【これ10選!】東京・浅草寺「仲見世」での食事(ランチ・グルメ)・食べ歩き!人気おすすめランキング!

スポンサードリンク

【これ10選!】東京・浅草寺「仲見世」での食事(ランチ・グルメ)・食べ歩き!人気おすすめランキング!

浅草寺周辺は、気軽につまめる食べ歩きグルメの宝庫です!

ここでは仲見世に絞って、おすすめをご紹介します。

ちなみに、仲見世通りでは歩きながら食べる行為は原則禁止されているので、立ち止まって周りに注意して味わってくださいね。

※場所の表記について★その1★

「雷門」、仲見世の中ほどで交差する「新仲見世通り」、宝蔵門寄りの「浅草柳通り」を起点に、浅草寺境内に向かって進んだ場合の何件目かで表しています。
浅草寺に向かって右が「東」、左が「西」です。

仲見世の全MAPが必要な方は以下からダウンロードしてください。

 仲見世商店街全MAP(引用先:仲見世商店街)

新仲見世通りのMAPが必要な方は下記から。

 浅草・新仲見世通りの地図(PDFダウンロード可能)

※その他の表記について★その2★

オリジナルのホームページがある場合のみ、そのURLを載せました。
ない場合は、仲見世のホームページをご覧ください。
http://www.asakusa-nakamise.jp/index.html

第10位.東京・浅草(仲見世)「金龍山」

「仲見世・金龍山」 1675年(創業延宝3年)の江戸時代から続く老舗で、今や複数ある「あげまんじゅう」のお店の中でも元祖です。
国産小豆をふんだんに使用し、伝統の植物油でカラッと揚げています。作るのもすべて店内の調理場で行なっていますので、首をのばして店の奥を見れば作っているところが見えます。
ここのあげまんじゅうが一番おいしいという声も多く、箱入りの5個セットが最小単位なのにも関わらず、温かいうちにということで、その場で開けて食べる人もいるほどなんです。
何人かで分けて食べられるとなおイイですね!「金龍山」

「金龍山」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから4件目(東)
電話:03-3841-9190
営業時間:9時~17時30分
定休日:水曜日
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=81

第9位.東京・浅草(仲見世)「喜久屋」

仲見世・喜久屋十勝産の小豆など、国内産の素材にこだわり、添加物を使わない、優しいお味が自慢の和菓子屋さんです。
名物「喜久団子」は、あんこの入った、ちょっと珍しいみたらし団子です。代々、受け継がれる秘伝のタレも自慢です。 ほかに豆大福、よもぎ大福、よもぎ団子などもあります。
お寺の参道にはやはり、お団子がぴったりですね!仲見世・喜久屋01

「喜久屋」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から9件目(東)
電話:03-3841-5885
営業時間:10時~18時 ※売り切れ次第閉店
定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=27

第8位.東京・浅草(仲見世)「舟和・仲見世3号店」

舟和・仲見世3号店舟和の名物「芋ようかん」や「きんつば」、「ソフトクリーム」をその場でいただけます。
芋ようかんを焼いてバターを添えた「焼き芋ようかん」、凍らせた「アイス芋凍かん」芋ようかん入りの「舟月どらやき」など、お馴染みの芋ようかんの様々なバリエーションを試せますよ。舟和・仲見世3号店01

「舟和・仲見世3号店」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から14件目(西)
電話:03-3844-2781
営業時間:10時~18時
定休日:無休
ホームページ:http://funawa.jp/

第7位.東京・浅草(仲見世)「浅草ちょうちんもなか」

浅草ちょうちんもなか日本唯一の「もなか専門店」だというコチラのお店の名物は「アイスもなか」です。
職人さんが1枚1枚丁寧に焼き上げる提灯の形のパリっパリっ!の皮にアイスを挟んでいただきます。皮に使用されている素材は100パーセント国内産のもち米という独自のコダワリもあります。

味は8種類から選べ、バリエーションは季節によって変わります。
お土産用の「もなか」もありますよ。浅草ちょうちんもなか02

「浅草ちょうちんもなか」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから3件目(東)
電話:03-3842-5060
営業時間:10時~17時30分 ※イベント時・夏期は延長
定休日:不定休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=88

第6位.東京・浅草(仲見世)「木村屋本店」

仲見世・木村屋本店浅草で最も古い、人形焼きのお店です。
提灯、鳩、雷さま、五重塔の4種類が1セットになったかわいらしい人形焼きが名物です。

ハチミツが隠し味のしっとりした生地に「こしあん」がよく合いますよ。
浅草寺に一番近いところにあるので、広い場所を探してゆっくり食べられるのもイイですね!木村屋本店00

「木村屋本店」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから18件目(東)
電話:03-3841-7055
営業時間:9時~19時頃
定休日:不定休
ホームページ:http://www.kimura-ya.co.jp/

※注意※仲見世には「木村屋本舗」というお店もありますが、別のお店です。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 東京・浅草(仲見世)「浅草きびだんご・あづま」

江戸時代、仲見世に実際にあったものを再現したという「きびだんご」が有名で、店舗では実演販売をしています。
まぶしてある粉は「きび粉」ではなく「きな粉」なんだそうです。
5本セットですが、小ぶりなのでペロりと食べられますよ。
お土産用もあります。浅草きびだんご・あづま

「浅草きびだんご・あづま」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から6件目(西)
電話:03-3843-0190
営業時間:9時~19時
定休日:無休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=16

 東京・浅草(仲見世)「壱番屋」

明治17年の煎餅(せんべい)の老舗店です。炭火焼を基本とし、商品によって使用する米の銘柄を変えるという、こだわりの煎餅店です。
七味とうがらし、サラダ、のり(青のり)、ザラメ、ごま、抹茶、ピーナッツ太鼓、にんにく醤油など豊富なレパートリーを誇ります。

おすすめは当店でも人気ナンバーワンの「元祖・厚焼き」と少々、固めの「げんこつ醤油味」です。
いずれの商品も時代がどれだけ変わろうとも伝統の味を守り、代々、受け継いでいますので、一口噛むだけでいつでも子供の頃に戻れます。

また、お店で焼いたできたての煎餅を、その場でも味わえます。
「薄焼きせんべい」「ぬれせんべい」「浅草のりせんべい」などから選べ、1枚50円からという価格も嬉しいオススメの食べ歩きグルメです!仲見世 「壱番屋」00

「壱番屋」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから12件目(東)
電話:03-3842-5001
営業時間:8時~19時
定休日:無休
ホームページ:http://www.senbei-yaketayo.com/

 東京・「浅草コロッケくろげ 浅草雷門店)

仲見世の裏通りにぜひ注目してもらいたいお店があります。そのお店の名前を「くろげ」といい、本店は山形県の山形駅前にある焼肉店です。

通称、「浅草コロッケ」。当店は東京進出第一号店になります。

通常の市販されているコロッケよりも約3倍もの黒毛和牛を使用したメンチカツはこのお店の主力商品。


A5ランクの米沢牛を使用していますので、一口噛み込めばあふれんばかりの濃厚な旨みたっぷりの肉汁がジュワッと滲み出すのでソースは不要!

他に米沢牛の牛串や2018年から登場した新商品「雷門チーズメンチカツ」が人気!

チーズメンチカツの中に閉じ込められているチーズはモチモチとしていて弾力があり、お餅のように伸びることから話題沸騰!一躍、当店の人気商品になっています。

くろげ 浅草雷門店」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所: 東京都台東区浅草1丁目20−2
(仲見世「舟和」の脇道を左へ入り1つ目の脇道をさらに左へ直進スグ)
電話:090-4884-2789
営業時間:10時00分~18時30分
定休日:年中無休
URL:https://snack-bar-1171.business.site/

 東京・浅草(仲見世)「浅草花月堂

行列のできるメロンパン!』『1日3000個売れるメロンパン!』のキャッチフレーズは、今やスッカリと定着した超人気店「浅草花月堂」が提供する商品は名物「ジャンボメロンパン」です。

通常のメロンパンは仕込みに約40、50分を要しますが、花月堂はこの仕込みに3時間もかけて生地を発酵させています。この3時間発酵させた生地をベースに焼き上げたメロンパンはもはや、芸術作品の域。

見た目は硬そうな表面も1口ザッくり噛み込むとそれほど硬くなく、サクッとしていて中はワタのようにフンワ〜リ♪と香ばしく焼きあがっています。

フンワ〜リ♪としている理由は上述した3時間という発酵時間に起因するものです。
酵母菌の活動作用を利用することで3時間寝かすと、あらまあらまの不思議ちゃんちゃん♪なんと!パン生地がドーム球場のように、こんもりフっくらとしてきやがります。

ただし、酵母菌を発酵させすぎると逆にフっくら感が失われ、美味しさとはかけ離れたものになってしまいます。

つまり、発酵の限界点を見極めることが重要となり、花月堂ではその限界点を見極めるためにその日の天気、湿気、気温などによって微妙に水や材料の量を変化させているそうです。

コダワリにコダワリを重ねた芸術作品とも呼べる魔法のメロンパン♪お1ついかがですか?

 

「浅草花月堂」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:東京都台東区浅草1-18-11(仲見世きびだんごあづまの脇道を直進)
電話:03-5830-3534
営業時間:9時~18時
定休日:年中無休
ホームページ:https://asakusa-kagetudo.com/

 東京・浅草(仲見世)「仲見世・杵屋」

仲見世・杵屋01 食べ歩きで甘いものに疲れたら、揚げたての「おかき」はいかがでしょうか。
サっクサクっ♪の軽い食感で、油っこくないので、たくさん食べられます。
これが味わえるのは、実際に現地に行った人の特権と言えますね。
もちろん、お土産用もあります。

おすすめは誰がなんといっても「揚げおかき塩味」です。今朝から少々、どぶ臭い口の中へ放り込んで1回噛み締めると、塩とおかきの絶妙な風味が口の中でミックスくすくすコノヤロー状態になり、即、あの世へ旅立てます。
仲見世・杵屋ぜひ!

「仲見世・杵屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから4件目(西)
電話:03-3844-4550
営業時間:9時~18時45分
定休日:無休
URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=46

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ