浅草・浅草寺「淡島堂」

スポンサードリンク

浅草・浅草寺「淡島堂」

浅草寺 淡島堂01

創建年

  • 不明
  • 推定:1688年~1704年(元禄年/江戸時代)
再建年(移設)

  • 1994年(平成6年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 向拝付き
  • 平入
屋根の造り

  • 本瓦葺き
御本尊

  • 阿弥陀如来
  • 虚空蔵菩薩(淡島大明神)
  • 取子地蔵菩薩
  • 白木聖観世音菩薩
法要

  • 例年2月8日「針供養」

浅草寺・淡島堂の読み方

浅草寺の境内には、漢字の羅列で読みにくい名前の仏像やお堂がありますが、淡島堂は「あわしまどう」と読みます。

浅草寺・淡島堂の歴史・由来・見どころ(見所)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






本堂の西側に、淡島堂というお堂があります。

本堂から離れているため、ここまで参拝に来る人の姿はあまりみられません。

初詣の時も、この辺りは静かだといいます。

元禄年間(1688~1704)に和歌山県にある紀州加太(かだ)の淡島神社から、淡島明神をお迎えしておまつりしたことから、淡島堂の名前がつけられました。

和歌山県の淡島神社は、女性に優しい神様をまつる神社で、関西では「針供養」や「流し雛」が行われることで有名です。

「流し雛」とは、お祓いの人形を清水(川)に流すといった淡島神社の古くからの神事です。

浅草寺の他の寺院でも、淡島神社からゆずられた淡島明神をおまつりしている淡島堂が多々あります。

浅草寺・淡島堂の仏像の歴史

淡島堂は、東京大空襲で焼失した本堂にかわり、戦後は仮の本堂として使われていました。

その後、影向堂(ようごうどう)として使われていましたが、1994(平成6)年の境内の整備で、解体せずにお堂を現在の場所に移したそうです。

ご本尊は阿弥陀如来座像ですが、淡島大明神の本地仏(ほんじぶつ)として「虚空蔵(こくうぞう)菩薩」をまつっています。

本地仏とは、神仏習合によって、神様を具現化した姿をあらわした「仏像のこと」です。

おそらく、明治の神仏分離令の時に、淡島明神をまつっていたら分離するように注意を受けたので「いえいえ、これは虚空蔵菩薩の別の姿なのですよ」
「本当は虚空蔵菩薩をおまつりしているのです」

・・などというような具合で本地仏が置かれたのでしょう。

なお、このような具合で神様の姿を表現した「本地仏」が安置されている寺院はたくさんあります。

他にも、日本橋の白木屋の井戸から現れたという「白木聖観世音菩薩」を1999年(平成11年)から淡島堂に移しておまつりしています。

お堂の中に上がって仏像を拝むことができます。

浅草寺・淡島堂「針供養」の意味・由来・ご利益

例年、2月8日11時から淡島堂では「針供養」が行われます。

この日ばかりは、大勢の参拝者が淡島堂に訪れます。

しかし、この日の淡島堂には、なんと!不思議なことに「着物姿の女性」が多くみられます。

実はこれには理由があって「和裁をされる方が針の供養に来ている」からです。

あまり知られていませんが、この針供養とは、淡島堂だけに伝わる特別な行事ではなく、日本中の寺院でも行われています。

寺院の中には、「こんにゃく」や「塩の山」に針を刺して針供養を行う寺社もあるようですが、浅草寺では「大きなお豆腐」に、1人1本壊れた針を持って刺していくのです。

いつもは、固い布に刺さる針も、この時ばかりは柔らかいお豆腐に刺すことで手と指が一休みできるのです。

たくさんの参詣者が針を刺した豆腐の姿は、マチ針の頭がカラフルなため、お豆腐がオシャレをしているようにも見えます。

ところで・・針仕事をしている女性しか参拝に来れないの??

上述の内容からすると、針仕事をする女性にしか、ご利益がないように思われますがそんなことはありません。

確かに、古来では女性が家を守る風習(家事全般をこなす)があったり、日本全体で衣料関係の仕事が盛んな時期があったりしたので、「女性が針を持つ物」と言う世間の常識のような風潮がありました。

そんなこともあって針供養の日は、女性の皆さんが針仕事をお休みして日頃の疲れを癒す日とされていました。

しかし時代が流れる中で産業も移り変わり、現在では「世のすべての女性が癒され、女性を休ませてくれる日」とされています。

したがって、世の中のすべての女性の方全般に対してご利益がある日と言うことになります。

なお、豆腐に針を刺すのに大行列ができますので、11時よりも早く針を持って参拝しましょう。

浅草寺・淡島堂の「オリジナルお守り」

浅草寺・淡島堂にはオリジナルのお守りを授かることができます。

ド真ん中に「淡島尊御守」と大きく書かれたお守りです。

浅草寺・淡島堂のオリジナル「子授け守り」

浅草寺・淡島堂no

浅草寺・淡島堂の場所

浅草寺・淡島堂の場所は境内の五重塔の真後ろの薬師堂の左脇にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ