【これ10選!】浅草・浅草寺のお土産「雑貨・キーホルダー」人気おすすめランキング!!

スポンサードリンク

【これ10選!】浅草・浅草寺のお土産「雑貨・キーホルダー」人気おすすめランキング!!

観光の1つの楽しみと言ったらお土産選びです。

贈る人のことを考えて選ぶのもよいですし、旅の記念に自分用のお土産を購入するのもよいですね。

実用的なものから、ちょっと笑ってしまうものまで、色々なものが購入できる浅草は、お土産屋さんの宝庫です。

ここでは、賞味期限を気にしなくてよい雑貨のお土産をランキング形式で発表します。

順位は筆者の独断ですのであしからず…。

それでは浅草寺付近で購入できるおすすめのお土産をご紹介します!

第10位. 「ぽち袋」

ぽち袋 浅草明治時代に創業された祝儀袋専門店の旭屋は、浅草寺の西、合羽橋道具街周辺にあります。

店内にはご祝儀袋をはじめとし、お祭で使う「奉納」と書かれた袋や、折り紙などたくさんの紙製品を取り扱っています。

こちらでよく売れているのは、柄物の紙で鶴を折ると国旗になる折り紙です。

店内には実際に折られて国旗になった折り鶴が飾られています。

国旗になった折り鶴

そして、たくさんの紙製品の中でも特にオススメなのが「ぽち袋」です。

ぽち袋とは、犬のポチ絡みの袋ではなく「祝儀袋」のことです。

お正月のお年玉の時だけでなく、ちょっとした心づかいをあげる時や、手紙を入れるなど何かと使える「ぽち袋」を、旭屋で探してみてはどうでしょうか。

河童の絵で有名な荻原楽一が描いたオリジナルのぽち袋も販売されています。

販売店:和小物専門店・西浅草「旭屋」

祝儀袋 和小物専門店 旭屋の「ぽち袋」

  • 住所:台東区西浅草3‐6‐1
  • 電話番号:03‐3844‐0003
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:日・月曜日

第9位.「こけし」

浅草 三美堂・仲見世店 こけし人形

  • 価格:1600円~

お面や、仏像など、たくさんの日本の縁起物をとりそろえる三美堂は、1939(昭和14)年に仲見世通りにお店をだしてから、半世紀以上続く土産物屋です。

和紙や、木の粉で作られたお面が店内に並んでいます。

このお面も捨てがたいのですが、今回おすすめしたいのは可愛らしい「こけし」です。

こけしを愛でる女性を「こけ女」と呼び、ちょっとしたブームが数年前から続いるこけしは、ちょっとしたインテリアにもなりそうです。

伝統的なこけしから、近代的な可愛らしいこけしまで店内にはたくさんの種類のこけしが売られています。

それぞれ表情が違いますので、好きな顔のこけしを見つけてみてください。

販売店:浅草 三美堂・仲見世店

浅草 三美堂・仲見世店

  • 住所:台東区浅草1‐37‐1
  • 電話番号:03‐3841‐866
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 行き方:仲見世通りの西側。新仲見世通りと伝法院通りとの間付近。

第8位.「千代紙」

千代紙 浅草創業1856(安政3)年、雷門からすぐの黒田屋本店は、店内入り口上に、江戸小物・和凧・和紙・千代紙・浮世絵・千社札と書かれた木札が飾られています。

美しい柄の紙製品がたくさんそろっており、浅草寺参拝客や外国人観光客に人気のお店です。

呉服屋さんで反物が並べられているように、色とりどりの、様々な模様の千代紙が重なり並ぶ姿はなんとも美しいです。

浅草ならではの歌舞伎柄の和紙も売られています!

千代紙は、折り紙として遊べるだけでなく、ブックカバーにしたり、和菓子を置いたり、とっても簡単に生活に色をそえてくれます。

また、黒田屋本店の包装紙もこられており、可愛らしい模様なので、捨てるのがもったいなくなります。

夏には和紙を使った珍しい風鈴が軒さきに並んでいる素敵な紙やさんです。

販売店:黒田屋 浅草本店

黒田屋 浅草本店

  • 住所:台東区浅草1‐2‐5
  • 電話番号:03‐3844‐7511
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:月曜日
  • 行き方:雷門の東隣です。

第7位.「吊るしこけし人形」

吊るしマスコットこけし人形 浅草ミノリや画像引用先:www.asakusa-minoriya.com

  • 価格:350円

仲見世通りにあるミノリヤには、浅草ならではのキーホルダー、ストラップがそろっています。

浅草七福神や、雷門などのオーソドックスなものから浅草限定のキューピー、歌舞伎役者の人形がついたものまで売られています。

その中で女の子へのお土産にぴったりなストラップが「吊るしこけし人形」です。

温かみのある伝統を感じさせるような木の木目が目を惹き付けます。

こけしの服の部分は赤色などで装飾されていて、レトロなキャワいぃストラップです。

中には、「おさげ頭のこけしストラップ」もあります。

友達とおそろいでつけるのもオススメです。

販売店:仲見世・浅草 ミノリヤ

仲見世 ミノリヤの「吊るしこけし人形」

  • 住所:台東区浅草2‐3‐1
  • 電話番号:03‐3843‐5664
  • 営業時間:8:30~18:30
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 行き方:仲見世通り東側 宝蔵門の近く。

スポンサードリンク -Sponsored Link-






第6位.「傘」

わけあり店舗の本店 傘

  • 価格:約1000円~

新仲見世商店街のド派手な浮世絵風の店舗こそが「わけあり店舗の本店」です。

店の入口付近に書かれた「大入」の文字のように、たくさんのお客さんでにぎわっています。

わけあり店舗で売られているTシャツや、靴下などの衣料品や、バック、帽子などは、和風の柄であったり、真っ赤なド派手な色合いであったりと、ここならではの商品が多数あります。

この店では傘も多く販売されていますが、やはり一風変わった傘ばかりなのです。

ピストル型や、持ち手がこけしの物、雨にぬれると絵柄が浮き出てくるなどなど!子ども用の傘やミニチュア傘も売られています。

中でも、お江戸の下町・浅草らしい傘は、浅草寺の写真がプリントされた真っ赤な傘や、スカイツリーの写真の水色の傘です。

人気のものはすぐに売り切れてしまうそうなのですが、店員さんがどんどん面白い傘を仕入れてくれているので、いつ行っても素敵な傘に出会えます。

免税店でもあるので、外国からの観光客の方のお買い物所としてもオススメです。

販売店:わけあり店舗・浅草本店

わけあり店舗 本店の「傘」

  • 住所:台東区浅草1‐27‐2
  • 電話番号:03‐5830‐3030
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:無し (年中無休)
  • 行き方:新仲見世商店街 アーケード内

第5位.「手ぬぐい」

染絵てぬぐい・浅草 ふじ屋

  • 価格:約1300円~

1946(昭和21)年、創業の「ふじ屋」は、注染(ちゅうせん)という伝統的な染め方にこだわった手ぬぐい屋さんです。

職人さんが手作業で染めて作っているので、ここ浅草でしか買えない「手ぬぐい」ばかりなのです。

「かざって楽しむ、使って楽しむ」をコンセプトに店内に並べられた手ぬぐいは、四季折々の絵や、「めで鯛」や、「寿海老」などの縁起物が描かれています。

また、江戸後期の浮世絵師である山東京伝(さんとうきょうでん)のデザインを使った手ぬぐいも売られているのですが、なんともシュールな雰囲気をかもしだしています。

販売店:染絵てぬぐい・浅草 ふじ屋

染絵てぬぐい ふじ屋の「手ぬぐい」

  • 住所:台東区浅草2-2-15
  • 電話番号:03‐3841‐2283
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:木曜日
  • 行き方:仲見世通りの一本東にあるメトロ通りの西側

第4位.「鯉口シャツ」

 浅草 中屋 濃口シャツ

  • 価格:3000円~

おまつりの衣装がそろえられる「浅草中屋」さんです。

本店も浅草にありますが、浅草寺から近いのは仲見世店でしょう。

和柄のトートバックや風呂敷、手ぬぐいなどもおすすめですが、なかなか他ではお目にかかれない「鯉口シャツ」は、ひとヒネリあるレアなお土産には最適です。

もともとは、刺青をまねてプリントされた鯉口のシャツは、様々な模様があるので、選ぶのも楽しいですね。

見た目が華やかで可愛いだけでなく、綿100%で着心地もよいので、夏のパジャマや下着の代わりにするなど、日常の使いこなしができそうです。

販売店:浅草 中屋・仲見世店

浅草 中屋 仲見世

  • 住所:台東区浅草1‐31‐1
  • 電話番号:03‐3841‐8530
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 行き方:仲見世通り東側 新仲見世通りと伝法院通りの間

第3位.「江戸一文字型のうちわ」

荒井文扇堂 江戸一文字のうちわ

  • 価格:1080円~

荒井文扇堂は、扇専門店で、扇子やうちわなどが売られています。

歌舞伎役者御用達の扇子屋さんです。

1つ1つが手作りで、オーダーメイドでも注文できます。

この荒井文扇堂でお土産にオススメなのが「江戸一文字型のうちわ」です。

扇子よりもお値段が手頃ですし、一般的な丸いうちわでなく、うなぎ屋さんなどで良く見る四角い形のうちわなのです。

頑丈な一文字型のうちわには、風神、雷神の絵や、浅草神社の「三社祭」の文字などがかかれています。

浅草寺参拝前に買っておくと、目印になって同行者とはぐれずにすみそうです。

販売店:荒井文扇堂・仲見世店

荒井文扇堂・仲見世

  • 住所:台東区浅草1‐30‐1
  • 電話番号:03‐3844‐9711
  • 営業時間:10:30~18:00
  • 定休日:毎月20日過ぎの月曜日(月1回)
  • 行き方:仲見世通りの西側。雷門から新仲見世通りを過ぎた付近。

第2位.「江戸独楽」

あさくさ江戸屋

  • 価格:864円~

あさくさ江戸屋は、新仲見世通りのアーケード商店街の中にあります。

店内には、ミニチュア小物や団扇、風鈴など、江戸小物がそろっています。

瓦屋根白塗りの外観をもつ店の前にも、たくさんの商品が並んでいます。

あさくさ江戸屋でオススメなのが、「江戸独楽(えどこま)」です。

本格的な大きなものから、動物の江戸独楽はネコやパンダ、うさぎなど種類も多く、800円からと低価格でお手頃です。

また、独楽を刺して置ける台もついているので、収納に困りません。

筆者一番のオススメは、可愛いぃ~ピンクのブタさんの江戸独楽です。

この動物江戸独楽は、江戸独楽職人の坂間理香氏の作品です。

1つ1つ、職人さんの手作りなので、世界に1つの特別な独楽なのです。

販売店:あさくさ江戸屋

あさくさ江戸屋の「江戸独楽」

  • 住所:台東区浅草1‐29‐4
  • 電話番号:03‐3844‐3715
  • 営業時間:10:30~19:30
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 行き方:新仲見世通りアーケード内、オレンジ通りの近く

第1位.「ざるかぶり犬」

助六 ざるかぶり犬

  • 価格:3300円~

江戸名物のザルをかぶった犬の張り子です。

竹のザルをかぶった犬、つまり「竹」に「犬」で「笑」の字になります。

つまり、いつも笑顔で健やかに育ちますようにと、子どもの成長を願う縁起物です。

ザルをかぶった犬の張り子は他でも売られていますが、助六の犬張り子は、黒目がまんまるで大きくとってもチャーミングなのです。

子どものオモチャとしてだけでなく、玄関などに飾っておきたい一品です。

また助六は、1866年(慶応2年/江戸時代)にできた歴史ある「豆玩具屋」です。

江戸幕府8代将軍の徳川吉宗の頃に、ぜいたくを禁止する法令が出されたため、小さくても趣向をこらした豆玩具を作って売り始めたのです。

店内には店主のアイディアがつまった玩具がたくさんそろっています。

販売店:江戸趣味玩具「浅草 助六」

江戸趣味玩具「浅草 助六」

  • 住所:台東区浅草2‐3‐1
  • 電話番号:03‐3844‐0577
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:無し(年中無休)
  • 行き方:仲見世通りの東側。宝蔵門のほど近く。

終わりに・・

さて、好みのお土産は見つかりましたか?

江戸・浅草らしい、和物のお土産がたくさんありますね。

和雑貨を扱うお店が多く、レトロな雰囲気の店内は見ているだけで楽しめそうです。

観光のついでに立ち寄ってほしいお店ばかりです。

職人さん手作りの一点物も多くあるので、プレゼントだけでなく、自分への“とっておきのご褒美”をみつけるのにも浅草は持ってこいな場所です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ