浅草・浅草寺「宝蔵門」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「宝蔵門」

浅草寺・宝蔵門

創建年

  • 942年(天慶5年)※平安時代
再建年

  • 1649年(慶安2年)※江戸時代初期
  • 1964年(昭和36年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 鉄筋コンクリート造
  • 三手先(和様)
  • 三扉・重層門
  • 塗装:合成樹脂

※東西五間、中央三間

屋根の造り

  • 本瓦葺(チタン製)
大きさ

  • 高さ:21.7m(総高22.7m)
  • 横幅:21.1m(5間)
  • 奥行き:8.2m
  • 総面積:492.0m2(149.2坪)
  • 初層の総面積:173.6m2(52.6坪)
  • 中層の総面積:173.6m2(52.6坪)
  • 最上層の総面積:144.5m2(43.8坪)
安置されている仏像(外側)

  • 仁王像(吽形・阿形)
安置されている仏像(内部)

  • 釈迦如来像
  • 風神・雷神像
  • 四天王像 (持国天・増長天・広目天・多聞天)
発願者

  • 平公雅(創建)
  • 大谷米太郎(1964年・現)
施工者

  • 清水建設株式会社

浅草寺・宝蔵門の読み方

浅草寺・宝蔵門は「ほうぞうもん」と読みます。創建当初は「仁王門」と呼ばれていました。

”宝蔵門”と呼ばれる理由

かつては「仁王門(におうもん)」と呼ばれていましたが、上層部分が宝物を入れておく「蔵」の役目も果たしていたため、いつしか「宝蔵門」と呼称されるようになっています。

宝蔵門に安置される宝物

・元版一切経(げんばんいっさいきょう)28巻【重要文化財】
・そのほか寺宝類

浅草寺・宝蔵門の歴史・由来

雷門から参道を通って本堂に向かう途中に、もう1つ雷門に似たような門があります。

この門こそが、五重塔の隣にある「浅草寺・宝蔵門」です。

雷門と同じように、赤い大きな提灯が下げられており「小舟町」と書かれています。

過去に、仁王像を安置していたことから、別名で「仁王門」と呼ばれていました。

浅草寺・宝蔵門はいつ建てられたの?

宝蔵門は、942年(天慶5年)、平安時代の武将・「平公雅(たいらのきんまさ)」によって建てられたと言われています。

公雅は、平将門の乱で有名な平家の武将・平将門の従弟にあたります。

公雅がこの地域の役人になった時に、「武蔵守(むさしのかみ)」に任ぜられ、浅草寺の建物を整備しました。

雷門や五重塔もこの時に、宝蔵門と共に造営されています。

しかし、その後、浅草寺の他の建物と同様に、何度も火災に見舞われてしまいます。

江戸時代には、徳川家光の命令で本堂とともに再建されますが、これも1845年(昭和20年)の東京大空襲によって焼失してしまいます。

浅草寺・宝蔵門ってどんな建物?

宝蔵門は木造であったものが、昭和の再建の時に、鉄骨鉄筋コンクリート造りに生まれ変わりました。

入母屋造(いりもやづくり)の屋根の軒(下)は、「三手先(みてさき)」になっています。

三手先とは、屋根を支える柱の飾りが3段になっていると言うことです。

よく目をこらして本堂の「角」を見れば、三段階に組み物がされているのがよくわかります。

部屋は5間、扉が3つある重層門は、21.7メートルの高さを誇ります。

この門には、日本初の試みがあります。

日本初の試みとは屋根の瓦です。

ただの「土瓦」かと思いきや、よく見れば一層の輝きを放つ「オールチタンの本瓦葺」になっていることが分かります。

耐震性や耐食性、そして安全性を考えて、金属であるチタンを瓦に採用しています。

よく見ると瓦は2種類の色からできています。

土瓦の色合いを再現しているのです。

宝蔵門の後、本堂もチタン本瓦葺きに移行しています。

かつて宝蔵門に登って浅草の景色を眺望できた?!

浅草寺の寺伝によれば、かつて信者への特別な取り計らいとしてなんと!この宝蔵門を展望台として門の縁部分に登ることを許可したとのことです。

理由はこの当時、浅草周辺に景色を一望できるような建物や山や丘がなく、景色を見れるように信者に限定して開放したとのことです。

ただし、いつでも門に登ることができるわけではなく、1年を通して定められた7日間のみの期間限定の開放だったようです。

かつて門に登れた日
  1. 元旦
  2. 2月15日(涅槃会)
  3. 4月8日(釈迦の生誕祭/仏生会)
  4. 7月15日(盂蘭盆会)
  5. 7月16日(盂蘭盆会)
  6. 彼岸中日(春)
  7. 彼岸中日(秋)

この当時の人々はこの7日間が来るのを心待ちするくらい楽しみにしていたとのことです。

現在では東京スカイツリーや高層ビルなどの高層の建物が軒を連ねるので、特に目新しさはありませんが、当時の人々からすれば景色を見ることなど夢のまた夢のようなものであったので、その喜びようが目に浮かびます。

実際に「中日に仁王の頭を踏みならし」などの川柳でも歌われるほどだったようです。

まさに「冥土への土産話」というフレーズが見事に合致したのではないでしょうか。ウフ

なお、人々が門の上に登って眺望を楽しんでいる様子を描いた絵図が現存しており、葛飾北斎作の新板浮絵「金龍山二王門之図」にその様子が描写されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






宝蔵門の見どころ

浅草寺・宝蔵門の「仁王像」

阿形(あぎょう)
  • 造立年:1962年(昭和37年)1月〜1964年(昭和39年)3月
  • 像高:4.54m・土台部分:52cm(総高5.45m)
  • 仏師:錦戸新観
  • 塗装:磯貝玉州
  • 製作期間:約2年2ヶ月
吽形(うんぎょう)
  • 造立年:1962年(昭和37年)1月〜1964年(昭和39年)3月
  • 像高:4.93m・土台部分:52cm(総高5.45m)
  • 仏師:村岡久作
  • 塗装:磯貝勝之
  • 製作期間:約2年2ヶ月

宝蔵門を正面から見ると、左には阿形像、右には吽形像の仁王像が参道の外に、ニラみをきかせています。

浅草寺・宝蔵門の「仁王像」01↑左には阿形像の画像(写真)

浅草寺・宝蔵門の「仁王像」↑右には吽形像の画像(写真)

まさに門番といった様子です。作風に力強さは感じられますが、運慶快慶作の仁王像とはまた少し趣旨が異なり、細部の造形を過去に倣いつゝ、現代風の仁王像に仕立て上げたといった感じがします。

阿形像は、口が空くほど怒りに満ちており、手には「金剛杵(こんごうしょ)」を持っています。

体は全身真っ赤で、足元を見ると足の甲に血管が浮き出ています。

宝蔵門の仁王像のご利益

宝蔵門の仁王像(仁王尊)の縁日は毎月8日です。

この縁日に浅草寺(仁王門)に訪れると、特に強く「健康長寿、災厄消除、虫封じ」などのご利益を授かることができます。

地元の人々からは古来、「厄難避け」や「身体健全」のご利益があるとされています。

江戸時代にはこの仁王像がヨダレを垂らしたとの噂が広まり、子供をこの仁王像の間にくぐらせることによって疱瘡(ほうそう)の病魔を祓うことができると信仰されおいたようです。

ほかにも紙を口に入れて数回噛んで丸めた後、その紙を仁王像へ投げつけて仁王像の身体に張り付いたら祈願成就するといった俗信まで出回ったそうです。

大谷夫妻のブロンズ像

現在の宝蔵門は、1964年(昭和39年)にホテルニューオータニの創始者・「大谷米太郎(よねたろう)氏」の寄進によって再建されたものです。

大谷氏のお顔を拝見されたい方は「本堂裏」へ行ってみましょう。

浅草寺の北の広場に「大谷夫妻のブロンズ像」が建っています。

大きなわらじ「大わらじ」

宝蔵門のシンボルマークとして有名なものがありますが、そのシンボルこそが「大きなわらじ」です。

この大わらじは、山形県村山市の奉賛会から奉納されたものですが、浅草寺に奉納された理由は、このわらじが仁王像の作者である村岡久作氏の地元にあたるからなのだそうです。つまり、村岡氏の縁がらみで奉納された「大わらじ」ということになります。

大ワラジの大きさ

  • 高さ:4.5m
  • 全長(長さ):1.5m
  • 重さ:400kg
宝蔵門の「大わらじ」は30mの巨人が履くために作られた?!

「宝蔵門」の裏には、大きなわらじが一足飾られています。

宝蔵門の「大わらじ」は30mの巨人が履く?!

驚くことに、なんと!ワラジの長さは阿行像の身長とほぼ同じ4.5メートルというのですから驚きを隠せません。

成人男性の足のサイズを26センチメートルとすると、約17倍の大きさです。

ちなみに、このわらじを履く人物を検証したところ、なんと!30メートル近くの巨人が履くサイズだと言うからこれも驚きです。

こんなに巨大な番人が、浅草寺を守っているのだと気づけば、邪気や魔も立ち去りたくなることでしょう。

仁王像は身体健全、魔除けのご利益があるとされています。

大わらじの制作期間

この大わらじの制作期間っていったいどれくらいかかっているのか想像につきますか?

なんと!およそ800人の手によって1ヶ月という期間を要してやっとこさ完成したものだそうです。現在も浅草寺の縁日や記念日に制作されて奉納されているようですが、約2500キログラムもの藁(わら)が必要になるそうで、藁を集めるだけでも相当な労力を要するとのことです。

なお、この大わらじが最初に奉納されたのが1941(昭和16年)であり、以降、10年に1度の割合で奉納されています。

平成から→令和へ元号が変更になった2019年時点において8回奉納されています。

さらに重さだけでも400キログラムもあるので、輸送と門に設置するまでにも大掛かりな作業が伴います。

大ワラジに触ると・・意外なご利益が?!

実は、このワラジにはご利益があるのを知っていますか?

そのご利益とは、このワラジに触れることで、なんと!「健脚」のご利益や「悪霊を退治できる巨人が履くわらじ」として、魔除けのご利益があるとも云われています。

しかし何せこのワラジ、門の高い位置に飾られていることから、手を伸ばしてもなかなか触れることが難しくなっています。

ご利益を授かりたい方は、何とか頑張って手を伸ばして触れてみて下さい。

宝蔵門の「小舟町の大提灯」と「魚がしの大提灯」

小舟町の大提灯の大きさ

  • 高さ:3.75m
  • 横幅幅:2.7m
  • 重さ:450kg
魚がしの大提灯の大きさ

  • 高さ:2.75m
  • 横幅:約2m
  • 重さ:1.000kg

この宝蔵門の見どころは、まだ他にもあります。

その見どころと言うのが「大提灯」です。

高さ4メートル弱の大提灯は日本橋の「小舟町(こぶなちょう)奉賛会」と「魚河岸講(魚市場の有志)」から奉納されたものです。

⬆️左右に「魚がし」右に「小舟町」と大きく書かれている

⬆️魚がしの大提灯⬆️小舟町の大提灯

実は、この提灯なんと!雷門の提灯よりも歴史が古く、およそ1684年〜1687年(貞享年間)に奉納された提灯とのことです。

ちなみにこのような提灯を奉納する風習は、1657年頃から現在まで350年以上も提灯の奉納は続けられているとのことです。

小舟町の町民や企業、小舟町に思い入れのある人々や、徳川家康公にひいきにされた魚市場の人々が協力して、500万円から600万円ほどの費用をかけて造られた提灯とのことです。

他にも、提灯の下には、雷門、二天門の提灯と同じように龍の絵が一枚の板に彫られています。

門をくぐるときに見上げて見て下さい。

宝蔵門の「小舟町の大提灯」

「浅草寺」と書かれた扁額

この宝蔵門にも扁額(へんがく)が掲げられています。

この扁額は京都左京区に位置する「曼殊院(まんしゅいん)」の門跡・良尚法親王が1634年〜1687年の間に揮毫したものを模写したものになります。

浅草寺・宝蔵門のライトアップの開始時間と終了時間

かつて仁王門と呼ばれていた時代の宝蔵門は「四万六千日(7月9日・10日)」や「歳の市(12月17日・18日)」などの縁日以外は、「暮六つ(くれむっつ)※現在の午後6時」には閉じられていたそうです。

かつては伝統などなかったので周囲は真っ暗だったようです。

などこの宝蔵門も五重塔同様に日没からライトアップされています。

明かりに照らされて、仁王像の迫力を増しています。

ライトアップの時間帯は、「日没から午後11時」までです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ