【これ10選!】浅草・浅草寺の「お土産」人気おすすめランキング!!

スポンサードリンク

【これ10選!】浅草・浅草寺の「お土産」人気おすすめランキング!!

東京都内でも有数の観光地である浅草には、名物のおみやげがたくさんあります!

浅草観光の報告と共に、ご家族やお友達へ、何を贈りますか?

もちろん自分用も、忘れずに選んでくださいね!

第10位.「浅草 入山煎餅」のせんべい

浅草 入山煎餅」のせんべい01 浅草 入山煎餅」のせんべい02

おすすめポイント

醤油味の固焼きせんべい 1 種類のみを作り続ける、大正 3 年創業の老舗です。

お店ではまだ温かい焼きたてを味わえます。

お店の奥で職人さんがせんべいを焼く様子も見られますよ。

1 枚 130 円で、お土産用には袋入りや缶入りもあります。

薄めの醤油味でお米の風味が生きたせんべいは、何枚でも食べたくなります。

湿気やすいので、お土産なら自宅用にするのがいいかもしれません。

電話などを含めた通販の注文は一切、取り扱っていないところも、入山煎餅ならではのコダワリと言えます。

「浅草 入山煎餅」のせんべい のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草 入山煎餅」のせんべい

  • 住所:東京都台東区浅草 1-13-4
  • 電話番号:03-3844-1376
  • 営業時間:10 時~18 時
  • 定休日:木曜日
  • URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13037722/ (食べログ)

第9位.「浅草 御菓子司 亀十」のどらやき

御菓子司 亀十」のどらやき

おすすめポイント

開店前から並ぶこともある、有名な老舗和菓子店です。

ふんわりとした皮が特徴のどらやきは、黒あん(小倉あん)と白あん(いんげん豆あん)があり、それぞれ325 円です。

1 個からでも、贈答用にまとまった数でも購入できますよ。

お日持ちは 3 日間ほどです。

「松風」「もなか」「きんつば」なども人気商品です。

「浅草 御菓子司 亀十」のどらやきのお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草 御菓子司 亀十」のどらやき 01

  • 住所:東京都台東区雷門 2-18-11
  • 電話番号:03-3841-2210
  • 営業時間:10 時~20 時 30 分
  • 定休日:不定休
  • URL:http://www.asakusa-noren.ne.jp/kamejyu/sp.html

第8位.「(株)常盤堂雷おこし本舗」の雷おこし

(株)常盤堂雷おこし本舗」の雷おこし 01

おすすめポイント

250 年以上の歴史を持つ雷おこしのお店です。看板商品の雷おこしは、絶妙な硬さと食感が癖になります。

袋入りは 270 円からあります。

一方、伝統の製法を守りながらも新しい味や食感を追求した、ニュースタイルのおこしも魅力的です。

アーモンドやピーナッツ風味のやわらかい洋風おこし「チュララ」(400 円~)や、栗、小豆などの味が楽しめる「生おこし」(700 円~)がオススメですよ。

現地では、実演コーナーもお見逃しなく!

(株)常盤堂雷おこし本舗の雷おこしのお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

常盤堂雷おこし本舗011

  • 住所:東京都台東区浅草 1-3-2
  • 電話番号:03-3841-5656
  • 営業時間:9 時~20 時 30 分
  • 定休日:なし
  • URL:http://tokiwado.tokyo/

第7位.「浅草きびだんご あづま」のきびだんご

浅草きびだんご あづま01

おすすめポイント

仲見世通りの雷門近くにある店舗では出来立て(5 本 300 円)を味わえますが、お持ち帰り用(10 本 525 円)も販売されています。

お店の味が自宅で再現できるのは嬉しいですよね。

お湯で温めて、きな粉をたっぷりまぶしていただきます。

お団子は小ぶりで優しい甘さなので、何本でも食べたくなりますよ!

柔らかく、お子さんでも食べやすいですが、串には気を付けましょうね。

「浅草・ あづまのきびだんご」のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草きびだんご あづま

  • 住所:東京都台東区浅草 1-18-1
  • 電話番号:03-3843-0190
  • 営業時間:9 時~19 時
  • 定休日:なし
  • URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/shop-1/azuma/index.html

第6位.「小桜 浅草本店」のかりんとう

小桜 浅草本店」のかりんとう01

おすすめポイント

デパ地下やオンラインストアでも購入できる、老舗料亭のかりんとう専門店です。

桜柄のシックな包み紙できちんと包装されたかりんとうは、目上の方や年配の方への手土産にもぴったりですよ。

メープル、黒糖、塩、しょうがなど様々な味と色があり、どれもくどくない、上品なお味です。

1 種類(小袋)は 400 円、2 種類の詰め合わせは 750円ほどで、常温で約 2 か月もちます。

小桜 浅草本店のかりんとう のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

小桜 浅草本店」のかりんとう

  • 住所:東京都台東区浅草 4-14-10
  • 電話番号:03-5603-5390
  • 営業時間:10 時~17 時 30 分
  • 定休日:日曜日
  • URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13009553/ (食べログ)

スポンサードリンク -Sponsored Link-






 .「浅草 仲見世杵屋」の揚げおかき

浅草 仲見世杵屋」の揚げおかき

おすすめポイント

お米、水、油にこだわった揚げおかき(300 円~)が一押しです。

さくさくとした軽い食感で、素材が生きたシンプルな味は、癖になるおいしさです。

お店では揚げたても味わえますよ。

他にも、個性的なおせんべいや人形焼き、雷おこしも数多く並んでいます。

楽しんで選んでくださいね!

「浅草 仲見世杵屋」の揚げおかきのお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草 仲見世杵屋

  • 住所:東京都台東区浅草 1-30-1
  • 電話番号:03-3844-4550
  • 営業時間:平日 9 時~18 時 30 分 土日 8 時~19 時 30 分
  • 定休日:なし
  • URL:http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=46

 .「梅園 浅草本店」のあんみつ

梅園 浅草本店」のあんみつ 01

おすすめポイント

幕末の 1854 年から続く老舗甘味処です。

本店では名物のあわぜんざいなどをお店でいただくこともできますが、お土産として人気なのは、ほどよい甘さと寒天の食感が絶妙なあんみつ(480 円)です。

小倉白玉(500 円)や、豆かん(480 円)もありますよ。

店舗は浅草本店の他、松屋浅草にもあります。

「梅園  浅草本店」のあんみつ のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

「梅園 浅草本店」のあんみつ

  • 住所:東京都台東区浅草 1-31-12
  • 電話番号:03-3841-7580
  • 営業時間:10 時~20 時
  • 定休日:水曜日・月 2 回不定休
  • URL:http://www.asakusa-umezono.co.jp/

 .「浅草・浅草九重」の揚げまんじゅう

浅草・浅草九重」の揚げまんじゅう02 浅草・浅草九重」の揚げまんじゅう013

おすすめポイント

仲見世通りの名物、九重の揚げまんじゅうは、やはり揚げたてでサクサクの衣とアツアツのあんを一緒にいただくのが一番ですが、持って帰ってオーブンなどで温め直しても美味しく食べられます。

まんじゅうと言えば「小倉あん」と思いがちですが、こちらは抹茶あん、かぼちゃあん、カスタードなど、定番のあんこ以外の種類も豊富なので、いくつか買って帰れば家族で楽しめます。

お値段は 1 個 120 円~200 円です。

「梅園 浅草本店」のあんみつ のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草・浅草九重011

  • 住所:東京都台東区浅草 2-3-1
  • 電話番号:03-3841-9386 営業時間:9 時~19 時
  • 定休日:なし
  • URL:ー

 .「浅草・木村家本店」の人形焼

浅草・木村家本店」の人形焼

おすすめポイント

明治元年創業の、人形焼の老舗です。はちみつを練りこんだしっかりした甘さの生地に、あんこがよく合います。

あん無しの人形焼もありますよ。

常温で 1 週間もちます。

現地では焼きたてをいただき、気に入ったら、お土産用に袋入りや箱入りのものを購入してみましょう。

袋入り 8 個 500 円、箱入り 10 個 800 円などがあります。

「浅草・木村家本店」の人形焼のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

浅草・木村家本店」の人形焼011

  • 住所:東京都台東区浅草 2-3-1
  • 電話番号:03-3841-7055
  • 営業時間:9 時~19 時
  • 定休日:火曜日
  • URL:http://www.kimura-ya.co.jp/

 .「株式会社 舟和本店」の芋ようかん

株式会社 舟和本店」の芋ようかん01

おすすめポイント

1902 年の創業と共に舟和の看板商品となった芋ようかん(5 本詰 648円)は、今でも浅草土産の定番です。

持ち帰ってそのままでも、オーブンやフライパンで焼いても、美味しいですよ。

同じく創業以来の商品「あんこ玉」との詰め合わせ(907 円~)もおすすめです。

本店、仲見世通りの 3 店舗の他、雷門通りや松屋浅草にも店舗があり、商品のラインナップは一部違うこともあります。

本店の 2 階と 3 階は喫茶店になっているので、時間があれば現地で味わってみたいですね。

「株式会社 舟和本店」の芋ようかんのお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・定休日・URL)

株式会社 舟和本店」の芋ようかん01

  • 住所:東京都台東区浅草 1-22-10
  • 電話番号:03-3842-2781
  • 営業時間:ー
  • 平日 10 時~19 時 土曜日 9 時 30 分~20 時 日祝日 9 時 30 分~19 時 30 分
  • 定休日:なし
  • URL:http://funawa.jp/

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ