浅草・浅草寺でお祀りされているのは仏様?神様?参拝のご利益(効果)とは??

スポンサードリンク

浅草・浅草寺でお祀りされているのは仏様?神様?参拝のご利益(効果)とは??

浅草寺は元々、天台宗のお寺でしたが、1950年に「聖観音宗」の大本山として独立しました。

あなたはこの「聖観音」がどんな仏様か、ご存知ですか?

浅草寺の「聖観音(しょうかんのん)」とは

浅草寺 聖観音 御開帳浅草寺は「浅草観音」という通称で親しまれていますが、この「観音」という のは、浅草寺のご本尊である、「聖観世音菩薩像」のことです。

この聖観世音菩薩像は、浅草寺の開祖とされる勝海上人の夢のお告げにより、645年に「絶対秘仏」と なりました。

その後、平安時代の僧侶、慈覚大師円仁によって、お前立本尊(秘仏の代わりに拝むための仏像)が造られましたが、こちらも公開されるのは、通 常、毎年12月13日のみとなっています。

さて、浅草寺のご本尊である聖観世音菩薩像については、1400年頃成立したと言われている「浅草寺縁起」に、次のような物語が伝わっています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






628年3月18日、宮戸川(現在の隅田川)で、漁師の檜前浜成(ひのくまのはまなり)と竹成(たけなり)という兄弟が漁をしていましたが、その日は何度 網を投げても、魚はかかりませんでした。

しかし、しばらく繰り返していると、漁の網に高さ5.5cmほどの人の形をした像がかかりました。

ふたりはその像 を川に捨て、また漁を始めましたが、何度やっても、場所を変えても、同じ像が網にかかります。

不思議に思った浜成と竹成は、結局その像を陸に上げ、切り株 に安置しました。

この出来事を耳にした郷司(地方長官)、土師中知(はじのなかとも)は、像を見て、聖観世音菩薩の像であることに気づき、兄弟に功徳など について説きました。

尊い仏様だということを知った浜成と竹成は、この聖観世音菩薩像に翌日の大漁をお願いしました。

すると、19日は前日と打って変わっ ての大漁でした。

中知はその後まもなく、自宅をお寺にして聖観世音菩薩像を祀り、自分でも深く信仰して出家しました。―

※土師中知は、一説に土師真中知(はじのまなかち)とも。

浅草寺は1400年もの間、多くの人々の信仰を集め、度重なる火災の後も復興し、栄えてきました。

平安時代から鎌倉時代にかけては源義家、義朝、頼朝も浅草 寺を訪れましたし、江戸時代には徳川家康により幕府の祈願所に定められ、歴代の将軍も度々参拝しました。

前述のように、聖観音様は、大変慈悲深い仏様で す。

悩んでいることがあれば打ち明け、ご加護をお願いしてみましょう。参拝の際は、合掌し、「南無観世音菩薩」と唱えます。

そもそも「聖観音」とは

聖観音とは、「聖観世音菩薩(しょうかんのんぼさつ)」のことです。

聖観音菩薩は、阿弥陀如来の脇侍(きょうじ/に仕える)の菩薩様です。

その証拠の1つとして、阿弥陀如来の分霊である「化仏(けぶつ)」を頭上の冠の中央に掲げています。

仏教には「輪廻転生(りんねてんせい・りんねてんしょう)」という考え方があります。

迷いのある者は、死した後、来世で生まれ変わり、心は6つの世界をぐるぐる回ることになります。

この6つの世界は六道と呼ばれ、「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」に分かれています。

人間を含む動物は、迷いを捨て悟りを開かない限り、迷いのあるこれらの世界を転々とし続けるのです。

六道のそれぞれにいる観音様たちを六観音と呼びます。

その中で地獄道にいらっしゃるのが、聖観世音菩薩です。

私たちが「観音様」とか、「観音菩薩」と言うとき、普通はこの「聖観世音菩薩」を指しています。

聖観世音菩薩は、大いなる慈悲により、地獄道に落ちて苦しみ、悩む者を慈しみ、救います。

像として表される時は、容姿やポーズには特に際立った特徴は無く、人間に近い姿です。

大乗仏教の経典「華厳経(けごんきょう)」によると、観音菩薩(観音様)は、西遊記で有名な「玄奘三蔵法師」によると、インドの遥か南の海に八角形に形をした「補陀洛山(ふだらくさん)」と言われる山があってその山の頂に住んでいるとされています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ