浅草・浅草寺「影向堂」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「影向堂」

影向堂

再建年

  • 1994(平成6)年
建築様式(造り)

  • 寄棟造
    ※鉄筋コンクリート製
屋根の造り

  • 本瓦造葺(しころ屋根)
屋根両端「鴟尾(龍彫り)」

  • 長さ:70cm
  • 高さ:80cm
  • 幅:30cm
大きさ

  • 正面横幅:13.3m
  • 奥行き:13.3m
  • 高さ:12.9m

浅草寺・影向堂の読み方

浅草寺・影向堂は、浅草寺で中でも最も読みにくい建物でしょうが、「影向堂」は「ようごうどう」と読みます。

「影向堂」の意味

本堂の西ある建物を、「影向堂」と言います。

「影向」とは、神様や仏様が人間世界に現れることを言います。

浅草寺では、観音様の教えを助けながら、人々救う仏様たちを「影向衆」と呼び、この「影向堂」でお祀りしています。

「影向堂」には、「影向衆」の仏像が8体安置されているそうです。

浅草寺・影向堂の建築的特徴


スポンサードリンク -Sponsored Link-






このお堂は、鉄筋コンクリートでできています。

と、言いますのも、その歴史は浅くもともとは淡島堂が影向堂の役目を担っていましたが、1994(平成6)年の境内整備時に、新たに建てられたものなのです。

「寄棟造(よせむねづくり)」「本瓦造葺の”しころ屋根”」です。

「しころ」とは、兜の左右に垂れた部分のことで、しころ屋根はもともとの屋根から、さらに屋根が垂れたような形になっています。

浅草寺・影向堂しころ屋根

影向堂の場合は、まるで屋根が2重にあるように見えます。

さらに屋根の上には、金色のツノが生えています。

浅草寺・影向堂の屋根の上の金色の魚

浅草寺・影向堂の屋根の鴟尾浅草寺・影向堂の屋根の両端のツノのようなものは、「鴟尾(しび)」と呼称される屋根の飾りです。

その高さは80センチメートルと大きく、左右の鴟尾に「阿吽の龍」が彫られています。

影向堂に「鴟尾」を取り付けた理由とは、影向堂が再建した年は、記録的な日照りが続いており、雨を降らせると云われる「棟飾りの鴟尾」を取り付けたそうです。つまり現在の鴟尾です。

その後、見事に大雨が降ったというのですから「鴟尾」の力はあなどれません。

しかし、鴟尾は通常は「火除け」として用いられることが多いです。

代表的な鴟尾に「奈良・東大寺」があります。

他にも鴟尾ではありませんが、鴟尾と似たような目的で付けらたのが「シャチホコ」です。

「シャチホコ」の「シャチ」とは「鯱」と書き、創造上の魚のことであり、「火から守護の目的」で屋根に付けられたものです。

「鯱」の起源は、織田信長が寺院の置物の逗子から着想を得て、安土城の屋根に付けたのが起源とされています。

現代に現存しているシャチホコでは名古屋城が有名ですね。ウフ

ご本尊・聖観世音菩薩像と「十二支聖観音菩薩」

お堂の中に入ると、内陣は畳みが敷かれており、仏像が置かれている黒色の壇である「須弥壇(しゅみだん)」が奥に見えます。

須弥壇の中央には御本尊の聖観世音菩薩像が置かれ、その周りにもたくさんの仏像がまつられています。

これらは、自分の生まれ年の守護仏である「生まれ年十二支守り本尊」です。

子→千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)…千本の手であらゆる願いを叶えてくれる。
丑・寅年→虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)…福徳と智恵を授けてくれる。
卯年  →文殊菩薩(もんじゅぼさつ)…悟りと智恵を授けてくれる。
辰・巳年→普賢菩薩(ふげんぼさつ)…幸福を増やし、女性の救済をしてくれる。
午年  →勢至菩薩(せいしぼさつ)…迷いから解き放ってくれる。
未・申年→大日如来(だいにちにょらい)…日の光のように輝き、人々を照らす。
酉年  →不動明王(ふどうみょうおう)…煩悩をはらってくれる。
戌・亥年→阿弥陀如来(あみだにょらい)…やすらぎを与えてくれる。

守り本尊8体と、中央に安置された聖観世音菩薩像を合わせて「九尊仏」と呼びます。

十二支なのに、なぜ8体しか仏像がないの?と思いますよね。

これは、方角を8方位であらわした時に、北・北東・東・南東・南・南西・西・北西と呼ぶことから、子・丑寅・卯・辰己・午・羊申・酉・戌亥と、方角に合わせて守り本尊が定められているのです。

ただ、それぞれの仏像で、ご利益が違うので、生まれ年の仏像でなくともお参りしたくなってしまいますね。

浅草寺・浅草七福神と「大黒天・聖観音菩薩の御朱印」

堂内の右手には「大黒天」がまつられています。

この大黒天は「浅草名所(などころ)七福神」の一人です。

また、本堂の東側にある浅草神社では、浅草七福神のうち「恵比寿」がまつられています。

「影向堂」では、大黒天の御朱印を授かることができます。

「大黒天」の御朱印

大黒天の御朱印は、中央に「大黒天」と大きく墨書きがあり右上に「名所七福神」の押印がされています。

  • 「大黒天」の御朱印の値段:300円

また、他にも浅草寺の永代秘仏・御本尊である聖観世音菩の御朱印も、ここで同じように授かることができます。

浅草・浅草寺の御朱印の「種類・値段・場所・営業時間・混雑具合」など

中央に「聖観世音菩」の墨書きがあり左上に「坂東捨三番」の押印があります。

「なお、「九尊仏」の御朱印もあったのですが、「印」が壊れたため、2016年6月現在は授与できなくなっているようです。

「聖観世音菩」の御朱印の値段:300円

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ