※その他の表記について★その2★

オリジナルのホームページがある場合のみ、そのURLを載せました。
ない場合は、仲見世のホームページをご覧ください。

 http://www.asakusa-nakamise.jp/index.html

仲見世の全MAPが必要な方は以下からダウンロードしてください。

 仲見世商店街全MAP(引用先:仲見世商店街)

新仲見世通りのMAPが必要な方は下記から。

 浅草・新仲見世通りの地図(PDFダウンロード可能)

第10位.東京・浅草(仲見世)「浅草きびだんご・あづま」

江戸時代、仲見世に実際にあったものを再現したという「きびだんご」が有名で、店舗では実演販売をしています。
お土産用もあり、自宅でもお店の味を簡単に味わえます。TVでも紹介されているほどの芸能人御用達のお店でもあります。
時間帯によっては行列ができて待ち時間が発生する場合があります。
「きびだんご」は持ち帰りもできますが、新鮮さが売りでもあるので自宅で食べる際は、お鍋でコトコトを煮て食べます。
「あづま」の「きびだんご」は上述したとおり、新鮮さが売りなので食べると分かりますが、できたてホヤホヤなので熱いです。ホクホクしながら食べる感じです。
「きびだんご」のきな粉は味が芳醇で、ほのかな甘さがあり、クセになる旨さです。

  • 店先用5本入り:330円
  • 自宅用10本入り:600円
  • 甘酒:110円
  • 冷やし抹茶:110円

浅草きびだんご・あづま

きびだんごあづまにはカウンター席や立ち席(3席)が店の周囲に設置されていますので、出来立てホヤホヤのきびだんごをその場で美味しく楽しむことができます。

「浅草きびだんご・あづま」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から浅草寺へ向かい6件目(西)
電話:03-3843-0190
営業時間:9時~19時
定休日:年中無休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=16

第9位.東京・浅草(仲見世)「稲葉玩具店」

お寺に行っておもちゃ?・・なぁ~んて思っちまうかもしれませんが、あなどることなかれ~..ザブーん♪
オンラインゲームや家庭用ロボットが全盛の今、あえて古き良き「玩具店」が激熱っ!
..アヂッ。
懐かしのキャラクターグッズ、昔持っていた人形、コレクター魂をクスぐるミニカーなど、大人になった今だからこその出会いがあるお店です。
他にももちろん、お土産の定番・キーホルダーも浅草に因んだモノが多種あります。

「稲葉玩具店」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから浅草寺へ向かい16件目(東)
電話:03-3841-4464
営業時間:9時30分~18時30分
定休日:水曜日
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=62

第8位.東京・浅草(仲見世)「海老屋總本舗」

海老屋總本舗 仲見世昔ながらの製造法を受け継ぎながら、現代の日本人の味覚に合わせたコダワリの佃煮のお店です。
都内のデパ地下にも出店しているので、ご存知の方も多いでしょう!
小袋は200円前後から買えるので、ご自宅へのちょっとしたお土産にもなりますし、もちろん贈答用としても重宝します。海老屋總本舗 仲見世00

「海老屋總本舗」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から浅草寺へ向かい9件目(西)
電話:03-3625-0003
営業時間:9時~18時
定休日:無休
ホームページ:http://www.ebiyasouhonpo.jp/

第7位.東京・浅草(仲見世)「評判堂」

名物の”あられ”はその名も「げんこつ」といい、固焼きのシッカリとした噛みごたえが特徴です。
”あられ”の他「せんべい」や「金平糖」「かりんとう」「雷おこし」などもあります。
季節に合わせた色柄のギフトボックスを始め、包装にもコダわってもらえるので贈り物にも最適です。

「評判堂」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から浅草寺へ向かい3件目(東)
電話:0120-37-8557
営業時間:9時30分~20時
定休日:無休
ホームページ:http://www.hyoubandou.com/index.html

第6位.東京・浅草(仲見世)「仲見世・杵屋」

仲見世・杵屋01 油や米にこだわった「揚げおかき」が目玉商品です。
これは非常に美味しい!御朱印スタッフ一押しの商品です!
食感はサクッ!フワッ!としていて舌に乗せるだけであの世。程よい塩味が煎餅本来の旨みを醸し、脳天にカカト落としと股間にキン蹴りを同時に食らったような、そんな衝撃的な旨みがほとばしる。

他に色々な硬さや味の「煎餅」「おこげ」「人形焼き」「雷おこし」などを取り扱っています。
店頭では揚げたての「おかき」がいただけるので、サっクサクっ♪の食感をぜひ試してみてください。

浅草 仲見世杵屋」の揚げおかき

「仲見世・杵屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから浅草寺へ向かい4件目(西)
電話:03-3844-4550
営業時間:9時~18時45分
定休日:年中無休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=46


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 東京・浅草(仲見世)「福光屋」

究極の日本みやげセレクトショップ」を看板に掲げる福光屋は、雷門をくぐって1件目にあるお店です。
特徴的な胸に大きな漢字のプリントがあるTシャツやシルクの扇子は外国人観光客にも人気です☆


福光屋オリジナルの商品もあるので珍しいお土産が欲しい方にもピッタリです。
 

「福光屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から浅草寺へ向かい1件目(東)
電話:03-3847-8171
営業時間:8時~19時
定休日:年中無休
ホームページ:http://www.fukumitsuya.net/index.html

 東京・浅草(仲見世)「亀屋」

浅草と言えば「人形焼き」が名物ですが、実はお店によって個性があるんです。

亀屋の人形焼きは、薄めの皮に「あんこ」がギッシリと入っていることが特徴です。
それでも重すぎず、優しい甘さでファンも多いのだそうですよ。
お店では実演販売もしています。浅草・仲見世「亀屋00」

「亀屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから浅草寺へ向かい14件目(東)
電話:03-3844-7915
営業時間:9時30分~19時
定休日:不定休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=74

 東京・浅草(仲見世)「浅草・たけや」

浅草・たけや 仲見世 全国のお箸が揃う、お箸の専門店です。
普段使い用のリーズナブルなものから1膳2万円以上する高価なものまであり、デザインも豊富なので、目的に応じて選べます。
中でも、浅草からも近い、向島の職人さんたちが手作りする希少な「江戸木箸」が、お店の一押しです。


浅草・たけや 箸江戸箸とは、江戸時代から脈々と受け継がれる箸づくりの技術をもつ職人が1本1本、精魂込めて製作します。
さらに箸に使用される材木も日本中からセレクトされた銘木のみが使用されています。

  • 銘木(黒檀、紫檀、鉄木、その他希少材など)

銘木を使用することで耐久性はもとより、わずかですが木が持つ独自の良い香りが鼻をつき、食欲を増進させてくれます。
この箸でできたてホヤホヤの白米でも突っつけばそれはもう、この世の極楽浄土を味わえることでしょう。ウフ
浅草寺に参拝されたのを機に、ぜひ!あなただけのお箸をお1つ、セレクトしてみてはいかがでしょう?

「浅草・たけや」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから浅草寺へ向かい11件目(西)
電話:03-3847-9914
営業時間:9時~19時
定休日:年中無休
URL:https://www.asakusa-takeya.co.jp/

 東京・浅草(仲見世)「浅草・中屋」

仲見世・中屋 画像引用先:http://www.asakusa-nakamise.jp/

足元から頭の上まで、祭りの衣装なら何でも揃うお店です。
祭りの衣装だけでなく、和柄のてぬぐいやがま口などの小物、個性的な柄のTシャツ、アクセサリーなど、お祭りの多い浅草の雰囲気が感じられるお土産が揃っています。

 浅草 中屋 濃口シャツ画像引用先:www.asakusa-noren.ne.jp

「浅草・中屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから浅草寺へ向かい8件目(東)
電話:03-3841-8530
営業時間:10時~20時 ※冬期は土日祝日を除き18時30分まで
定休日:無休
ホームページ:http://nakaya.co.jp/

 東京・浅草(仲見世)「舟和(仲見世1号店・3号店)」

⬆️舟和1号店の外観

⬆️舟和2号店の外観

舟和 仲見世

⬆️舟和3号店の外観

舟和の「芋ようかん」や「あんこ玉」は、浅草土産の超定番と言えます。

あんこ玉は抹茶、みかん、コーヒー、白いんげん、イチゴ、小豆の6色6味と言うカラフル フルフルな取り揃え。

株式会社 舟和本店」の芋ようかん01⬆️あんこ玉(土産用にパック詰してもらえる)

芋ようかんは名前の通り、「芋」が主材料として使用しようされていますので、オーブンで焼くこともできます。オーブンで焼いた場合はシツコイほどの甘さはなく、濃厚な焼き芋を食べている感じ。
また、公式でも紹介されていますがマーガリン(バター)を入れたフライパンで焼くことでスイートポテトに類似したブリティッシュ系の味に変化します。
午後3時のお紅茶の時間が待ち遠しくわぁんウぅフん

⬆️芋ようかん

各店それぞれ独自のオリジナル商品もありますので、お店に行ったら是非!ショーケースの隅から隅まで見てみてください。
実は他の商品も豊富で、季節ごとの新作も出るので、新しい出会いがあるかもしれません。
2号店は、新仲見世通りを渡ったところにあります。

「舟和・仲見世1号店・3号店」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から浅草寺へ向かい13件目・14件目(西)
電話:03-3844-2781
営業時間:10時~18時
定休日:年中無休
ホームページ:http://funawa.jp/

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ