浅草・浅草寺「お水舎(手水舎)」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「お水舎(手水舎)」

浅草寺 手水舎01
創建年

  • 1964年(昭和39年)
建築様式(造り)

  • 方形平家建
  • 鉄筋コンクリート造
屋根の造り

  • 銅葺き
龍神像

  • 作者:高村光雲
  • 造立年:1903年(明治36年)
天井画(墨絵の龍)

  • 作者:東 韻光
  • 作画年:1964年(昭和39年)
手水鉢

  • 錆御影石造(八角形)
  • 直径:2.3m
  • 高さ:1m
発願者

  • 浅草料理飲食業組合

浅草寺「お水舎(手水舎)」の読み方

お寺や神社では参拝する前には、手を洗うことで自らの身を清めますが、その場所を「手水舎(ちょうずしゃ/ちょうずや)」と言います。

浅草寺では、手水舎のことを「お水舎(おみずや)」と言うそうです。

浅草寺「お水舎(手水舎)」の歴史・由来

浅草寺のお水舎は、1964年(昭和39年)4月に「浅草料理飲食業組合」からの寄進によって、建てられたものです。

ちょうど、同年10月に行われた東京オリンピックの前に、このように立派なお水舎が建てられたことになりあmす。

お水舎の建築様式(造り)は、鉄筋コンクリート造、平屋建てで屋根は「銅」で葺かれています。

八角形手水鉢は「錆御影石(さびみかげいし)」でできており、その上にいる8匹の龍の口から、水が細く出てきています。

浅草寺・手水舎「龍神像」

浅草寺の水鉢の上に立つ「龍神像」

お水舎の中には1体のブロンズ像が見えます。

頭に龍を乗せた銅像で、「龍神像・沙竭羅(さから)龍王像」と言います。

浅草寺・手水舎・龍神像沙竭羅龍王は、法華経を守っているという龍族・八代龍王の1人です。

龍神像は、彫刻家・高村光雲(たかむらこううん)により造られたもので、1903年(明治36年)に奉納されました。

以前は本堂の裏に噴水があり、そこに置かれていたものを、このお水舎を建てた時に持ってきたのです。

高村光雲とは、東京国立博物館所蔵の国宝に登録されている彫刻「老猿」を造った彫刻家です。

光雲は、幕末の時代に台東区で生まれています。

実は、お水舎には龍神像以外にも、もう1匹「龍」がいます。

その「龍」と言うのが、お水舎の天井の「墨絵の龍」です。

浅草寺 手水舎この墨絵は、お水舎が建てられた時に「東韻光」によって描かれたものです。

龍は水をつかさどるものとされていますが、このお水舎ではたくさんの龍がみられるのです。

浅草寺・お水舎での作法(手順)

お水舎は参拝の前に手を清める場所ですが、その作法を最後に紹介します。

1.柄杓(ひしゃく)を右手に持って、左手を洗う。
2.柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗う。
3.もう一度、柄杓を右手に持ち、左手に水を注ぎ、口をすすぐ。また左手を洗う。
4.最後に柄杓を立てて、残った水で柄杓の柄(え)の部分を洗う。

最後に柄杓の柄を洗うというのは、次に使う人が気持ちよく使えるようにとの「優しさ」とも言えます。

そんなあなたの心遣いは、しっかりと観音様が本堂の内陣から見ていらっしゃいます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ