浅草・浅草寺の御朱印帳の「種類(大きさ)・値段・場所・営業時間(混雑具合)」など

スポンサードリンク

浅草・浅草寺の御朱印帳の「種類(大きさ)・値段・場所・営業時間(混雑具合)」など

浅草寺では、御朱印もいただけますが、もちろんの事、オリジナルの御朱印帳も販売しています。

他にも、浅草寺は「坂東三十三観音霊場」のうちの1霊場に指定されていますので、「坂東三十三観音霊場」の共通の御朱印帳も販売しています。

浅草寺で御朱印帳も検討されておられる方は、ぜひ、ご参考にしてください。

浅草寺のオリジナル御朱印帳の「種類・値段」

一般的な御朱印帳のサイズは、大(約18cm×12cm)と、小(約16cm×11cm)があり、浅草寺オリジナルの御朱印帳も、この2種類です。

いずれも表紙を開くと「南無観世音菩薩浅草寺」と書いてあります。

中の紙は、鎌倉時代頃からふすまや屏風、書物などに多く使われてきた、「鳥の子紙」という淡い黄色の和紙になっています。質がいいということで、評判なんだそうですよ。

さて、表紙のデザインは以下の3種類があります。

浅草寺「緑の無地」の御朱印帳

浅草寺「緑の無地」の御朱印帳「納経帖」の文字以外は完全な無地です。

色はグレーがかった緑で、大きい方のサイズ(約12.×18cm)です。

緑の無地の御朱印帳の値段

  • 1000円
緑の無地の御朱印帳のサイズ(大きさ)

  • 約12.×18cm

スポンサードリンク -Sponsored Link-






浅草寺「紺地に金龍」の御朱印帳

浅草寺「紺地に金龍」の御朱印帳浅草寺のご本尊、観世音菩薩像が発見されたのを喜び、金龍が現れたという伝承から、その龍がデザインされた、優雅な印象の一冊です。青色と赤色の2色あります。
大きいサイズです。

紺地に金龍の御朱印帳の値段

  • 1500円
紺地に金龍の御朱印帳のサイズ(大きさ)

  • 約12.×18cm

浅草寺「赤の金龍」の御朱印帳

浅草寺「赤の金龍」の御朱印帳上記の紺色(青色)の龍の御朱印帳と同じデザインの色違いで、小さいサイズです。

赤色の金龍の値段

  • 1300円
赤色の金龍の大きさ

  • 約16cm×11cm

「坂東三十三観音霊場」巡礼用の御朱印帳(納経帳)

坂東観音の御朱印帳「坂東三十三観音」の札所は、関東地方の1都6県にまたがっています。

東京都内は浅草寺のみですが、他の有名なお寺や観光地としては、神奈川県鎌倉市にある長谷寺、栃木県日光市の中禅寺、茨城県の筑波山にある大御堂、群馬県の伊香保町にある水澤寺などがあります。

専用の御朱印帳と共に、気長に巡ってみてはいかがでしょうか。

浅草寺では、専用の御朱印帳が以下の2種類から選べます。

「坂東三十三観音」青緑の無地の御朱印帳

「坂東三十三観音」青緑の無地の御朱印帳の値段

  • 1100円

「坂東三十三観音」金色に花柄の御朱印帳

こちらは普通の大きいサイズよりも更に少し大きいサイズの御朱印帳です。

ジャバラではなく紐とじの形で、ページを開くと「道中安全祈願」とあります。

「坂東三十三観音」金色に花柄の御朱印帳の値段

  • 1700円

浅草・浅草寺の御朱印帳の販売場所・営業時間・混雑状況

浅草寺の御朱印帳は、御朱印所と同じ、「影向堂(ようごうどう)」の堂内にて購入することができます。

浅草・浅草寺の御朱印帳の販売場所・営業時間・混雑状況基本的な受付時間は「午前9時~午後5時」です。

しかし、休日の日中は特に、大変な混雑が予想されます。

したがって、待ち時間を減らしたい場合は、受付終了前の午後4時以降に行ってみましょう。

編集後記

御朱印帳を購入したら、さっそく御朱印をいただきましょう。

浅草寺には、「聖観世音菩薩」と「大黒天」の御朱印があります。

片方でも両方でも書いていただけるので、リクエストをはっきりと伝えましょう。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ