【これ10選!】東京・浅草寺「仲見世」での食事(ランチ・グルメ)・食べ歩き!人気おすすめランキング!

スポンサードリンク

【これ10選!】東京・浅草寺「仲見世」での食事(ランチ・グルメ)・食べ歩き!人気おすすめランキング!

浅草寺周辺は、気軽につまめる食べ歩きグルメの宝庫です!

ここでは仲見世に絞って、おすすめをご紹介します。

ちなみに、仲見世通りでは、歩きながら食べる行為は禁止されているので、立ち止まり周りに注意して味わってくださいね。

※場所の表記について★その1★

「雷門」、仲見世の中ほどで交差する「新仲見世通り」、宝蔵門寄りの「浅草柳通り」を起点に、浅草寺境内に向かって進んだ場合の何件目かで表しています。
浅草寺に向かって右が「東」、左が「西」です。

※その他の表記について★その2★

オリジナルのホームページがある場合のみ、そのURLを載せました。
ない場合は、仲見世のホームページをご覧ください。
http://www.asakusa-nakamise.jp/index.html

第10位.東京・浅草(仲見世)「金龍山」

「仲見世・金龍山」 江戸時代から続く老舗で、今や複数あるあげまんじゅうのお店の中でも元祖です。
ここのあげまんじゅうが一番おいしいという声も多く、箱入りの5個セットが最小単位なのにも関わらず、温かいうちにということで、その場で開けて食べる人もいるほどなんです。
何人かで分けて食べられるとなおイイですね!「金龍山」

「金龍山」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから4件目(東)
電話:03-3841-9190
営業時間:9時~17時30分
定休日:水曜日

第9位.東京・浅草(仲見世)「喜久屋」

仲見世・喜久屋国内産の素材にこだわり、添加物を使わない、優しいお味が自慢の和菓子屋さんです。
名物「喜久団子」は、あんこの入った、ちょっと珍しいみたらし団子です。
豆大福、よもぎ大福、よもぎ団子などもあります。
お寺の参道にはお団子がぴったりですね!仲見世・喜久屋01

「喜久屋」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から9件目(東)
電話:03-3841-5885
営業時間:10時~18時 ※売り切れ次第閉店
定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日

第8位.東京・浅草(仲見世)「舟和・仲見世3号店」

舟和・仲見世3号店舟和の名物芋ようかんやきんつば、ソフトクリームをその場でいただけます。
芋ようかんを焼いてバターを添えた「焼き芋ようかん」、凍らせた「アイス芋凍かん」芋ようかん入りの「舟月どらやき」など、お馴染みの芋ようかんの様々なバリエーションを試せますよ。舟和・仲見世3号店01

「舟和・仲見世3号店」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から14件目(西)
電話:03-3844-2781
営業時間:10時~18時
定休日:無休
ホームページ:http://funawa.jp/

第7位.東京・浅草(仲見世)「浅草ちょうちんもなか」

浅草ちょうちんもなか日本唯一の「もなか専門店」だというコチラのお店の名物は「アイスもなか」です。
職人さんが1枚1枚丁寧に焼き上げる提灯の形の皮にアイスを挟んでいただきます。
味は8種類から選べ、バリエーションは季節によって変わります。
お土産用の「もなか」もありますよ。浅草ちょうちんもなか02

「浅草ちょうちんもなか」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから3件目(東)
電話:03-3842-5060
営業時間:10時~17時30分 ※イベント時・夏期は延長
定休日:不定休

第6位.東京・浅草(仲見世)「木村屋本店」

仲見世・木村屋本店浅草で最も古い、人形焼きのお店です。
提灯、鳩、雷さま、五重塔の4種類が1セットになったかわいらしい人形焼きが名物です。

ハチミツが隠し味のしっとりした生地に「こしあん」がよく合いますよ。
浅草寺に一番近いところにあるので、広い場所を探してゆっくり食べられるのもイイですね!木村屋本店00

「木村屋本店」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから18件目(東)
電話:03-3841-7055
営業時間:9時~19時頃
定休日:不定休
ホームページ:http://www.kimura-ya.co.jp/


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 東京・浅草(仲見世)「浅草きびだんご・あづま」

浅草きびだんご・あづま01 江戸時代、仲見世に実際にあったものを再現したという「きびだんご」が有名で、店舗では実演販売をしています。
ちなみにまぶしてあるのは「きび粉」ではなく「きな粉」なんだそうです。
5本セットですが、小ぶりなのでペロりと食べられますよ。
お土産用もあります。浅草きびだんご・あづま

「浅草きびだんご・あづま」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:雷門から6件目(西)
電話:03-3843-0190
営業時間:9時~19時
定休日:無休

 東京・浅草(仲見世)「壱番屋」

仲見世 「壱番屋」商品によって使用する米の銘柄を変えるという、こだわりの煎餅店です。
お店で焼いたできたての煎餅を、その場で味わえます。
「薄焼きせんべい」「ぬれせんべい」「浅草のりせんべい」などから選べ、1枚50円からという価格も嬉しいオススメの食べ歩きグルメです!仲見世 「壱番屋」00

「壱番屋」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから12件目(東)
電話:03-3842-5001
営業時間:8時~19時
定休日:無休
ホームページ:http://www.senbei-yaketayo.com/

 東京・浅草(仲見世)「三鳩堂」

仲見世・三鳩堂鳩の形がかわいらしい人形焼きが名物のお店です。
作りたてを1個から購入できるので、色々なものを少しずつ味わいたい場合にはもってこいの食べ歩きグルメです。
1か月日持ちする真空パックの人形焼きもあり、お土産に重宝します。仲見世・三鳩堂00

「三鳩堂」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから17件目(西)
電話:03-3841-5079
営業時間:8時~20時30分
定休日:無休

 東京・浅草(仲見世)「九重」

仲見世 「九重」国産の材料を使い高級ごま油で揚げたコダワリのあげまんじゅうのお店です。
こしあん、抹茶あん、かぼちゃあんなど、7種類から選べます。
ぜひ、揚げたてをいただきましょう。
宝蔵門からは3件目です。仲見世 「九重」00

「九重」へのお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:浅草柳通りから16件目(東)
電話:03-3841-9386
営業時間:9時30分~18時、19時頃 ※11月・12月、イベントにより変更あり
定休日:無休
ホームページ:http://www.asakusa.gr.jp/shop/kokonoe.html

 東京・浅草(仲見世)「仲見世・杵屋」

仲見世・杵屋01 食べ歩きで甘いものに疲れたら、揚げたての「おかき」はいかがでしょうか。
サっクサクっ♪の軽い食感で、油っこくないので、たくさん食べられます。
これが味わえるのは、実際に現地に行った人の特権ですよね。
もちろん、お土産用もあります。仲見世・杵屋

「仲見世・杵屋」のお問い合わせ先「場所・電話番号・営業時間・定休日」

場所:新仲見世通りから4件目(西)
電話:03-3844-4550
営業時間:9時~18時45分
定休日:無休

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ