浅草神社・三社祭の人出と混雑具合・混雑回避方法

スポンサードリンク

浅草神社・三社祭の人出と混雑具合・混雑回避方法

浅草神社・三社祭

三社祭は例年、約200万人もの人が訪れる浅草最大といっても過言ではない、大行事です。

そんなことから混雑必至の行事でもあります。

以下では浅草神社・三社祭の混雑具合や混雑回避策を述べています。

三社祭の人出

  • 2015年:3日間で約185万人
  • 2016年:3日間で約200万人
  • 2017年:3日間で約203万人
  • 2018年:3日間で約195万人
  • 2019年:3日間で約198万人

 3日間総人出:概ね200万人

2019年の統計

18日(金)140,000人
19日(土)740,000人
20日(日)1,100,000人
合計 1,980,000人

2014年は記載していませんがおよそ150万人です。現在はさらに人出が増加し、例年200万人もの人が来訪しています。

三社祭の人出が増加傾向にある理由は昨今の外国人観光客の増加も影響しているものと考えられます。

上記では2019年の金土日の各日の統計を記載していますが、各日を比較してみた場合、例えば金曜日と土曜日の差は60万人!金曜日と日曜日を比較したケースだと87万人!!と、非常に差が大きいことが分かります。

すなわち、混雑に巻き込まれるのを極限まで回避したいのであれば金曜日が狙い目ということになります。

ただ、三社祭期間中以外の普段の週末でも、浅草は仲見世通りを中心に混雑しています。この状況がベースにあってさらに三社祭で日本全国から人が殺到するわけです。

混雑回避方法はあるのか?

2日目と3日目には、浅草の広い範囲を長い時間をかけて神輿が通るため、当然ながら車両も人も通りにくくなります。

従って、この3日間、特に神輿が出る土曜日・日曜日に浅草に出かけて混雑を回避するのはほぼ不可能です。

ただ、「お神輿を一目見て祭り気分を味わえれば十分」という方は、浅草神社から離れたところで神輿が通るのを待てば、人ごみにもまれるリスクが減るでしょう。

各神輿が通るルートはホームページに公開されているので、事前に確認して行ってみましょう。

もしくは下記のページ(「三社祭の見どころ」でもご紹介しています)

それでもやっぱり祭りで賑わう仲見世通りや浅草神社の近くに行きたい!・・というあなたのために、三社祭を見学する際に気を付けたいことを以下にご紹介します。

神輿や屋台だけでなく、人であふれかえった浅草の熱気まで一緒に楽しんでください!

 三社祭を見学する際の注意点

・ヒールやサンダルを避け、動きやすい服装で行く
・子どもは1人歩きをさせない、幼児はだっこするなどして人ごみに注意する
・大きい荷物を持って行かない
・貴重品の携帯は最小限にとどめ、しっかりと管理する
・人通りの極端に少ない小路・裏通りに入らない
・神輿に近づきすぎない
・喧嘩している人、泥酔している人をジロジロと見ない
・場所によっては人に揉まれることもあるのでスマホを落とすと踏まれて画面が割れます
・食べ物屋(ランチ&ディナー)はいっぱい(満員)です

浅草・三社祭の交通規制

浅草寺および浅草神社周辺は正月期間中と同様、「浅草1丁目~浅草雷門周辺~松屋前~二天門~馬道交差点」の区間に交通規制がかかり、車両通行禁止になります。

浅草・三社祭・交通規制

引用先:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

通常、3日目にあたる日曜日に以下の通りで交通規制が敷かれ、一般の車両は通れなくなります。

1日目、2日目も大行列や神輿が通るので、浅草一帯の通行は難しくなります。

以上のことから、ぜひ、公共交通機関を利用して出かけましょう!

・雷門通り(雷門前の東西に伸びる大通り)  9時30分~19時
・並木通り(雷門通りを挟んで雷門の南側)  9時30分~19時
・馬道通り(浅草寺東側の南北に伸びる大通り)11時~19時
・二天門前通り(二天門から隅田川に向かう道)11時~19時

特に例年、三社祭期間中の日曜日、馬道通りでは「お祭り広場」が催されます。お祭り広場では神輿が巡幸し、さらにその神輿を観るための観光客で溢れかえり、完全な歩行者天国が形成されますので、車両は一切通行できなくなります。

⬆️お祭り広場の様子

※交通規制に関しては変更になる可能性がありますので、必ず事前に関係機関へお問い合わせしてください。

三社祭の影響による「路線バスのバス停場所変更やルート変更案内」

以下では「都バス」と「めぐりんバス」「スカイツリーシャトル」に分けてそれぞれの三社祭の影響による運行状況をご紹介しておきます。

都バス

三社祭は一般車両も規制されますが、その影響で道が封鎖されますので、公共交通機関の核の1つでもある「都バス」も通行できなくなる区間が生じてきます。

 

規制時間:期間中の土曜日と日曜日(日曜日がメイン)

【都08】(日暮里駅~錦糸町駅)

2019年度より神輿宮入り時の言問通りの交通規制により、「奥浅草~二天門」を迂回することが決定しています。

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:本所吾妻橋〜浅草寿町(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時30分頃〜19時30分頃

休止バス停(上野松坂屋前):二天門、東武浅草駅前

上り方向:錦糸町方向は「臨時東武浅草駅前」停留所に停車。
下り方向:日暮里方向は「臨時東武浅草駅前」停留所に停車。

上23】(上野松坂屋/平井駅

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:本所吾妻橋〜浅草寿町(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時30分頃〜19時30分頃

休止バス停(上野松坂屋前):墨田区役所、浅草雷門、浅草1丁目
休止バス停(平井駅前):浅草寿町、浅草1丁目、浅草雷門

上り方向:本所吾妻橋の次は「臨時雷門」停留所に停車。
下り方向:「臨時浅草寿町の次は「本所吾妻橋」に停車。

【草39】(浅草寿町/金町駅)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:本所吾妻橋〜浅草寿町(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時30分頃〜19時30分頃

休止バス停(浅草寿町):リバーピア吾妻橋、浅草雷門、浅草1丁目、浅草寿町
休止バス停(金町駅前):リバーピア吾妻橋、浅草雷門、浅草1丁目、浅草寿町

上り方向:本所吾妻橋の次は「臨時雷門」停留所に停車。
下り方向:「臨時浅草寿町の次は「本所吾妻橋」に停車。

【草24】(浅草寿町行き)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:本所吾妻橋〜浅草寿町(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時頃〜19時30分頃

休止バス停(浅草寿町行き):リバーピア吾妻橋、浅草雷門

浅草→東大島駅前行きは「臨時浅草寿町」、「臨時浅草雷門」に停車。

【上26】(上野公園~亀戸駅)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:神輿の通過具合により西浅草3丁目付近へ迂回 
迂回時間:始発〜終車まで

【東42乙】(南千住車庫〜浅草雷門行き)

三社祭最終日(日曜日)

休止バス停(浅草寿町行き):浅草雷門(東武浅草駅前までの折り返し運行に変更される)

短縮運行時間:8時頃〜19時頃まで

【上46】(上野松坂屋/南千住駅東口経由)

三社祭中日(土曜日)

迂回区間:奥浅草〜吉原大門(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時頃〜終車まで

休止バス停(浅草寿町行き):浅草4丁目

「浅草5丁目」を草64系統の運行ルート上に臨時移設。

奥浅草(上野方面)は言問通り上に移設

【草63】(池袋駅東口行き/巣鴨駅経由)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:池袋方面については浅草1丁目発→池袋駅東口行きへ路線短縮運行(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時頃〜19時頃

休止バス停(浅草寿町行き):雷門1丁目、浅草雷門

草64(池袋駅東口行き/王子駅経由)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:東武浅草駅(江戸通り)〜池袋東口駅間に変更(路線短縮)(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:9時頃〜19時頃

休止バス停(浅草寿町行き):二天門、浅草雷門、浅草雷門南

「臨時東部浅草駅」を設置。

二天門前の交通規制解除のち、二天門には停車。

【S-1】(東京駅北口~錦糸町駅)

三社祭最終日(日曜日)

迂回区間:浅草寿町〜本所吾妻橋交差点(雷門通り交通規制のため)
迂回時間:8時頃〜19時頃まで

休止バス停(浅草寿町行き):リバーピア吾妻橋、浅草雷門、浅草1丁目

「臨時浅草雷門」停留所を設置(駒形橋、雷門1丁目バス停に臨時停車)

バスの運行状況については変更になる可能性もありますので、都バスへお問い合わせください。

  • 電話:03-3802-0391(都バス南千住自動車営業所)

めぐりん

ぐるーりめぐりん

「雷門通り〜田原町駅」の区間が運行休止。

北めぐりん

「二天門〜花川戸」の区間が運行休止。

東西めぐりん

「雷門通り〜浅草消防署」の区間が運行休止。

スカイツリーシャトル

雷門通りの交通規制により、「東京スカイツリー〜上野公園」区間の雷門通り沿いのバス停がすべて「江戸通り沿いへバス停」が移設。

規制日:日曜日
規制時間:〜終日

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ